edit

桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著) 未読了

桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)やっぱり一花のキャラクターは本当に好きです。
この天然ぷりは読んでていてもすごく楽しいですし、
周りが振り回されながらも憎みきれず、
結局は彼女のペースに巻き込まれていく。
大旦那さんとのかけあいも面白いですしね。

でも、展開が早い段階で読めたし、予想通りだったわけで、
前回よりはマシかなぁ?とは感じましたけど、
あまり読み進めたくないと感じました。

それから、風花のことがもちろんのことですがちょくちょく出てくるわけで、
それが鮮明に記憶に残っているから、読んでいると思いだして辛いです。

本当に何でこんな話なのかねぇ。
登場人物はすごく好きなのに。

とりあえず未読了としましたが、同じ日に買ったのを読み終わって時間と気持ちに余裕があれば、
後でもう一度読み直そうと思ってます。

関連記事
舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)
舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著) 読了(ネタバレ注意)
桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)


桜かんざしの舞妓さん...

桜かんざしの舞妓さん...
著者:範乃秋晴
価格:680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)

桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)メディアワークス文庫、6月の新刊2冊目。

仕込みから新米舞妓になれたばかりの一花と
祇園の大旦那と呼ばれる総司の珍妙な掛け合いは
花街の名物に。
そして、一花は怪盗夜行と面識があるために、
面倒事に巻き込まれていくことになる。

まさかの続編に驚いてます。
同じような展開になるのなら、もしさらに続刊が出ても買わないでしょうね。
というか、同じような展開なら途中で読むのをやめると思います。
どうなるやら。
本当に前回の話は納得出来なかったのでね。

関連記事
舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著)
舞妓さんと怪盗大旦那/範乃秋晴(著) 読了(ネタバレ注意)


桜かんざしの舞妓さん...

桜かんざしの舞妓さん...
著者:範乃秋晴
価格:680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.