edit

美容院

ほぼ2ヶ月ぶりに美容院行ってきました。
いつもですが、緊張してました(/ω\)ハズカシーィ
なんですが、眠たかったw
髪切ってもらってる間の話はバイク関係でした。
いっつも切ってもらってる人も僕が行ってる教習所と一緒だったので、教習所での話とか、すごい古いバイクがほしいとか。
そのバイク、60万位だそうです…orz
高いよぉo(T□T)o
僕には到底買えませんo(T□T)o

ということで(どいうことで?w)、ばっさり切ってきましたぁ。

【エンジン 第7回『ホーム解散!』】は明日書きます。
教習所行くんで書けるか微妙ですが、書くようにします。
edit

ジャンプ

さぁ、今日もジャンプ読んできましたぁw
『たまには、買えよな』とかつっこまないで下さいね^-^
『HUNTER×HUNTER』ありましたぁ。よかった。よかった。
来週は作者の取材でないらしいですが…orz

最近始まった『カイン』はお気に入りです^-^
『ONE PIECE』の今後の展開がかなり気になってます。

来週も楽しみだなぁ。立ち読みw
edit

ぶらり一人旅

今日は何も用事もないのに家を出ましたw
久々でしたなぁ^-^
そのせいか、今日は何か眠たく眠たくてしょうがないです^-^;
今日はゆっくり寝るとしよう。
明日はジャンプの立ち読みday発売日だからね^-^
edit

タイガー&ドラゴン 第7回『猫の皿』

ドラゴン!ドラゴン!せいしょなご~ん!

今回は『猫の皿』ということで、本来の落語を覚えてる限りで書かせてもらいます..._〆(゚▽゚*)

東京がまだ江戸と申されている頃、道具屋がおりまして、掘り出し物を安く買っては高く売っていました。
ある日、ふと寄った店に猫が3匹おりました。その猫がとても高価な茶碗でご飯を食べていることに気づきました。
猫にこんな高価な茶碗でご飯をあげてるくらいだから、店の主人は気づいてないんじゃないかなぁと思い。
猫を三両で買おうとしました。
そして、『猫は茶碗が変わると食べなくなるから、この茶碗ももらっていくよ。』というと、『いえいえ。こちらの(普通の)茶碗でも喜んで食べますよ。』と言い、茶碗を交換しました。
そして、店の主人は『この茶碗はえこうらいの梅鉢と言ってとても高価なものなんですよ。』と言いました。
それを聞いた男は『何でそんな高価なものを猫の茶碗なんかにしてるんだ。』と言いました。
すると、主人が言いました。
『この茶碗で猫に餌をあげると、たまに猫が三両で売れるんです。』

今回は短い落語でしたんで、本来の方はわかりやすかったんですけど、小虎の方がわかりにくかったo(T□T)o

と言うことで、小虎バージョンはこんな感じです..._〆(゚▽゚*)

竜二がずっとほしがっていた68万のジーンズが何と5000円で売られていたんです。
このジーンズが手に入って裏原ドラゴンをプリントして価値が下がらないくらいの男になったら服屋やめてもいいと竜二は言っていました。
そこで、メグミが竜二にメールをすると虎児に電話がかかってきて5000円とタクシー乗るからタクシー代も貸してくれと言いました。
( ̄□ ̄;)!!
5000円位持っとこうよwそんなこたぁどうでもいい。
竜二と虎児が電話して眼を放している間に誰かに買われてしまいました。
で、竜二が着いたので店の主人にどんな人が買ったのかと聞くと、40代位の方でお茶か何かをこぼしたのでとりあえず買ったと言っていたと聞いて、虎児はピ~ンときました。
実は、この店に来る前に虎児と銀次郎が柳亭小しん師匠という40代位の人と話をしていて、虎児がお茶をズボンにかけてしまっていたのです。

ここで、柳亭小しんとは誰かっていうのと、何でこの人と虎児と銀次郎が話していたのかと言うと、まず、小しん師匠は落語芸能協会の会長で、虎児と銀次郎が話していた理由は『素人スカウトキャラバン(だったと思います)』の審査委員長をするというので、虎児と銀次郎が組んで漫才するから出させてくれと言いに言ったのです。
当然、林家亭にいる虎児はプロなので断られてしまいました。
それに怒ってズボンにお茶をかけてしまったんですね。

で、話を元に戻しますと、それに気づいた虎児が小しん師匠の所に行きました。
で、若者をスカウトしたいので、このジーンズを景品にしたら集まりますよ。みたいなことを言って景品にしました。
3位の品物ですけどね^-^;
虎児は本当は1位の景品にしたかったのですが、しょうがないので3位でガマンしました。

ジーンズが景品になったことを竜二に伝えに行きました。

とまぁ、何で虎児が必死になっているのかというと、虎児がこのジーンズを手に入れると服屋をやめてもいいと言っていて、そしたら落語をやるんじゃないかなと思ったからです。
虎児は竜二の落語を聞いてみたくてしょうがないんですね。

で、話また戻します。

虎児とメグミが出るように仕向けて、竜二は出ることを決意しました。
実はこのスカウトキャラバンは芸能プロダクションの名前を出していないので、落語のそうそうたる面々が審査委員ということを知りませんでした。

舞台でやることを、兄のどん太に教えてもらっていたのですが、舞台に上がって審査委員の人たちを見てみると、緊張しないわけがないんですね。
そして、当然虎児にも苛立ちましたが、どん太に教えてもらった演目から落語に変えて、『猫の皿』を話し始めました。

そして、林家亭だけスカウトの札をを上げ、他の人たちは黙ったままでした。
しかし、少しして大きな拍手が起こりました。
そして、竜二は優勝しました。

で、問題の3位は誰かというと辰夫でした。
何をしたのかと言うとパペットマペットのパクリですね。
まぁ、何が違ったんだ?っていうのは、人形が違いましたねぇ。
人形がへび?とドラゴン?みたいなのかなぁ?
というか、そもそも人形じゃないしなぁw
便座カバーってすげぇなぁw
まじでうけたしw

で、銀次郎も出たんですが、こちらもパペットマペットのパクリでしたが、こちらはさっぱりだったみたいです^-^;

で、いつものように授業料を虎児がどん兵衛師匠に払い、師匠が虎児に借金を返す場面に、今回は竜二が登場。
そして、竜二が師匠に聞きました。『あのジーンズをほしがってたこと知ってただろ?』
すると、『知らないよ』と言いました。
『じゃあ、何であのジーンズが景品になってたんだよ』と言うと、
『あれを景品にすると、ときどき面白い素人がタダで手に入るんです。』

えぇ。今回はこんな感じでした。
来週も楽しみだなぁ。



キャスト

☆山崎虎児(林家亭小虎)…長瀬智也
☆谷中竜二(林家亭小竜)…岡田准一
☆メグミ…伊東美咲

<林家亭一門と谷中家>
☆林屋亭どん兵衛(谷中正吉)…西田敏行
☆林屋亭どん太(谷中竜平)…阿部サダヲ
☆林屋亭どん吉…春風亭昇太
☆林屋亭どんつく…星野源
☆林屋亭どんぶり…深水元基
☆林屋亭うどん…浅利陽介

☆谷中小百合…銀粉蝶 ☆谷中鶴子…猫背椿
☆谷中沙耶…江本花琳

<新宿流星会>
☆銀次郎…塚本高史  ☆組長…笑福亭鶴瓶
☆日向…宅間孝行

<その他w>
☆リサ…蒼井優    ☆チビT…桐谷健太
☆辰夫…尾美としのり ☆半蔵…半海一晃
☆『よしこ』のママ…松本じゅん
edit

1時間行くのって…

今日も教習所行ってきましたぁ。
1時間だけ学科受けてきたんですが、行き帰りの方がしんどいですw
今日の学科の先生っていうんかのぉ。何でもいいや。教えてくれる人wが異様にしゃべりまくってうるさかったo(T□T)o
黙ってくれって思ったwそんな中寝かけてましたがw
明日も1時間だけしかも朝一で行ってきますo(T□T)o
アキタ━━━(#゚Д゚)━━━!!!!
edit

(゚Д゚ )ハァ?

今日は教習所行ってきましたよぉ。
3時間連続しんどo(T□T)o
応急処置ってかなり疲れることに気づいたw
ていうか、体力の衰えですか?そんなこたぁないw
ていうか、腹減ってお腹かなり鳴ってたしw

まぁ、帰りに服を買って帰ってきました。写真録るのめんどいんで今回は写真なしでw

帰りは昼ご飯が楽しみでしょうがなかったんですねぇ。
昨日の夜も食べたんですが、ドリアだったからです。
まぁ、昨日の残りで作ったものですけどね。

で、帰ってきたわけですよ。
家の鍵開いてたから親父帰ってるなぁ、と思って嫌な感じしたわけですな。
んで、台所行ってみると朝置いてあったドリア消えとるわけですよ。兄貴のと僕の分の2つがね。兄貴は当然食べはるわなぁ。自分のじゃし。でまぁ、(゚Д゚ )ハァ?と思ったわけですな。
親父くっとるんよ。俺の分。
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
昼飯食いませんよ(怒
てか、昼飯ないし(怒怒怒
edit

頭が…

一週間ぶりぐらいに教習所行ってきました。1時間学科受けてきただけなんですが、頭がついていかないw
というか、字を書くのが遅くてしょうがないw
何かしらんが変に疲れたw

明日は応急救護ということで3時間連続の学科です。
今日の調子だとどうなることやらw
edit

エンジン 第6回『17歳の花嫁』

今回は春海の話でした。
大体の順番で話を始めていきますねぇ。

冒頭部分で再び自己中おばちゃん出てましたねぇ。
もう出なくていいのにw

次郎にテストドライバーとしての契約をしないかという誘いをたまきが持ってきました。
契約金は2000万。
しかし、次郎はテストドライバーとして走りたいんじゃなく、レースで走りたいんだと言って断ったのですが、契約書をたまきが帰りのバスに置いていきました。
断ったのですが、次郎は少し悩みました。

で、春海はと言うと、大学3年の彼氏とし君と結婚すると突然言い出したのでホームのみんなはビックリしてしまいました。みんなが反対する中、次郎だけがそれを祝福しました。
そして、高校も中退すると言い、とりあえず母親ととし君をホームに呼んで話そうということになりました。

が、母親も来てホームの先生も集まったと言うのにとし君は来ませんでした。電話をしても通じない。
たままま、次郎がテストドライバーの面接?に行くところで、バスを出すところだったので乗せてもらいとし君のバイト先に連れて行ってもらいました。

バイト先についたがとし君はいない。次郎がバスを出そうとしましたが、無理矢理止めました。
そんなことをしてると、とし君がバイト先にやってきました。
そこで、いろいろ話をしました。
結婚しようと言ったのに『重い』だとか、『無理』と言いました。
結婚という言葉を軽い気持ちで言ったのに、『重い』とか、『無理』と言って逃げるのは最低のすることだと思う。
実際にとし君は原付に乗って逃げました。
逃げる直前にとし君が『将来ある身なんで』と言い放ちました。
次郎はこの言葉にカチンときて、バスで追っかけました。
細い道に入られて逃げられてしまいました。

その後は教会に行き、春海が夢を話し出しました。
ずっと、ずっと一緒にいて仲のいい家庭を作りたいんだそうです。母親は何回も結婚するけど1年位しかもたないと言っていると、母親が教会に来ました。
何か話をしたけど、はっきり覚えていないので省きます。
春海は母親が去った後、次郎に『泣かないよ』と言いました。
次郎は『とら君を好きになれただけでもよかったじゃない(みたいなこと言ってました)』と言いました。
それを聞いた春海は涙がこぼれてしまいました。
そして、泣きながら『とし君だよ』と言いました。

そして、ホームにみんな戻りました。
大輔以外は

次郎は春海の夢の話を聞いて、テストドライバーになることをやめて、メカニックとして頑張り、いつかレースに出ることを決めました。

そして、ホームにいなかった大輔はというと春海をふったとし君のところに行っていました。
とし君には違う女がいたみたいですねぇ。
それはおいといて、大輔がとし君に春海とやり直してほしいみたいなことを言ったのですが、とし君はうざいみたいなことを言って、その場を立ち去りました。
それにカチンときた大輔はとし君に殴りかかりました。

当然、警察沙汰になってしまったんですが、この続きは次週になります。ということで、次週は大輔の話です。



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

うおぉぉorz

ヒマすぎて、ヒマすぎて、大声で叫びたいorz
edit

はぁorz

最近のLvの低い連中はいいものを求めすぎだと思う。
これぐらいあれば十分なものなのにそれ以上を必ず求めてくる。
間違ってるって。
同じくらいのLv同士で狩りをしてなんぼやのに、高め高めを求めるのはおかしい。
そんなに高い人と組みたいんだったら、Lv高い狩場に行って狩ってくれ。
後、Lv低い人、口が悪すぎ。丁寧な話し方をしろよなぁ。
イライラする。

以上、RED STONEのグチでしたw
edit

タイガー&ドラゴン 第6回『明烏』

タイガ~!タイガ~!ありがタイガ~!

昨日も楽しませてもらいましたねぇw

ということで、今回の落語は『明烏』なんですが、先週の予告のとき何て読むのかわからなかったw
そんなことはどうでもいいんですがねw

今回の話を覚えてる範囲で書かせてもらいますねぇ。
ビデオ録り忘れた為、見直せないもんでw

遊びを知らない頭の硬い男が居りまして、その男は御稲荷さんによく行っていました。
そこで、遊びを知らない頭の硬~い男に、札付の悪の男が2人、御稲荷さんに行くから着いてこないかと嘘をつきました。
頭の硬い男は、その嘘を信じて、旦那さんに御稲荷さんに行くと報告に行きました。旦那さんはその嘘に気づき喜んで?送り出しました。
御稲荷さんと言われたとこについてみると、そこは女の方と夜を過ごす場所?でして、頭の硬い男は帰ろうとしました。
そこで、もう一つ嘘を札付の悪の男の一人がつきました。
この場所に入る前に大門があったのですが、そこにいた男が入って行く人を全てチェックしていて、3人で来たのに1人で帰ったら捕まってどうなるかわからねぇぞ。みたいなことをいって帰れないようにしました。
その後、女が部屋にやってきて、頭の硬い男を連れて2人っきりになり、次の日には帰るのがイヤという感じになっていました。
札付の2人の男が帰るのをせかすと、頭の硬い男が『僕がいないと帰れないよ。大門の男に捕まってしまうよ。(みたいなことを言ってました)』

で、まぁ、僕が書いたら落ちとか関係なしにおもんねぇw
てか、話わかんねぇw
まぁいいやw

で、小虎バージョンは、頭の硬い男が兄弟子のどん吉で、地方の営業ということで、竜平と竜平のW竜が嘘をついてどん吉を合コンに連れ出しました。
その合コンに虎児も参加するはずだったんですが、銀次郎に任せたヤクザの方の仕事をとちりまして、その為行けなくなってしまいました。
でまぁ、合コン会場となるホテルについた一行はメグミとその友達と合コンをするのですが、一人女性メンバーが来れなくなったということなので、たまたま通りかかった白石克子を合コンに誘いました。
そこで、嘘と気づいたどん吉なんですが、とりあえずホテルまで行きました。しかし、女性の笑いに対するレベルの低さに怒り帰ると言い出しました。
帰してはいけないので、竜二が一人で帰るとどん兵衛に怒られ、さらには波紋にされ除名されると嘘をつきました。
でまぁ、何かいろいろあったんですが、2人っきりになってから、どん吉と白石克子が仲良くなりましたんですが、まぁ、いろいろあるわけですね。
白石克子なんですが、虎児と銀次郎が追っている借金を返さずに逃げた女だったんですねぇ。
白石克子はブログをやっていまして、銀次郎が更新されていることに気づき、たまたま虎児も行く予定のとこだったので場所を知っていた為、大急ぎで向かいました。
まぁ、どん吉と白石克子は仲が良くなりすぎまして、虎児が着くころには一緒に寝てまして、借金を払えと言うと、どん吉が代わりに払うといいました。
で、とんとん拍子に話が進み、どん吉は親に白石克子を紹介すしようとするまでになりました。
まぁ、こんな感じでした。

頭のかてぇどんきっちゃんに彼女というか奥さんというか、まぁ、そんな人が出来てよかったですねぇ。
edit

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

今日は教習所行くつもりだったのですが、気が進まなかったので昨日キャンセルしましたw
で、ヒマだったのでTSUTAYAに行ってきて、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の『スペシャル・エクステンデッド・エディション』を借りてきました。
未公開が50分かぁ。ということは全体で何分になるんだろう???
2・5・0分
250分?
えっとぉ。時間にすると何時間だ???
・・・
あっ。4時間と10分かぁ^-^
・・・・・・・
4時間?w
なげぇなぁw

というわけで、1時半頃から見始めてさっき終わりましたw
長かったけど、やっぱいいですなぁ。
ロード・オブ・ザ・リングは^-^
飽きないし、未公開の部分てけっこう大事なとこもあるからいいんですよねぇ。

初回限定の『スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOXセット』ほしかったなぁTT
3万って高すぎだからTT

もう一回初めから見直そうかなぁw一日でw
たぶん半日かかるだろうなぁw
ロード・オブ・ザ・リング
edit

しんどorz

今日は学科、学科、実技(シュミレータ)を午前中に3時間連続で受けるつもりだったんですけど、昨日の雨のせいで、日程狂ってしまったので、実技を一回無理矢理突っ込んで、学科、実技(実車)、実技(シュミレータ)という、かなりしんどい3時間連続をしてきましたorz
昨日、雨さえ降らなければ、学科も一つ今日の消えた学科も合わせて2つ多く受けれたのにTT
雨のバッキャロォ~(`д´)
edit

エンジン 第5回『僕と君の秘密』その2

昨日の記事でも書いたんですが、今回は徹と葵の兄妹の話がメインでした。

次郎はメカニックとしての仕事が始まり、その為バスの時間を早めないといけないくなりました。朝ごはんを食べ、バスに向かおうとしたときに元にぃとすれ違い、仕事はと聞かれ、次郎はすぐに答えることが出来ませんでした。レーサーと言っていたので、メカニックとは言えなかったのでしょう。ですが、ちびっ子3人衆の一人がレーサーと言ってしまいました。違うと言えなかった次郎は嘘を通そうとしました。
バスに取る為、ホームの階段を下りてるときは、当然レースの話が出てきました。次郎はごまかそうとしました。
次郎が『そのうちな』というと、周平は『大人の【そのうち】は実行されませんよ(こんな感じだったと思います)』と言いました。
あんた何歳さぁ?w
で、まぁメカニックとしての仕事が始まったのですが、比呂人は嫌味をよく言いますなぁw
メカニックとして、キャリアを積んだ人にしかマシンを触ってほしくない。
腕時計が傷つくから外したほうがいいですよ。次郎が言い返すと、マシンも傷つくのでと言った。
次郎は当然イライラしてますねぇw

で、徹と葵の兄妹の話なんですが、この二人の親は事故でなくなったということになっているのですが、父が母を殺し、父は刑務所にいるのです。
葵はこの事を知らずに育ったので、帰り道で徹の同級生に葵がいるのに、そのことを言われかけケンカになりました。
そのことで、親がホームに押しかけてきたり、食事中に徹が嘘をついていたと責められたりしました。
そのころ次郎は、比呂人のクルマが調子がおかしいのでそれを調べていました。食事も終わって、葵が部屋に押しかけ、しりとりをし始めました。途中で徹も参加しました。次郎はうっとうしいので、無理矢理終わらせて、部屋から出しました。
ですが、徹が戻ってきて何か言おうとしたのですが、次郎が言わせませんでした。が、徹のケンカして壊れたメガネを見て、マシンのヒントをもらいました。
さっそくマシンを直しに行こうとしたのですが、徹に殴られた親だけでなく、徹の同級生の親達がホームに押しかけてきたため、子供達をどこかに非難させることになってしまい、しょうがなくサーキットに連れて行くことにしました。
当然はしゃぎまわる子供達にイライラしながら修理し、クルマを見て感動した子供達にかっこつけて、話を聞かせたりしました。
が、比呂人達も修理の為にサーキットに来てしまい、次郎がレーサーでないことが、子供達にばれてしまいました。
それを責められた次郎は、『うそつきましたよ!見栄張りましたよ!』と怒鳴り、『言いたくても言えねぇことがあんだよ!家族にも言えねぇことがあんだよ!』と叫びました。(たぶんこんな感じでしたw)
そういって、後片付けをしに行きました。それを葵が追っかけていきました。そして、バスでは徹がみんなに本当のことを言おうとしました。が、言うのを遮るようにみんなが謝り、『言わなくていいよ』と言いました。
次郎を追っかけていった葵は、次郎に徹に嘘をついていると話しました。お母さんが事故で死んだんじゃなく、お父さんが生きていることを知っていたのです。
と、まぁこの後ちょっといろいろあったんですが、省いときますw

徹は葵に嘘をつき、葵は徹に嘘をついていました。どちらもいい子ですなぁTT
edit

エンジン 第5回『僕と君の秘密』その1

昨日は全部見れなかったので(寝てしまってw)ビデオ見てから、ちゃんとした記事は明日書きます。
今回は徹(有岡大貴)と葵(佐藤未来)の兄妹の話でした。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.