edit

ハッピー・レボリューション/星奏なつめ(著)

ハッピー・レボリューション/星奏なつめ(著)メディアワークス文庫、3月の新刊1冊目。

流され体質のOLは仕事も恋もお留守気味。
気付けば20代最後の日を目前にしていた。
そんな自分を見た時、オッサン女子化していることを察知し、戦慄。
慌てて仕事に恋に自分磨きを始める。
後輩男子のアドバイスという名の横槍にもめげず奮闘するものの、
空回りの連続。
そんな彼女の人生に起きた革命とは。

というわけで、「チョコレート・コンフュージョン」がたまらなくよかった
星奏なつめさんの新作。
楽しみで仕方がないですね。
期待しすぎて、あれ?となってしまう不安も若干ありますが、
変わらずラブコメだし大丈夫だと思いたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハッピー・レボリューション [ 星奏 なつめ ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)



edit

3月のメディアワークス文庫

今月は4冊購入。

1冊目

さとみ桜さんの「明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業」

第23回電撃小説大賞 銀賞受賞作
2冊目

葦舟ナツさんの「ひきこもりの弟だった」

第23回電撃小説大賞 選考委員奨励賞受賞作
3冊目

星奏なつめさんの「ハッピー・レボリューション」


4冊目

木崎ちあきさんの「博多豚骨ラーメンズ 6」



「ハッピー・レボリューション」が楽しみでならないですね。
電撃小説大賞の2冊は「明治あやかし新聞」は楽しみな方ですが、
「ひきこもりの弟だった」は買わないでおこうかとも思ったので、
あまり楽しみではないですかね。
どうなるかなぁ。
翡翠ヒスイさんの「僕の町のいたずら好きなチビ妖怪たち」は悩んだんですが、
4冊になったので購入しませんでした。
来月少ないし少し考えようかな、とも思い中。

来月はとりあえず「ちどり亭にようこそ」の2巻だけは確実に買いますが、
他はどうしようかと考え中です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業 [ さとみ桜 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひきこもりの弟だった [ 葦舟 ナツ ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハッピー・レボリューション [ 星奏 なつめ ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博多豚骨ラーメンズ6 [ 木崎 ちあき ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)



edit

少年と少女と、 サクラダリセット 6/河野裕(著) 読了

少年と少女と、 サクラダリセット 6/河野裕(著)次でいよいよ終わりかぁ。
寂しいですねぇ。

以前読んだときも思ってたと思うんですけどね。
とりあえず、浦地がキライ。

関連記事
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著)
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著)
機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット 4/河野裕(著)
さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット 4/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
片手の楽園 サクラダリセット 5/河野裕(著)
片手の楽園 サクラダリセット 5/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
少年と少女と、 サクラダリセット 6/河野裕(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

少年と少女と、 サクラダリセット 6/河野裕(著)

少年と少女と、 サクラダリセット 6/河野裕(著)学園祭当日、ケイは美空に想いを伝えた。
だがその裏側で菫と浦地それぞれの計画が絡み合いながら進行していた。
ケイは菫からの指示で向かった先々で
能力の連続暴発事件に遭遇することに。
それは40年前から続く、この街が抱える矛盾と
目の前に迫ったサクラダリセットに繋がっていた。

再販版も残すところあと僅か。
映画は最初から微塵も興味がないですが、
4月からのアニメは見ようかと思ってたんですけどね。
PVを見てなんか違う感があって見る気を若干なくしております。
どうしたものか^^;

関連記事
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著)
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著)
機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット 4/河野裕(著)
さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット 4/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
片手の楽園 サクラダリセット 5/河野裕(著)
片手の楽園 サクラダリセット 5/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


関連記事(角川スニーカー文庫版)
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY/河野裕(著)
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL/河野裕(著)
サクラダリセット 2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 3 MEMORY in CHILDREN/河野裕(著)
サクラダリセット 3 MEMORY in CHILDREN/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY/河野裕(著)
サクラダリセット 4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 5 ONE HAND EDEN/河野裕(著)
サクラダリセット 5 ONE HAND EDEN/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 6 BOY,GIRL and ―/河野裕(著)
サクラダリセット 6 BOY,GIRL and ―/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA/河野裕(著)
サクラダリセット 7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

少年と少女と、 サクラダリセット6 [ 河野 裕 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)



edit

最良の嘘の最後のひと言/河野裕(著) 読了

最良の嘘の最後のひと言/河野裕(著)河野裕さんの作品の中で一番好きだったかもしれない。
というか、一番理解しやすく読みやすかったと思います。
そういうのを含めて好きだったなぁ、と。

読んでる間ずっと思っていたのは、神山健治さんの「東のエデン」でした。
すごく似たものがあると感じながら読んでましたね。
話自体は似てるわけじゃないんですけど、全体の持つ雰囲気でしょうかね、
とにかく「東のエデン」がずっと頭のなかにありましたね。
で、久しぶりに見ようかと思いました。
時間がある時に一気に見たいところです。

関連記事
最良の嘘の最後のひと言/河野裕(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

最良の嘘の最後のひと言/河野裕(著)

最良の嘘の最後のひと言/河野裕(著)世界的な大企業が4月1日に年収8000万で超能力者をひとり採用する、
という告知を出した。
審査を経て残った7名は最終試験へ。
1通だけの採用通知書をめぐり、
策略を駆使した騙し合いが始まる。

内容云々より、久しぶりに上がデコボコの書籍を久しぶりに買ったなぁ^^;
綺麗に製本されてる本ばかりしか最近は買ってなかったから、
このガタガタっぷりは本当に久しぶり。
この製本の違いって何なんだろう?

とまぁ、関係ないことは置いておいて、どんな話だろうなぁ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最良の嘘の最後のひと言 [ 河野裕 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)



edit

天才・逢木恭平のキカイな推理/京本喬介(著) 読了

天才・逢木恭平のキカイな推理/京本喬介(著)超能力者を追い求める天才と
彼に付き合わされることになった女刑事。
そして、天才が生み出したアンドロイドの三人が事件を追う。

今作も楽しめたけれど、京本さんの作品を読むと毎度思うのは、
「僕たちはドクターじゃない」の続きを書いてほしい、ですね。
やっぱり続きが読みたいねぇ。

関連記事
天才・逢木恭平のキカイな推理/京本喬介(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

天才・逢木恭平のキカイな推理/京本喬介(著)

天才・逢木恭平のキカイな推理/京本喬介(著)メディアワークス文庫、2月の新刊5冊目。

どこかズレていて、周囲から苦笑されることもしばしばある実業家。
天才科学者、大富豪、人間世界遺産などとも呼ばれている。
そんな彼が相棒のアンドロイドと有能な女刑事とともに
興味を惹かれた難事件に首をつっこんでいく。

かなり久しぶりな気がしてましたが、やっぱり1年ぶりの新刊だったようで。
もう少し出してほしいなぁ、と思うところですが、
あらすじも含めて楽しみにしていたので少し期待してますが、
今作はどんな感じだろうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天才・逢木恭平のキカイな推理 [ 京本 喬介 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



edit

少女妄想中。/入間人間(著) 読了

少女妄想中。/入間人間(著)色々と立て込んでたために読む余裕がなくて時間がかかってしまいましたが、
どうなんだろうなぁ。
悪くはなかったんですけど、掴みきれないというかなんというか。
とりあえずは「安達としまむら」とは似てるようで似ていないって感じですかね。

それぞれ独立した話なのかと一つ目、二つ目を読んで思ったんですけど、
三つ目でどうやら繋がってるみたいだと気づきました。
ただ、繋がってるとわかっても、間があまり見えてこなかった、
ってところでしょうかね。
だから、話全体が掴みきれないまま終わった、という感じでした。

関連記事
少女妄想中。/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

少女妄想中。/入間人間(著)

少女妄想中。/入間人間(著)メディアワークス文庫、2月の新刊4冊目。

いつも背中を追いかけていた、あの人への憧れ。
夢の中で一緒に過ごした、海辺でのあの子との友情。
傷つけてしまったあの人への、伝えられない内緒の想い。
たくさんの人と物の中でその女の子を好きになっただけ。
少女たちのもどかしい想いを描く。

「安達としまむら」ちっくな感じなのかな?
と思うわけですが、どうなんだろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

少女妄想中。 [ 入間 人間 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



edit

キネマ探偵カレイドミステリー/斜線堂有紀(著) 読了

キネマ探偵カレイドミステリー/斜線堂有紀(著)どうだろうなぁ、って感じで読み始めましたが、
個人的には大賞作品の「君は月夜に光り輝く」より
こちらのほうが好きでした。
映画については詳しくない方ですが、
語られてる映画についても比較的わかりやすく語られていたり、
そういうのがあるのなぁ、と感心させられたり。

嗄井戸のキャラも好みでしたね。
イラストで思っていたキャラと随分と違って可愛げがあったのがよかった。

関連記事
キネマ探偵カレイドミステリー/斜線堂有紀(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

キネマ探偵カレイドミステリー/斜線堂有紀(著)

キネマ探偵カレイドミステリー/斜線堂有紀(著)メディアワークス文庫、2月の新刊3冊目。
第23回電撃小説大賞 メディアワークス文庫賞受賞作品。

留年の危機に瀕するダメ学生は教授から救済措置として
休学中の秀才を大学に連れ戻せと難題を課されることに。
自宅に引きこもり、映画鑑賞に没頭する彼を前に為す術はなかった。
そんななか起こった映画館をめぐる火事騒動。
完璧なアリバイを持つ容疑者。
彼は家から出ることなく、圧倒的な映画知識で事件を解決する。

こっちはどうだろう。
あまり期待はしてないけど、楽しめるといいなぁ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キネマ探偵カレイドミステリー [ 斜線堂 有紀 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



edit

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著) 読了

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)良かったと思います。
あまり素直にそう思えないのは
やっぱり帯がクドかったからだとも思う。

関連記事
君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)メディアワークス文庫、2月の新刊2冊目。
第23回電撃小説大賞 大賞受賞作品。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きていた彼が出会ったのは、
月の光を浴びると体が淡く光り、死期が近づくとその光が強くなる
発光病の少女だった。
彼女との出会いで時間が再び動き始めた彼は、
彼女が死ぬまでにしたいことを手伝い始める。

強いて言えばこっち、という感じで、正直なところとして、
今回の受賞作はどちらも期待薄な感じなんですよね。
そこにさらに帯のくどさがちょっとなぁ、と思ったりも。
推薦は別にいいんですけど、もうちょっと控えめにならんかったのかなぁ、
と思わなくなかった。
さてはて、どうなるやら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君は月夜に光り輝く [ 佐野 徹夜 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



edit

あやかしとおばんざい 2 ~ふたごの京都妖怪ごはん日記~/仲町六絵(著) 読了

あやかしとおばんざい 2 ~ふたごの京都妖怪ごはん日記~/仲町六絵(著)一気に読んでしまったねぇ。

今回はきのこ、狸、龍のお話を書くことになった直史とまどか。
今回の話もいい話だったなぁ。

からくさ図書館の面々は篁と時子だけでなく、茜や晴明たちもガッツリ登場していて、
それもまた嬉しかったです。
登場してももっと控えめなのかな、と1巻を読んだ時は思ってたんですけど、
こんなにしっかり絡む話を考えていたのかと終わったことへの寂しさがあっただけに、
余計に嬉しく思いましたね。

ただ、このシリーズも2巻で終わりとなるそうです。
直史とまどかの掛け合いとか、直史の書く物語が好きだったり、と
こちらの作品もすごく好きだっただけに非常に寂しい。

関連記事
あやかしとおばんざい~ふたごの京都妖怪ごはん日記~/仲町六絵(著)
あやかしとおばんざい~ふたごの京都妖怪ごはん日記~/仲町六絵(著) 読了(ネタバレ注意)
あやかしとおばんざい 2 ~ふたごの京都妖怪ごはん日記~/仲町六絵(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad