edit

幽かな彼女 #04

『教師は意味ある職業か?』
edit

翠星のガルガンティア #04

『追憶の笛』
edit

ガリレオ #03

『心聴る(きこえる)』
edit

裸族の頭IDE

「裸族のお立ち台」と同じセンチュリーの「裸族の頭IDE」を購入してきました。

3.5インチだけじゃなく2.5インチのHDDでも使えますが、
まぁ使うことはないだろうなぁ^^;

というわけで、HDDをもう一台で読み込もう、と思ったのですが、
取りだし方がわからんかったw
説明書に書いてんだろ、と思ってたのですが、書いてなかった。
四苦八苦しながら、こうでもない、ああでもない、としてたら、
以外と簡単に取り出せた^^;
引っ張るだけだったというね。
光学ドライブの下だから、それを取り外さないといけないもんだと思ってたんですけどね。
そのままで出来た。

で、HDDを引き出したら次はIDEケーブルが固くて外れない。
何かロックでもあんのか?と調べてみたけど、そういうのはなく頑張るしかない、とのこと。
ケーブルが破損しても構わんし、思い切って力を入れたら外れてくれました。

そんなこんなで、無事HDDを取り出せました。
まぁ、いい経験になったと思う。

後はHDDが生きてることを願って接続。

結果は認識してくれました。
安心したぁ^^;

バックアップはもうちょっと時間があるときにしたいと思います。

しかし、HDDの動作音うるせぇなw
SATAのHDDを剥き出しで使ってるけど、静かなんになぁ。
中の構造が結構違うんかね?

そんなこんなで、使った「裸族の頭IDE」は何の問題もありませんでした。


edit

パソコンが。。。

パソコン逝ったぁ。
素で泣きそうなんですけどぉ。

騙し騙し使い続けてきましたが、とうとうパソコンが壊れてしまいました。
NECのVC500/2Dという古いパソコンです。
2002年からたぶんほぼ11年だと思います。
この時期位に買ったはず。

逝くならHDDだと思ってたのですが、ディスプレイがダメになりました。
バックライトかなぁ?
という感じです。

今までの当然のブラックアウトは何が原因だったんだろうかなぁ。

いつもの如く作業をしてると突然のブラックアウト。
ただ、いつもと違ったのは画面が波打って消えていったことですね。

その後、起動してもディスプレイは真っ暗なまま。
何度か強制終了を繰り返してディスプレイがダメになったと判断しました。
バックライトかなぁ?というのは、ディスプレイのスピーカーから起動音が鳴るんですよね。
だから、どうにかなるんじゃないかと思ったんですが、どうにもならんかった。
他の理由かもしれないですけどねぇ。

とりあえず、HDDは無事だと思うのでIDEをUSBに変換するものを買ってきたいと思います。
救えるデータは救いたい。
救えればいいけども、どうなるだろうかなぁ。

いまだにIDEというのもすごいよねw
しかも容量が80GBという少なさ。
生きててもその後の使い道がないのでどうしたもんか、という感じですけどね。

ここ最近してた調べものの罰に当たったんかなぁ。
XPのサポートが残りわずかになったから、なんとなしにパソコンの値段を見に行ったり。
スマートフォンでブログの記事を書きやすくするために、ワイヤレスのミニキーボードを見に行ったり。

いやぁ、マジでショックがでかい。

不幸中の幸いは今日は感想書くものがないことだなぁ。
パソコンはもう一台あるけど、感想書く時間帯は使えんしねぇ。
深夜のアニメなんてもっと無理だわなぁ。

というわけで、ミニキーボードもたぶん買うと思います。
どれがいいんだろうなぁ。
こっちはちと悩むので遅くなるだろうなぁ。

ちなみに新しいパソコンはしばらく買えそうになしです。
余裕がない。

はぁ。。。
edit

なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど(著)

なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど(著)メディアワークス文庫、4月の新刊2冊目。

謎の白うさぎと出会った青年。
そのうさぎは喋り、
「縁」を結んだり切ったり出来る
と言った。
そして、青年にも「縁」を見る力があるのだそうな。
そんな二人は様々な「縁」のトラブルに巻き込まれていく。

