edit

HUNTER×HUNTER 33巻

HUNTER×HUNTER(33)/冨樫義博(著)週刊少年ジャンプにて連載中の冨樫義博さんの「HUNTER×HUNTER」第33巻。

約3年半振りの新刊。
32巻が出たのは2012年だったのな。
で、掲載されているのは2014年の頃のものと今の連載再開時の1話目。
この状況はものすごく恐ろしいなw
ただただ、この状況が許されてるのが異常ですよね。

連載の時は理解してなかったことが多数あったということがわかり、
ようやく単行本で理解した部分が結構ありますね。
それでもまぁ、理解しきれてないところの方が多い気もしますが。

というわけで、暗黒大陸編の準備段階が始まったわけですが、
このシリーズが最後まで描かれると思えないと感じているのは自分だけだろうか?^^;
本当にどうなるやらね。

アルカのもう一つの顔であるナニカは「欲望の共依存 ガス生命体 アイ」
ということで間違いないみたいですね。
でも、何でアルカにアイがつくようになったのか、ってところですよね。
ZZIGG ZORDYCKって人がネテロと一緒に暗黒大陸に行ったみたいですけど、
そこで連れ帰ってしまったってことになるのでしょうかね?
そもそもこのZZIGGってのはゾルディック家で今出てきてる人たちの中では、
どういう位置にある人になるのでしょうかね。
マハというゼノのお祖父さんは出てるけど、そのお父さんに当たる人なんでしょうかね?
そうなってくると随分と世代がおかしい気もするわけで、
ZZIGGの年齢的にはかなり若い頃の話ですしね。
そんな彼が連れ帰ってしまったとして、何で何世代も後のアルカに?というわけで。
意図せず、ではなく意図して持ち帰ったとかいうことだったんでしょうかね?
で、アイと相性のいい存在が生まれるのを待っていた、とかかねぇ?

第4王子がただただ胸糞悪い。
連載の時は気付いてなかったけど、
これってそういうことだったのかと新たに気付いたことがあって、
より胸糞悪くなった。
マジでこいつは何なのかと。
親が親ならってことで他の王子も似たり寄ったりなのか、
第4が際立って異常なのか、第1と第4の母親が異常なだけなのかね?

間に入るおまけみたいなのが地味にありがたい。

さてはて、34巻は何年後になるんだろうなぁ^^;

関連記事
HUNTER×HUNTER 28巻
HUNTER×HUNTER 29巻
HUNTER×HUNTER 30巻
HUNTER×HUNTER 31巻
HUNTER×HUNTER 32巻


HUNTER×HUN...

HUNTER×HUN...
著者:冨樫義博
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

HUNTER×HUNTER 32巻

HUNTER×HUNTER(32)/冨樫義博(著)本当に面白いなぁ。
派手なバトルがあるわけじゃないのに、
読んでいて興奮する感じがいいですね。

新年からは連載が再開でしょうし。
ネテロの息子と名乗る男と十二支んの間でどういう展開になるのか。
ゴンたちはそのときどうするのか。
楽しみですね。

ちなみに、パリストンが持ち帰ったという繭って結局どういう風になったんでしょうかね。
もう孵ったらしいけど。
その対処をチードルたちがどうしたのかが気になる。

レオリオからの連絡をとろうとしないクラピカは何をしようとしてるのか。

タブーとされてる暗黒大陸がどんなところなのか楽しみですねぇ。
パリストン以外のメンバーがどういう人たちなのかも気になりますよね。
続きが早く読みたいですね。

関連記事
HUNTER×HUNTER 27巻
HUNTER×HUNTER 28巻
HUNTER×HUNTER 29巻
HUNTER×HUNTER 30巻
HUNTER×HUNTER 31巻



edit

HUNTER×HUNTER 31巻

HUNTER×HUNTER(31)/冨樫義博(著)ネテロが最期に遺した会長選挙。
そして、それと同じタイミングで起こる、
ゾルティック家のインナーミッション。
キルアがゴンの治療の為にアルカを連れ出す。

31巻はここまでかぁ、って感じですが、
32巻が月末に発売するので楽しみですね。
その後は連載ですしねぇ。

久々に登場したレオリオがかましてくれたり、
他にも懐かしい面々が登場するのがいいですね。

でも、一方でキルアはアルカとナニカのために走り続ける。
殺すつもりのイルミから守るために。

ヒソカの楽しそうな顔もいいですよね。
自分の楽しみ優先で考え、恍惚としてる感じがまた^^;

ゴトーのこの展開はどうにかならんかったのか、と本当に思う。
キルアが知るタイミングは一体いつになるんだろうかなぁ。。。

関連記事
HUNTER×HUNTER 26巻
HUNTER×HUNTER 27巻
HUNTER×HUNTER 28巻
HUNTER×HUNTER 29巻
HUNTER×HUNTER 30巻



edit

HUNTER×HUNTER 30巻

HUNTER×HUNTER(30)/冨樫義博(著)表紙は十二支んが勢ぞろい。

正直、4月発売ということを知った時は、
一体何年ぶりだろう、連載中の単行本の発売は、
と思ったもんです。

案の定というか、休載に入ったわけですけどね^^;
休載に入るなら、28巻、29巻と同じように2ヶ月連続で発売してくれた方が
個人的には嬉しかったりしたんですけどね。
その方が続けて読めますし、
何か再開前に単行本発売という形に慣れちゃったし。

