edit

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)働き詰めなグレンをサーフェが半強制敵に中央病院に入院させた。
そこでクトゥリフから聞かされたのはスカディの心臓に巣食っていた腫瘍が
病院からなくなったということだった。
そんな中、街ではドッペルゲンガーが噂となっていた。

というわけで、楽しみにしていた4巻ですね。
ドッペルゲンガーと逃げた腫瘍に繋がりはあるのでしょうかね。

コミカライズ作品の連載もスタートするわけですが、
WEB連載っていうのは無料で読める形なのかな?
単行本はとりあえず買ってみようかと考えてましたが、
そういう形なら読んでから判断出来ていいけど、
どうなんだろう?

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし/五十嵐雄策(著) 読了

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし/五十嵐雄策(著)「ひとり旅の神様」に近い雰囲気かな?
と思っていたのですが、結子の友人だったというね。
で、彼女が極めてよく食べるので比べるのはあれですが、
佳奈もよく食べる子でしたね。

関連記事
下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし/五十嵐雄策(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし/五十嵐雄策(著)

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし/五十嵐雄策(著)メディアワークス文庫、1月の新刊3冊目。

細い路地の奥にある小さなお弁当処。
心に寄り添った、美しい俳句と
美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、
今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。

後回しにしましたが、
あらすじを読んだ感じだと「ひとり旅の神様」の方に近いのかな?
というところで楽しみにしていますが、
どうだろう?



edit

アンティーク弁天堂の内緒話/仲町六絵(著) 読了

アンティーク弁天堂の内緒話/仲町六絵(著)楽しめたけれど、物足りなかった。
ページ数も多くないですし、1話ずつも短いので
サクッと読めてしまえたのもあるかな。
続きが出ることを楽しみにしてます。

関連記事
アンティーク弁天堂の内緒話/仲町六絵(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

アンティーク弁天堂の内緒話/仲町六絵(著)

アンティーク弁天堂の内緒話/仲町六絵(著)進学のために京都で暮らすことになった女子高生の紫乃。
ある日、実家からお守りとして持ってきたガラスの白鳥から、
亡き祖母を呼ぶ声がすることに気づく。
途方にくれる彼女だったが、琵琶湖の弁財天を名乗る女性に
骨董店へ行くよう促される。
そこには不思議な力で訳ありの品の謎を解く店長が。

メディアワークス文庫からではないですが、
今回も京都が舞台の話。
からくさ図書館のある京都が舞台ではないのでしょうけど、
どこか似た雰囲気がありそうなあらすじですね。
後回しにしてましたが、ようやっと読める。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンティーク弁天堂の内緒話 (幻冬舎文庫) [ 仲町六絵 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2018/2/5時点)



edit

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)終わりなのか続くのか判断しかねる最後だなぁ。
まだ続いてほしいけど、どうなるだろう。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)メディアワークス文庫、1月の新刊2冊目。

結婚に伴ってお店を畳まなければならなくなるが、
彗太が継ぎたいと申し出たことで、大学卒業までの二年間は続くことに。
けれど、花柚の祖父はオーナーも店主も辞めるよう言われてしまう。
ちどり亭、存続の危機に救世主は現れるのか。

というわけで、出てほしいと思っていた3巻が出てくれてよかった。
ちどり亭はどうなるんだろう。
二人の想いをそもそも両家が納得するのかというところもありますけど。
上手くは進まなそうな感じだけど、どういう形になるんだろうなぁ。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

チョコレート・セレブレーション/星奏なつめ(著) 読了

チョコレート・セレブレーション/星奏なつめ(著)あまりのグダグダっぷりに途中、普通にイラッとしたりはしましたが、
変わらずな人たちの姿に思う存分楽しむことが出来ました。

「ハッピー・レボリューション」の二人も登場したわけですけど、
こういう部分だけ切り取ったら、この二人も楽しめるんだけどなぁ、
と思いましたね。それ以外の部分が本当にガッカリさせられたのでね。
けど、こうして二人のその後も描かれていたのでよかった。

次は恵里子がメインの新刊が出るのだろうか?
彼女の話も読みたいんですけど、さすがにないのかなぁ。

関連記事
チョコレート・コンフュージョン/星奏なつめ(著)
チョコレート・コンフュージョン/星奏なつめ(著) 読了(ネタバレ注意)
チョコレート・セレブレーション/星奏なつめ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

チョコレート・セレブレーション/星奏なつめ(著)

チョコレート・セレブレーション/星奏なつめ(著)メディアワークス文庫、1月の新刊1冊目。

ケンカもなく順調な交際で、社内ではバカップルと噂されるほどに。
結婚を意識しだした中で龍生の妹から聞かされたのは、
龍生が浮気したらしい、ということだった。
二人の運命の恋に最大の試練が訪れる。

さてはて、二人に一体何が起こっているのか、
「ハッピー・レボリューション」はガッカリさせられましたが、
続編のこちらは満足出来る面白さであってほしい。
どうなるかな?

関連記事
チョコレート・コンフュージョン/星奏なつめ(著)
チョコレート・コンフュージョン/星奏なつめ(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

1月のメディアワークス文庫

今月は3冊購入。

1冊目

星奏なつめさんの「チョコレート・セレブレーション」


2冊目

五十嵐雄策さんの「下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし」


3冊目

十三湊さんの「ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~」



今回は予定通りの購入ですけど、どれも楽しみにしていたので、
早く読みたいですねぇ。

来月は電撃小説大賞受賞作がありますね。
前回は大賞がいまいちだったわけですが、今回もあまり惹かれないかな。
メディアワークス文庫賞の方は少し気になってます。
他は2冊で座敷童子の代理人の6巻が楽しみです。







edit

さよなら西郷先輩/出口きぬごし(著) 読了

さよなら西郷先輩/出口きぬごし(著)いい意味でのくだらなさがあって、思いの外よかった。
どうなのやら、と思っていたので、本当に意外な感じでした。

幕末に生きた人たちが現代の高校生となって日本を動かす、
という話だったわけで、むちゃくちゃだな、というのは終始ありましたが、
それでも歴史上の出来事が上手く落とし込まれていたなぁ、と。
歴史が苦手な自分でもわかりやすくてよかったです。
解説も辛辣なコメントがあったりしながら、
噛み砕いた説明で楽しんで読めました。

関連記事
さよなら西郷先輩/出口きぬごし(著)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さよなら西郷先輩 (メディアワークス文庫) [ 出口 きぬごし ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/12/22時点)



edit

さよなら西郷先輩/出口きぬごし(著)

さよなら西郷先輩/出口きぬごし(著)メディアワークス文庫、12月の新刊4冊目。

もし西郷隆盛が現代の高校生だったとしたら。
工業高校を舞台に幕末を駆け抜けた男たちの波乱万丈な半生を描く。

というわけで、正直さっぱり興味がないんですよね。
電撃文庫で読んだ作家さんなので、読んでみるか、
という感じで購入。
どうなるやら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さよなら西郷先輩 (メディアワークス文庫) [ 出口 きぬごし ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/12/22時点)



edit

もうひとつの命/入間人間(著) 読了

もうひとつの命/入間人間(著)ここしばらくの作品の中では一番楽しめたかな。
変な充足感というか達成感というか、そういうものがあったかな。
誰も幸せにはなってないですけどね。

関連記事
もうひとつの命/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

もうひとつの命/入間人間(著)

もうひとつの命/入間人間(著)メディアワークス文庫、12月の新刊3冊目。

魔女に出会って数年、自殺したはずの人が生き返った。
思い返すのは魔女のこと。
居合わせた六人は命を一つ分だけもらっていたらしい。
命を一つ犠牲にして何を願うのか。

今回は普通に買わないでおこうかと思いましたね。
あらすじを読んでも今ひとつ興味が持てなかったので。
ここのところハズレしかなかったのも相まってね。
どうなるやらねぇ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もうひとつの命 (メディアワークス文庫) [ 入間 人間 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/12/22時点)



edit

本日はコンビニ日和。/雨野マサキ(著) 読了

本日はコンビニ日和。/雨野マサキ(著)買う予定になかったけれど、書店であらすじに惹かれ購入してよかった。
自分好みでおもしろかった。
笑っていたかと思ったら、うるっとさせられて困りましたねぇ。
続きがあれば読みたいですし、
別の新刊も楽しみにしたいですね。

関連記事
本日はコンビニ日和。/雨野マサキ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad