edit

剣と炎のディアスフェルド III/佐藤ケイ(著)

剣と炎のディアスフェルド III/佐藤ケイ(著)ディロークの護衛として、
東方の国境紛争地へ赴くことになったルスタット。
広大な領土を巡る長い旅路の途上、
盗賊に悪徳太守に異端の狂信者らが襲い来る。
それらを蹴散らし、まあ見ぬ国々の文化や自然に
驚きながら進むうち、
ルスタットはアルキランの隠された神秘の根源に触れる。
古きアルキランの伝説はルスタットと共に蘇る。

楽しみにしていた3巻ですねぇ。
前回はレオームのことが描かれたので、
今回はルスタットのことになるわけですが、
英雄に仕立て上げようされているルスタットは
どういう道を歩むことになるのでしょうかね。

イラスト:PALOW

関連記事
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著)
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著) 読了(ネタバレ注意)
剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著)
剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剣と炎のディアスフェルドIII (電撃文庫) [ 佐藤 ケイ ]
価格:896円(税込、送料無料) (2017/11/10時点)



edit

ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル/川原礫(著) 読了

ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル/川原礫(著)もっとアンダーワールドの話が読みたいですが、
これでとりあえずの終わりに。
ただ、続きは書いてほしいなぁ、と思わずにはいられないですね。
このすぐ後のことであったり、
18巻のラストのことであったり。

前巻に引き続いてロニエが中心ではあるわけですが、
月駆目線での部分があったりもして、それもよかった。

21巻からは完全に新しい話、ということになるようですが、
どういう風に進んでいくのか楽しみですねぇ。

関連記事
ソードアート・オンライン 18 アリシゼーション・ラスティング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 18 アリシゼーション・ラスティング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル/川原礫(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル/川原礫(著)

ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル/川原礫(著)禁忌目録と力の掟によって縛られているはずのアンダーワールドにおいて起こった、
起こるはずのない事件。
それは再び戦乱を引き起こさんとする真犯人の謀略だった。
調査が難航する中、アスナは殺害現場で過去覗術の詠唱を試す。
すると意外な映像が浮かび上がることに。
そして、ロニエとティーゼに真犯人の毒牙が迫る。

というわけで、上下巻で描かれるムーン・クレイドルの下巻。
真犯人の正体は一体誰なのでしょうかね。

今月末には劇場版のディスクが発売されるようですが、
レンタルだといつ見れるだろうか。

イラスト:abec

関連記事
ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 18 アリシゼーション・ラスティング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 18 アリシゼーション・ラスティング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

終わる世界の片隅で、また君に恋をする/五十嵐雄策(著) 読了

終わる世界の片隅で、また君に恋をする/五十嵐雄策(著)よかったけど、
納得できない、って感じでしょうか。
物語の中での考え方もわからなくはないけど、
そんな風には考えられないかな。

関連記事
終わる世界の片隅で、また君に恋をする/五十嵐雄策(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

終わる世界の片隅で、また君に恋をする/五十嵐雄策(著)

終わる世界の片隅で、また君に恋をする/五十嵐雄策(著)いつからか世界で起こり始めた奇妙な現象。
人が、その名前も、周囲の人たちとの関係も、そしてその存在すらも、
全てを忘れ去られてしまう。
忘れられて、誰の記憶からも消えてしまう。
それに抗うかのように保健室登校の先輩と一緒に
忘却病に罹った人の最後の望みを叶える活動と始める。
忘れられていくクラスメイトたちとの交流の中で、
この現象に隠された真実に迫ることに。

メディアワークス文庫の方では読んでいた方ですが、
一つ前の作品はあらすじを読んで興味を惹かれなかったので
電撃文庫では初ですね。
どういう真実が隠されているのかな?

イラスト:ぶーた



edit

悪逆騎士団 II そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著) 読了

悪逆騎士団 II そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)前回は馬鹿騒ぎ感が強かったですが、
今回はそういう感じはしなかったですね。
色んな人のことを描いていて話が散ってたっていうのもあったのかな?
今回は話を絞っていたので前回よりも楽しめました。
3巻も楽しみにしたいですね。

関連記事
悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)
悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著) 読了(ネタバレ注意)
悪逆騎士団 II そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

悪逆騎士団 II そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)

悪逆騎士団 II そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)アリシアが率いる悪逆騎士団が向かったのは森の魔獣退治。
目的は魔獣の被害に苦しめられる善良なる冒険者たちを救うため。
などではもちろんなく、森林開拓団と冒険者ギルドに恩を売って金儲けするため。
だが森を探索中にコルが遭遇したのは、
捜し物をしているという謎の全裸幼女だった。
さらに蛮都では非合法な手法で勢力を伸ばす新組織が出現。
宣戦布告を受けた悪逆騎士団が迎え撃つ。

続きが出そうかな?と思っていましたが、
出ましたね。
今回も相変わらずな感じなのでしょうね。
それぞれの過去も描かれているといいですけど、
どうなんだろうかねぇ。

イラスト:ももこ

関連記事
悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著)
悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき/水瀬葉月(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

絶対ナル孤独者 4 ―刺撃者 The Stinger―/川原礫(著) 読了

絶対ナル孤独者 4 ―刺撃者 The Stinger―/川原礫(著)今回は随分雰囲気が違う感じがしたかなぁ。
ミノルしかり、組織の二人しかりで別の面を見せたこともありますけどね。
全体的に違う気がした。

さてはて、次はいつになるんだろうかな?

関連記事
絶対ナル孤独者 1 ―咀嚼者 The Biter―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 1 ―咀嚼者 The Biter―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
絶対ナル孤独者 2 ―発火者 The Igniter―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 2 ―発火者 The Igniter―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
絶対ナル孤独者 3 ―凝結者 The Trancer―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 3 ―凝結者 The Trancer―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
絶対ナル孤独者 4 ―刺撃者 The Stinger―/川原礫(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

絶対ナル孤独者 4 ―刺撃者 The Stinger―/川原礫(著)

絶対ナル孤独者 4 ―刺撃者 The Stinger―/川原礫(著)最強の能力者である液化者の罠に嵌りながらも、
絶体絶命の危機から脱出したミノル。
しかしその代償としてスウは瀕死の重傷を負ってしまう。
スウとの共闘、朋美との再会、典江との交流によって、
ミノルはそれまでの願望とは違う意味を見出していく。
そんなミノルの変化を世界は待ってはくれず、
新たな影が忍び寄る。

「ソードアート・オンライン」の方が続いていたので久しぶりの新刊ですね。
どう考えても無理だろ、と思っていたミノルの願望だったわけですが、
本人も考え方を変え始めたみたいですね。
今度の敵はどういう相手なのかな。

イラスト:シメジ

関連記事
絶対ナル孤独者 1 ―咀嚼者 The Biter―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 1 ―咀嚼者 The Biter―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
絶対ナル孤独者 2 ―発火者 The Igniter―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 2 ―発火者 The Igniter―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
絶対ナル孤独者 3 ―凝結者 The Trancer―/川原礫(著)
絶対ナル孤独者 3 ―凝結者 The Trancer―/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対ナル孤独者4 -刺撃者 The Stinger- (電撃文庫) [ 川原 礫 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)



edit

アイドル稼業、はじめました!/岩関昂道(著) 読了

アイドル稼業、はじめました!/岩関昂道(著)岩関昂道さんだから買ったわけで、
内容に関しての期待はほぼなかったわけです。
正直、終盤以外はあまり気分の良い展開ではなかったんですけどね。
最後がスカッとする終わり方になっていたので、
それほど悪くはなかったかな、という感じでした。
というか、こんなに裏の部分ばかりをピックアップして、
って感じの話だとは思ってなかったですね^^;

関連記事
アイドル稼業、はじめました!/岩関昂道(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

アイドル稼業、はじめました!/岩関昂道(著)

アイドル稼業、はじめました!/岩関昂道(著)好きになった女の子は人気若手女優。
そんな彼女に会うために芸能界に入り、立派な俳優となってプロポーズする。
そう決めた。
なのに、何故か女子アイドルグループの一員として活躍していくことになる。

こういう感じの作品も書かれるのな、
という感じだったわけですが、
今作は楽しめるだろうか。
岩関昂道さんだから買ってみたけれども、
内容にはそれほど惹かれてないのよなぁ^^;

イラスト:こうましろ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイドル稼業、はじめました! [ 岩関 昂道 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/4/15時点)



edit

暗極の星に道を問え/エドワード・スミス(著) 読了

暗極の星に道を問え/エドワード・スミス(著)続きは未定っぽい感じですね。
終わり方は完全に続きありきですけど、
決定ではないっぽい感じのあとがきで。
どのシリーズも最後まで書ききれてない感じがあるけど、
今作はどうなるのかねぇ。

個人的には前作のシリーズの方が好きだったなぁ、と思うところです。
面白くなかったわけではなく、楽しめたんですけどね。

関連記事
暗極の星に道を問え/エドワード・スミス(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

暗極の星に道を問え/エドワード・スミス(著)

暗極の星に道を問え/エドワード・スミス(著)人々の期待を背負い魔王を討ち果たした少年は
勇者として華々しく国に凱旋した。
しかし、報いるべき王家は裏切り、少年の命を奪い取る。
この日、ひとりの勇者が死んだ。
宇宙に漂う巨大な竜骸で形成された惑星。
そこに生まれ、数奇なる運命に導かれる、かつて勇者と呼ばれた少年。
復讐の刃とともに厳しく荒れ果てた地をさまよう彼の行く手に、
希望という名の光明は差すのか。

自分がそもそも楽しめるかもわからないですが
今度は最後まで書ききってほしいなぁ、と思うところです。
ていうか、前シリーズは何で終わっちゃったのかとね^^;
面白かったのになぁ。

イラスト:クレタ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗極の星に道を問え [ エドワード・スミス ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)



edit

剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著) 読了

剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著)1巻ですでにどっぷりと引き込まれてましたが、
2巻でさらに、という感じでしたねぇ。
惜しいというか、もったいないなぁ、と思ったのは、
せっかく色々な国や登場人物が出てきたのに、
もう少しその人達のことも描いてほしかった、
というところでしょうか。
まぁ、一つ一つ拾ってたらいくら時間があっても足りないでしょうけど。
でも、やっぱりもったいないなぁ、と。
魅力がありそうなキャラもいたのでね。

3巻はルスタット側になりますが、続きが楽しみでしょうがないですね。

関連記事
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著)
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著) 読了(ネタバレ注意)
剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著)

剣と炎のディアスフェルド II/佐藤ケイ(著)王となったレオームはアルキランの脅威に対抗するためディアスフェルド統一に乗り出す。
対するはずれも屈強な王と騎士たちのいる大小60の国。
戦いに次ぐ戦いの中、レオームたちの前に
最大にして最強の覇王が壁として立ちはだかる。
レオームの王としての覚悟が今、試される。

まずは分厚いなぁ、というところ。
もっと分厚いのは知ってはいますけど、500ページ超えはすごいですねぇ。
ただまぁ、待ってましたの2巻ですね。
今回はレオームのことだけを描くのかな?
アルキランという脅威を前にディアスフェルドは
どういう道を辿ることになるんだろうなぁ。
楽しみです。

イラスト:PALOW

関連記事
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著)
剣と炎のディアスフェルド/佐藤ケイ(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剣と炎のディアスフェルドII [ 佐藤 ケイ ]
価格:810円(税込、送料無料) (2017/2/12時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad