edit

行列のできる不思議な洋食店~土曜の夜はバケモノだらけ~/秋目人(著) 読了

行列のできる不思議な洋食店~土曜の夜はバケモノだらけ~/秋目人(著)バケモノはちょっとしたエッセンスな感じで料理についてがメインなのかな、
と思っていたのですが、そういうわけではなく洋食店が舞台の中心になっている
話だったようです。
それぞれの話にもちろん重要な料理は登場しますが、
バケモノたちの想いや悩みが描かれた話でしたね。
どの人たちも個性的で魅力的なバケモノたちで、
読んでいて本当に楽しかったです。

その中で中心になるのは女子大生の結。
自分のことを人間だと思っていた彼女ですが、
実はそうではなかった、
というところから物語は始まっていきます。
彼女はずっと食に対して悩みを持っていた。
その理由にも繋がる彼女の本当の種族。
結のことになる最後の話がやっぱり一番よかったですね。

あとがきを読むに続きがなくもないみたいなので、
ぜひとも続編を期待したいです。

関連記事
行列のできる不思議な洋食店~土曜の夜はバケモノだらけ~/秋目人(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

行列のできる不思議な洋食店~土曜の夜はバケモノだらけ~/秋目人(著)

行列のできる不思議な洋食店~土曜の夜はバケモノだらけ~/秋目人(著)メディアワークス文庫、10月の新刊4冊目。

空腹を満たそうと自宅を出た女子大生。
近くの商店街にひっそりと建つ洋風家庭料理店。
会員専用時間帯です、と書かれたプレートがかかっていたが、
後ろからやってきた他の客と話すうちに店に足を踏み入れる。
そこで目にしたのはバケモノだった。
怪物、幻獣、妖怪で満席の店内だった。

さてはて、どうだろうなぁ。
秋目人さんなので買ったわけですが、
それほど興味は惹かれてないところです。
どんな感じなのやら?

関連記事
ショコラの王子様/秋目人(著)
ショコラの王子様/秋目人(著) 読了(ネタバレ注意)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.