そんなこんなで内容は王との決着から、
第1回選挙の開票まで。

やっぱりジンがかっこいいなぁ。
そういえば、レイナとコルトの再会って出来たんだろうか?
どうにか情報が回って再会してほしいんだけどなぁ。

というわけで、感想は連載からあまり間があいてないから、
あまり書くことがない^^;

関連記事
HUNTER×HUNTER 26巻
HUNTER×HUNTER 27巻
HUNTER×HUNTER 28巻
HUNTER×HUNTER 29巻



edit

HUNTER×HUNTER 29巻

HUNTER×HUNTER(29)/冨樫義博(著)来週からいよいよ連載が再開。
本当に待ち遠しかったですね。
でも、合併号から始まるってどうよ^^;
でまぁ、今回は何週続くかですね。
長く続けて、間を開けずに再開してほしいもんです。

そして、再びアニメ化が決定。
アニメ制作会社もテレビ局も変更で作られるみたいですね。
だからまぁ、前シリーズの途中からってわけではなく冒頭から再度始まるみたい。
「るろうに剣心」みたいに原作どこいった?
って感じのキャラクターデザインになったりしないといいけど^^;

関連記事
HUNTER×HUNTER 26巻
HUNTER×HUNTER 27巻
HUNTER×HUNTER 28巻


以下、本の感想のためネタバレ含んでます。
edit

HUNTER×HUNTER 28巻

HUNTER×HUNTER(28)/冨樫義博(著)一体何ヶ月ぶりの新刊でしたっけ?
1年と半年ぶりみたいです。
来月には29巻が発売されて、連載も再開。
今度は何週続くでしょうねぇ。
色々頑張ると書かれてますが、何をどう色々頑張るのだろう^^;
長く続いてほしいものです。

ナツコミのコースターをもらいました。
ナツコミのタイミングで単行本を買ったことがたしかなかったので、
なんじゃこれ?
ってなりましたが、
中身はフランキーのコースターだった。
ONE PIECEのキャラのものみたいで、
ゾロがよかったなぁ。。。
とフランキーには申し訳ないけども、思った^^;

以下ネタバレありです。
edit

HUNTER×HUNTER 27巻

さてはて、1年と2ヶ月ぶりの新刊です。
26巻を読まなきゃどういう流れかわからなかったんでね^^;
その時に確認しました。

てかね。
カバーの折り返し部分の冨樫さんのコメントw
あきらかに自分の現状をどうにかするつもりないだろw
まぁ、それでも連載が続くだけいいんですけどね^^;

とりあえずは、変な終わり方にだけはならないように願ってます。
連載も再開しますしね。
続きが楽しみ。

27巻の内容に関しては全く覚えてなかったですw
そりゃ、しょうがないでしょ^^;
楽しかったですけどね。


さてはて、、、28巻は何年後になるでしょうね?w
出来れば何ヵ月後と言いたいんですけどねぇ^^;
とりあえず、1年は待つことになるのは覚悟してます。
どうなるのやら?
edit

HUNTER×HUNTER 26巻

25巻発売から7ヶ月。

来週の月曜には連載が再開。
また10週なのかもしれませんがうれしいことです。

27巻は6ヵ月後位に発売されることを願ってます。

以下ネタバレありつつ続けます。
edit

HUNTER×HUNTER 24巻

待ちに待ったこの瞬間!

24巻買ってきました!

どれだけ連載再開を待ち望んでいたか!
諦めずに根気よく待ち続けて本当によかった!

単行本に連載休止に関する冨樫さんの言葉が一言もなかったのは非常に悲しいところではあります。
6日発売のWJにコメントが記載されてることを祈りたいと思います。

23巻発売からは実に1年と7ヶ月が経過。
WJの連載に関してはそれよりさらに1ヶ月前になる位だと思います。

あぁ、ほんとに待っててよかった。
6日のWJが楽しみです♪
edit

HUNTER×HUNTER 23巻

本日発売
edit

HUNTER×HUNTER 22巻

7月4日発売日だったんですけど、たまたまコンビニに寄ったら今日から発売されてるみたいだったんで、こりゃラッキーと思って本屋行って買ってきました。
雨がやんでたらすごくよかったんですけどね^-^;
流星街での旅団vsキメラアント。
ボノレノフの包帯を取った姿。そして、音を奏でることによる攻撃という能力が初披露。
さらにフェイタンやフィンクスの念能力。
シャルナークの能力の別の使い方。
そして、ヒソカの後に入った、キルアの弟?妹?どっちだw
とりあえず、カルト能力も披露。

旅団の能力が徐々に明らかになってきましたねぇ。団長はいつ戻ってくるんだろうw

キルアはゴンと別れて、選別の阻止をし始めました。
いっぽうゴンはキメラアントとの死闘が行われました。

ジャンプを読んでるので、この巻のちょっと先までわかるんですが、今後の展開を期待してます^-^

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad