edit

2013年F1世界選手権第1戦 オーストラリアGP

2013年シーズンが始まりましたねぇ。
日本人がいなくなってしまったことで寂しく思いますが、
そんな中でやってくれました。

復帰2年目、ロータスのライコネンが初戦を勝利。
いやぁ、ライコネンのタイヤどうなってんのw
全然違ったもんなぁ。

ポールだったベッテルは3位フィニッシュ。
復帰したてのスーティルが長くベッテルを抑えてたのが痛かったでしょうね。
で、スーティルの復帰も嬉しいですね。
昨シーズンはシート失ってましたが、もう一度フォース・インディアのシートを獲得。
正直、何で昨シーズンにシートを失ったのかがわからんのよなぁ。
成績残してましたしね。
復帰してすぐにポイントもしっかり獲得しましたしね。
頑張ってほしいなぁ。

フェラーリは昨年は苦しんでましたが、
その中でもしっかりとポイントを獲得してベッテルと争っていたアロンソが2位に。
今シーズン楽しみですね。
マッサも調子がいいみたいですしフェラーリ良さそうですね。

メルセデスに移籍したハミルトンは5位と悪くなさそうですね。

マクラーレンがパッとしませんでしたねぇ。

来週は2戦目。
今シーズンも楽しくなりそうだ。
edit

特番色々

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日スペシャル!!
 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!

ココリコ遠藤の暴露は、あれは遠藤がアホすぎだわな。
見えてる落とし穴に自分から飛び込んだようなもんだしw
1年寝かしたら大丈夫と考えた理由が知りたいわ。
しかも、別の女性にもアプローチ。
関根さんの元マネージャーさんとどうなってんのやら^^;
でもって、相談された元嫁の千秋。
この二人の関係は謎すぎるだろw
別れても仲がいいってことなのかもしれんけど。
これ含めた暴露系が面白かったかなぁ。
深夜のダウンタウンが二人残された場面も好きでしたね。
ただ、全体的にちと物足りなかった気がする。
未公開の部分の放送を楽しみにしようかなぁ。
けど、それども笑って年を越しましたけどねw

志村&所の戦うお正月
ヘタレ対決をなくして、ペーパードライバー対決と組み合わせたのはいい変更だったと思う。
チェックポイントでのパズルも楽しかったですしね。
ただ、毎年思うけどこれ以外パッとしない感じが強いのよなぁ。
新しいことしてほしいねぇ。

さんタク
今年短くない?
気のせい?
というか、してることが少なかったですよね。
寂しかったです。
木村さんのドラマの収録と被ってたらしいけど、
もうちょっと何かしてほしかったなぁ。

ウルトラマンDASH
中村俊輔さんのフリーキックは悔しいだろうなぁ。
もう一度挑戦してほしいですね。
他のアスリートの方もすごかった。
個人的にはシンクロの技で物を運ぶというのが印象的でしたね。

志村&鶴瓶のあぶない交遊録
ボーリングは変わらずアホなことしてるなぁ、とw
今回はナイナイの矢部さんのコスプレ美女が寸劇を。
本当に何をしてんだかw
で、志村さんとか他の人のがあまり派手な感じがありませんでしたね。
岡村さんの最初のはひどいな^^;
トークの方はマツコさんだけ。
これはこれで面白かった。
edit

可夢偉、2013年のシート獲得断念

マジですかぁ。。。
って感じだったなぁ。

シート獲得を目指していたロータスがライコネンのパートナーとして発表したのは、
今年度と同じグロージャンだった。

それにともなって可夢偉のシートはなくなった。
まだ発表されてないシート自体はあるにはありますが、
当初から可夢偉が言っていた戦えるマシンという意味ではなくなった。

2013年のシート獲得は断念し、2014年で再度シート獲得を目指すということになったそうです。
募金もそれに合せて終了となりました。

募金しっかり集まってたのに、どうしてなのかと。。。

ザウバーで一緒に走っていたペレスと何でこうも差が出たんでしょうかね。
そりゃ、表彰台に乗った回数はペレスの方が多いですけど。
ポイントをしっかりと稼ぎ最後までしっかり戦い抜いたのは可夢偉でしょうよ。
ペレスのシーズン終盤は散々なものでしたしねぇ。

ロータスに残留を決めたグロージャンも荒れまくってましたしね。

やっぱりスポンサーなのかねぇ。
トヨタは海外での販売が好調なんだしもうちと支援してくれてもよかろうになぁ。
日本の景気が回復して日本企業がもっとスポンサーとして名乗り出てくれると嬉しいんですけどねぇ。

2013年シーズンの楽しみが減った。
まぁ、ライコネンにアロンソ、バトンと好きな人はそのままなので楽しみなのは楽しみなんですけどね。
やっぱり日本人ドライバーがいないのは寂しいですね。
2014年はきっとシートを獲得してくれると願います。
edit

2012年F1世界選手権第20戦 最終戦 ブラジルGP

マジで最後まで何が起こるかわからんなぁ。
スタートから最後まで興奮しっぱなしだったなぁ。
めまぐるしく変わる順位で、
ワールドチャンピオンがどうなるのか、
コンストラクターズがどうなるのか、
本当にドキドキしてましたねぇ。

セーフティーカー先導のままフィニッシュ。

バトンが勝利。
アロンソは2番手となったが、
ワールドチャンピオンはベッテルに。

1周目でベッテルはフロントを破損。
それで、この順位まで戻してきたわけですからねぇ。

母国のマッサは3番手。
前半までは本当に存在感なかったけど、後半はアロンソのサポートをしたりと、
速さを見せてましたね。
来年のマッサが楽しみですね。
ただまぁ、フェラーリのマシンだよなぁ、とは思うところですが^^;

バトンは本当に荒れたレースでは魅せますよね。
さすがだなぁ。

フェラーリは二台とも好スタートでしたねぇ。
アロンソがウェバー、マッサと2台まとめてかわした時は興奮したなぁ。
その後でアロンソはミスしてまし危なかったけども。

パーツが散らばる中でセーフティーカー。
アロンソとしてはラッキーですが、
タイヤを変えずに走ってたバトンとヒュルケンベルグがつれぇなぁ。
40秒の差が0とか^^;
再スタートでは可夢偉がベッテルをかわしてましたねぇ。
続いてアロンソにもしかけて、魅せてましたね。
その後はアロンソ、マッサと抜かれましたけど、マッサにしぶとくついていってましたね。
まぁ、マッサとしてはアロンソとの差をってのもあったでしょうけど。

ザウバーでのラストランとなった可夢偉は9番手でフィニッシュ。
シューマッハとの接触でスピンしたのが痛かったけども、
ポイント獲得したし、そこまでもしっかり魅せてくれてましたよね。
ただ、2013年のシートはまだ決まってない。
資金不足でザウバーのシートを確保出来なかったわけで、
あいてるシートは残りわずか。
出来ればフォース・インディアとロータスのどちらかのシートを取りたいでしょうね。
ロータスがいいよなぁ、と個人的には思うところ。
チームメイトになるのがライコネンなのもロータスだと嬉しいんでね。
どうなるでしょうかね。
どっちかのシートを確保してほしい。

ペレスは早々にリタイア。
本当に移籍決まってから、散々だな^^;

ライコネンはグダグダだったなぁ。
ブラジルに入ったのが遅かったんですっけ?
それで全然走り込み出来てなかったらしいし、当然な結果でしょうね、これは。
でも、完走は出来た、のかな?
確か、全戦感想が久しぶりだったはずなんですが、どうなったんだろ?

引退となったシューマッハは最後のレースでしっかりとポイントを獲得。
復帰して色々と言われていましたが、本当にお疲れ様でした、という感じかと。
やっぱりシューマッハはシューマッハだったと思います。

本当に今シーズンは最初から最後まで楽しかった。
来年はどんなシーズンになるのか楽しみですねぇ。
ベッテルの三連覇を誰が止めるのか、
それとも止まらず四連覇となるのか。
アロンソ、バトンに止めてほしいなぁ、と個人的には思うw
edit

2012年F1世界選手権第19戦 アメリカGP

初開催のサーキットでハミルトンが勝利。
ベッテル、アロンソと続き、ポイント差は13ポイントで最終戦へ持ち越し。
ブラジルは大荒れとなる予想らしいですね。
どうなるか楽しみだなぁ。

ベッテルが2番手となったことで、コンストラクターズはレッドブルが決めましたね。
ベッテルは今回記録を狙えたのもあるから、ちと残念でしたね。

そんなベッテルとハミルトンの戦いは楽しめましたねぇ。

マッサをわざと降格にしたらしいけど、フェラーリは本当にそれが上手くいきましたね。
見事だったなぁ。

ライコネンが後半にマッサ、バトンと抜かれたのが残念。
バトンは予選が上手くいってれば表彰台狙えたでしょうね。
アロンソとしてはラッキーだったでしょうけど。

可夢偉は16番手スタートで14番手フィニッシュ。
レースペースは悪くなかったのにねぇ。
奇数列スタートでスタート上手くいってたら少し結果違ってたのかな。

というわけで、今シーズンも残すところ後1戦。
来週もこの時間の放送。。。
この時間はしんどい^^;
edit

2012年F1世界選手権第18戦 アブダビGP

ライコネン、復帰後初勝利!
鈴鹿での可夢偉ほどではないですが、この人の勝利を待ってました。
いやぁ、嬉しいですねぇ。

国歌途中だったのにライコネンが高々と両手を上げたから歓声がw
で、やっぱり静かなシャンパンファイトw

それに続いたのはアロンソ。
そして、ピットスタートから3位になったベッテル。
ポイント差は少なくなったけども、これはいかんわなぁ。

ライコネンとアロンソ、バトンとベッテルの4人のチャンピオンがそれぞれ争ってた
終盤は興奮したねぇ。

ベッテルがインタビュー中にやんちゃしてましたねぇw

16番手でベッテルが下がったから15番手スタートでしたっけ、可夢偉。
前戦に続いて粘りの走りで着実に走り続けて6番手フィニッシュ。
いやぁ、全然車があってなかったらしい?し、この結果は満足なんじゃないでしょうかね。

まさかまさかのハミルトンがリタイア。
あのまま勝つと思ってたから、眠気が吹っ飛んだw
だって、後ろがライコネンでしたからねぇ。

レッドブルはどうしたんでしょうねぇ。
ベッテルは予選が失格扱いになってピットからのスタート。
ベッテルのせいではないけど看板にぶつかったりねぇ。
そのアクシデントがなかったら、結果は違ってただろうなぁ、とは思いますよね。
それぐらい驚異的な追い上げでしたからね。
ウェバーの接触はいかがなもんかと。
同じような形で2回でしたからねぇ。
で、最後は巻き込まれてリタイア。

マクラーレンへの移籍が発表されてからのペレスはどうにも微妙でしたが、
今回はよかった、と途中までは思ってたけども、
やっぱり荒かったw
本当にどうしたんでしょうかね^^;

セーフティーカーが二回入った荒れたレースとなりましたが、
興奮したレースでした。

残りが本当にわずかなわけで、どうなるでしょうかねぇ。
edit

2012年F1世界選手権第17戦 インドGP

ベッテルがやっぱり速い。
というわけで、連勝が続いてますね。
しかも、ずっとトップですからね。

アロンソは何とか2位につけてポイント差を少なく出来ましたね。
それでも13ポイント差。
ウェバーのトラブルに救われましたね。
さてはて、残りわずかでアロンソの逆転はあるんでしょうかねぇ。
頑張ってほしいなぁ。

そのウェバーとハミルトンの最後の争いはよかったねぇ。
ハミルトンいけそうだったんに惜しかった。
けどまぁ、トラブルに遭いながらもウェバーは踏ん張りましたよね。

ハミルトンのピット作業は鮮やかでしたよね。
ステアリング交換でもほとんどタイムロスなし。

ライコネンは結局最後までマッサを抜けなかったんだっけか?
また表彰台にのぼってほしいんだがなぁ。

可夢偉はポイント圏外でしたが、
粘り強く走ってましたね、本当に。
2013年のシートどうなっちゃうんでしょうかねぇ。

チームメイトのペレスはいまいちな状況が続いてますね。

次戦は来週。
edit

アラタなるセカイ

入間人間創作5周年記念企画「入間人間のセカイ」presents

アラタなるセカイ 深崎暮人描き下ろしBOX全てを終えてのまとめです。

順番としては間違ってなかったと思います。
小説→漫画→アニメ→ブックレット
ただまぁ、小説のラストのネタバレ部分は後の方がよかったかなぁ、と思うところです。
本当にネタバレだったもんなぁ^^;
ほぼそのまま漫画とアニメになってたんでね。
そういうことを考えるとそこだけは漫画にアニメ、
それぞれが終わってから読むとかって感じの方がよかったかもしれないですね。

関連記事
アラタなるセカイ
アラタなるセカイ 小説「現在編」 アラタなるセカイ/入間人間(著)
アラタなるセカイ 小説「現在編」 アラタなるセカイ/入間人間(著) 読了
アラタなるセカイ 漫画「過去編」 アラタなるセカイ/入間人間×大岩ケンジ(著)
アラタなるセカイ アニメ「未来編」 アラタなるセカイ Blu-ray


以下ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

アラタなるセカイ

入間人間創作5周年記念企画「入間人間のセカイ」presents

アラタなるセカイ 深崎暮人描き下ろしBOX小説、漫画、アニメ、音楽のすべてを入間人間さんが手がけた
「アラタなるセカイ」
10月20日本日発売です。

というわけで、アニメイトオンラインショップにて予約していたのが無事発売日に届きました。
心配してましたが、よかった。

届いた箱が思いの外大きかったことにビックリしました^^;
理由は対象店舗共通特典のポスターです。

アラタなるセカイ 特製スマートポスターSET写真は一番上にあったブリキさんによる「電波女と青春男」の藤和エリオのみですが、
他に3枚の合計4枚がまとめられています。
開けるとあれなので、開けないままでずっと放置です、これは。

で、amazonで買えば大分安くなりますが、定価でもアニメイトの方で買った理由はこれです。

アラタなるセカイ ハイパーイルマ大戦 特製冊子「ハイパーイルマ大戦」の特製冊子。
web上で公開されている短編小説をまとめたもの。
ということになってると思います。
袋から出してないのでまだ見てないです。
サイズは「電撃入間文庫」とあるように文庫サイズになってます。

で、本体ですが。。。
これも意外と大きかったのでビックリしてます。
どこに置こう^^;
箱は昔使ってた道具箱って感じですかね。
サイズといい、開ける感じといい、道具箱って感じがすごくしっくりきます。

アラタなるセカイ 特製ブックレット開けて最初にあるのが特製ブックレットでした。
これは全部見てからの方がいいのかな?

アラタなるセカイ 小説「現在編」 アラタなるセカイ/入間人間(著)次にあったのが「現在編」の小説。
もちろん「電撃入間文庫」になってます。
イラストはキャラクター原案の深崎暮人さん。

アラタなるセカイ 漫画「過去編」 アラタなるセカイ/入間人間×大岩ケンジ(著)その次は「過去編」の漫画。
作画は大岩ケンジさん。
こっちは角川コミックスで特に変更なし。
この辺揃えてくれたら面白かったのになぁ、と思う。

アラタなるセカイ アニメ「未来編」 アラタなるセカイ Blu-ray Disc&DVD 特典CD最後はBlu-ray、DVDの「未来編」のアニメ。
制作はマッドハウス。
ケースの中には主題歌とサウンドトラックが収録された特典CDも一緒に入っていました。
Blu-rayかDVDどちらか選べたらもう少し安くなったんかなぁ。
とか思ったりもしますけどね^^;
けどまぁ、どっちもついてるのは少しありがたかったりもしますね。
Blu-rayを見ることが出来るテレビがあいてなかったら、
パソコンでDVD再生できますからねぇ。
けどまぁ、Blu-rayでしか見ないと思うけど。

というわけで、感想は個別に上げるわけですが。。。
これってどういう順番でいけばいいんだろ?
特製ブックレットは除いて、上から順番にいけばいいんかな?

とにかく楽しみだ。


edit

2012年F1世界選手権第16戦 韓国GP

ベッテルが勝利しポイントリーダーに。
アロンソもこのまま終われんだろうし、残りが楽しみですね。
ウェバーが2番手で今シーズンでは初となるワンツー。
それにアロンソが続いた。

3台での争いってのが多かったんじゃないでしょうかね?
見てて楽しかったです。
他にもオーバーテイクが多かった気がしますし、
最後まで楽しめた。

ただまぁ、そんな中での可夢偉のリタイア。
続かないねぇ。
ザウバーのマシンがそれほど合ってないということらしいけど、
それにしても運がないというか。
でもって、ザウバーのシートを確保するにはスポンサーが必要だとかで、
可夢偉は2013年シーズンが危うい状況らしいですね。
どうなっちゃうんでしょうかね。

しかしまぁ、このサーキットどないよ^^;
ハミルトンが人工芝を引っかけたのはふくらんだのが悪いとはいうけどさ。
あれだけ長いのがひっついてくるのはどう考えても、
サーキットが悪いと思うけどなぁ。
初開催の時もサーキットがへこんだかなんかあったように気がするし、
どうなんでしょうね。

次戦は1週あきますね。
しかしまぁ、何で9時から放送したんだろ?
BSとはいえフジでしょ。
何故わざわざ自分ところの新ドラマとかぶせるんだろ?
自分以外にもどっちも見てる人いると思うんだけど^^;
edit

2012年F1世界選手権第15戦 日本GP

声出して喜んだw

ベッテルの優勝に、マッサが2年ぶりの表彰台で二番手に。

そして!

可夢偉が母国でF1初の表彰台に。

こんなに最高な表彰台はないわぁw
鈴鹿の表彰台には22年ぶりに日本人が。
表彰台自体も8年ぶり。
それを母国で。
しかも、可夢偉にとっては初。
本当に素晴らしい。
可夢偉コールすごかったなぁ。

最後のバトンとの戦いは本当にハラハラドキドキさせられましたけど。
よくぞ、やってくれましたね。

興奮しすぎて、頭クラクラしたw

マッサのインタビュー中の可夢偉w
写真撮りたい人もいるだろうし、前向いてやってw

スタートからよかったですもんねぇ。
ウェバーをかわしたのは興奮したわぁ。
その後は、マッサに前にいかれて1つ順位を落としはしたけども、
最終的には表彰台となった。
リカルドをかわした時も興奮させてくれましたが、
最後のバトンとの戦いはこれまた興奮したなぁ。
祈り続けてたよ。
録画だけどねw
1秒以内に入ってたのに、DRSの計測地点直前に1秒からコンマ1引き離すとかカッコ良すぎだろw
ベッテルが優勝ってのは決まりきってたから最後まで可夢偉を見せてほしかったねぇ。

いやぁ、本当に日本GPでの可夢偉は日本人をこれでもかというほどに、
興奮させてくれますね。
本当に最高な1日でした。

一方、ポイントリーダーのアロンソは早々にリタイア。
これは終盤戦を前に痛いですねぇ。
ベッテルとは4ポイント差までに迫ってしまいましたね。

可夢偉のチームメイトのペレスは何をしてんのさ。
あれはもったいないわぁ。
抜く場所を可夢偉を意識しすぎだわな。
十分速いんだから、別の場所で抜けるだろうに。
本当にもったいない。

さてはて、次戦もより楽しみになりましたね。

来シーズンのことも少しずつ決まってきて、
楽しくなってきましたね。
決まってないところがこれからどうなってくるのか楽しみですね。

せっかくBSでの放送になったんだし、
日本GPだけは予選から生中継してくれてもよかったのになぁ。
せめて、決勝は生中継にすべきだろう、と。
どっちみちリアルタイムでは見れないんですけどね^^;
まぁ、CSでお金払ってもらいたいんでしょうけど。
日本GPくらいいいやんねぇ。
edit

2012年F1世界選手権第14戦 シンガポールGP

二度のセーフティーカーで2時間レースとなったシンガポールはベッテルの勝利。
バトン、アロンソが続いてアロンソはしっかりとポイントを獲得しましたね。

ハミルトンのリタイアはビックリしたなぁ。

で、シューマッハが後ろから突っ込んでましたねぇ。
ブレーキ遅らせたら前が詰まってってことなんかな?
似たようなことを前にも見てる気がするけど^^;

今回は調子が全くよくなかった可夢偉は粘りの走り。
ポイントは取れなかったものの、よかったと思う。
レース後の審議となったわけですがどうなったんだろ?
日本でグリッド降格とかってならないといいんだけどなぁ。
というか、ウェバーとの審議ってどうなんしょ?

というわけで、次戦は日本。
可夢偉の活躍が大いに期待できるのを見せてくれてますからね。
今年も楽しみ。
ザウバーのマシンは十分に戦えてますし、
自己最高位でのフィニッシュを期待したいですねぇ。
edit

2012年F1世界選手権第13戦 イタリアGP

ハミルトンが勝利。
それにペレスが続いた。
三番手にはホームとなるフェラーリのアロンソ。

上位を走ってたマシンのトラブルが多かったですね。
レッドブルが二台ともリタイアしてましたしねぇ。
調子の上がってきたバトンもリタイアしたのはもったいない。

そんな中でハミルトンが危なげなく勝ち、
アロンソがしっかりとポイントを獲得。
そんな二人に挟まれてペレスが再び表彰台に。

それに比べて可夢偉は9位でポイントは獲得したものの、
完全に他のマシンのトラブルに救われて取れたポイントだもんなぁ。
そりゃまぁ、その位置をしっかり走っていたからとれたポイントではあるけど。
ペレスの順位を考えると、どうして?
ってなるんですよね。
本当にペレス速かったもんなぁ。
だから余計に、何で可夢偉は表彰台に乗れないのか、と。
タイヤの関係もあるのはわかるけど、それにしてもちと抜かれすぎな印象だったよなぁ。

次戦はシンガポールのナイトレース。
edit

2012年F1世界選手権第12戦 ベルギーGP

スタート直後にこんなに一気に楽しみ奪わなくてもよくね?
と思わずにはいられなかった。

予選最高位の2位で終えた可夢偉。
ブレーキから白煙をあげていたもののスタートはしたわけですが、
後ろで起こった接触。
それに巻き込まれて一気に順位を落とす結果に。

で、その接触でリタイアしたのがアロンソとハミルトン。
グロージャンがあれはいかんよなぁ。

セーフティーカーが入り再スタート直後のライコネンの5速を失っての失速。
その後しっかり取り戻してたのはよかったけど、残念だったよなぁ。

そんなレースはバトンが危なげなく勝利。
不調だったバトンが復活しましたね。

でも、すごくつまらなかった。
いや、ライコネンとシューマッハの争いなんかは楽しかったんですけどね。
全体的にねぇ、、、という感じ。
最初が最初なだけになぁ^^;

ベッテルが2位でライコネンが3位。

可夢偉は13位で終えたわけですが、やっぱりダメージがあったようですね。
あれだけガッツリ巻き込まれてたんですから、そりゃそうだわなぁ。

せっかく予選よかったのになぁ。
何でこう上手くいかないもんかね。

しかしまぁ、ロズベルグがパッとせんですね。
今回はあまり走れなかったらしいけど、
それにしても今シーズンあまり見ないよね。

いや、だからライコネンのシャンパンファイトの静かさw
ベッテルがえらくはしゃいでるから余計に際立ってたなぁw

次戦は来週のイタリア。
edit

2012年F1世界選手権第11戦 ハンガリーGP

母国イギリスでオリンピックが開催中のハミルトンが勝利。
それにライコネン、グロージャンのロータス勢が続いた。

ライコネン届かなかったなぁ。
復帰11戦目で優勝にってなることを期待してたんだけどねぇ。
しかし、ライコネンのシャンパンファイトはものすごく静かだったw
今シーズン中の優勝が楽しみだなぁ。

グロージャンもよかったですね。

ベッテルは4番手で終われたけど、何であんなにタイヤ交換引っ張ったんだろ?

可夢偉は完走しなかったってことみたいですが、
何があったんだろ?
ていうか、スタートで大きく順位を落としたのが痛いよなぁ。
その後、タイヤ交換を早めてうまく順位あげて、
スタートの順位までは戻してたんですけどね。

せっかく前戦でベッテルがペナルティで自身最高位の4位に繰り上がったのにね。
いい流れが続かないともったいない。

今回は久々に睡魔に負けそうになったレースだったなぁ。
今シーズンは興奮するレースばかりだったので珍しい。
今日も別に興奮しなかったわけではないんだけどねぇ。

夏休みとなり次戦は9月。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.