さてはて、野崎まどさんの作品は初めてですが、
どんな感じだろうなぁ。
興味はあったんで楽しめるといいねぇ。


edit

アイアンマン

アメコミの映画を見ると毎度言ってる気がしないでもないですが、
思ってたよりも楽しめた。

始まりの部分がよかったなぁ、と。
きっかけは自身が見たことだったんですね。
胸のは心臓を守るためのものだったのなぁ。
あれも即興で作ってしまうからすごいね。

インセンっていう人はやっぱりかぁ、って感じの展開に。
一緒に逃げてほしかった。

そんな二人で完成させた試作機。
あの状況であのクオリティってすごいな^^;
他の自社の兵器を使って作り直してたわけでしょ。
天才って恐ろしいな。

その後、改良を重ねて赤と金のボディとなるけど、
金は材質のカラーだったのね。
そこに赤を加えたカラーリング。
金だけよりも派手な気がしてならんかったけどw

まぁ、そりゃそうだわな、という感じでパートナーだった人に裏切られていた。

で、ラストはどういうこと?
ヨットやなんやってのはトニーに嘘ついたってことでいいのよね?
そのまま会見で原稿を読ませて、そこでどうなるかを初めて知った、と?
その結果がカミングアウト。
それが一番手っ取り早いのはわかるけど、
別にわざわざ嘘つかんでもよかったんじゃ?w

「2」はせんのかな?
前に1回してた気がするけど、まぁ見てないよね^^;
edit

WJ 22・23合併号

今週号のジャンプ

以下ネタバレあり
edit

リーガル・ハイ スペシャル

オチが最高だなぁ。

というわけで、ようやく見れました^^;
途中まではリアルタイムで見れたんですが、
余裕がなくて諦めたんですよね。
ちゃんと見直してよかった。
じっくり見れたから楽しかったねぇ。

学校で生徒が屋上から転落。
そこにはいじめが?

古美門の敵となったのは三木のところの新人弁護士、
というにはベテランとしか思えない見た目の勅使河原弁護士だった。
そして、裁判長の別所も敵となる。

勅使河原さんだけだったらきっと学校側に有利なところで終わってたんだろうなぁ。
服部さんとのやり取りがまた何かいいですね^^;

そんなこんなで服部さんや蘭丸によって仕込まれていた流れで勝利。

あの蘭丸から手紙を回されてた子。
あの子はアホすぎだろw
疑えやw

で、大金を手にした親子。
完全に豪遊する気満々な母親。
この人の思惑通りだったんじゃなかろうか?
息子の方は自分で言ったかも、とかさらっと言うしねぇ。

これは古美門先生が勝ってよかったのだろうか?^^;

ていうか、黛先生のカジノの才能恐ろしいなw
マジで進む方向間違えただろ^^;

話の流れが本当に見事ですね。

連ドラの方では個人的には若干ムラがあったんですが、
スペシャルの方がよかったなぁ。
というわけで、このままの勢いで次の連ドラも楽しみですね。
edit

TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ #02

『愛の値段~5人目は誰?逮捕!?』
edit

オコノギくんは人魚ですので 2/柴村仁(著) 読了

オコノギくんは人魚ですので 2/柴村仁(著)謎が謎を呼ぶ。
一体どうなるの?w
さらに謎が増えましたが、明かされた部分も。
それからオコノギくん以外の人魚も登場。

この街に隠されていることとは一体なんなのか。
2巻も楽しかった。
3巻も待ち遠しいねぇ。

関連記事
オコノギくんは人魚ですので 1/柴村仁(著)
オコノギくんは人魚ですので 1/柴村仁(著) 読了
オコノギくんは人魚ですので 2/柴村仁(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

革命機ヴァルヴレイヴ #03

『エルエルフの予言』
edit

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #04

『喪失』
edit

オコノギくんは人魚ですので 2/柴村仁(著)

オコノギくんは人魚ですので 2/柴村仁(著)メディアワークス文庫、4月の新刊1冊目。

というわけで、待ってましたの2巻です。
1巻での展開が予想外で、それがまたよかったわけですが。
2巻ではナツの周りで一体何が起こるんでしょうかね。
1巻での謎は少し明かされたりするのかな?
気になることが色々あるので、少しだけでもわかるといいなぁ。
謎以外の日常も楽しみだねぇ。

関連記事
オコノギくんは人魚ですので 1/柴村仁(著)
オコノギくんは人魚ですので 1/柴村仁(著) 読了



edit

RDG レッドデータガール #04

『はじめてのルームメイト』

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.