edit

神様の御用人 6/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 6/浅葉なつ(著)今回の神様は真実を知ることへの怖さを抱えていた神様たちでしたね。
でもって、東京と福岡という遠出回でもあったので、
良彦としては懐事情がなかなかに厳しいところでもありましたね^^;
東京に関しては旅費はほとんどを出してもらえていたわけですが、
福岡に関しては自腹だったのかな?
今後、行動範囲が広くなったら本当に良彦はどうするのかね^^;

東京での話の中であった大国主神と良彦のやり取りは本当に
神様と人の子という感じではなかったですよね。
毎度思う、良彦のこの神様との接し方は一体何なのでしょうね。
何でそういう接し方が出来るんだろうねぇ。

今回もよかったし、7巻も楽しみな終わり方になってましたね。

関連記事
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 6/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人 6/浅葉なつ(著)

神様の御用人 6/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、8月の新刊1冊目。

良彦と黄金、初めての東京へ。
孝太郎に連れられて行くことになるようですが、
そこで大手町の有名すぎる怨霊と出会うことに。
そして、今回は九州にも。
そこでは飛鳥時代と現代を結ぶ三女神の過去を紐解くことになる。

というわけで、今回はいつも以上にあっちへこっちへとするみたいですね。
相変わらずお金の方は支給されないのでしょうね^^;
東京には孝太郎に、九州は呼ばれて、ということだと、
良彦自身の出費はあまり多くなさそうだとは感じるけれども。
で、黄金は東京でファミレス推しだとかなんとか。
本当にこのもふもふな神様はどこへ向かっているのかw

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

神様の御用人6 [ 浅葉 なつ ]
価格:658円(税込、送料無料) (2016/8/25時点)



edit

神様の御用人 5/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 5/浅葉なつ(著)とりあえず、まず言わなければいけないことは一つ。
黄金の食い意地がよりひどくなってるw
いやもうね、神様の威厳が全く感じられんよ^^;
前回は良彦の試験を兼ねていたこともあって、
見守ってる姿にまだ神様らしさというのがあったけど、
今回ひどかったわぁw

そんな今回は有名所の神様が登場ということですが、
倭健命とエビス様は知ってるけど、
邇邇芸命は知らなかったです。
ただ、天孫っていうのは聞いたことがあるようなないようなという感じでしょうか。
大地主神は土地神なので知ってるのかっていうと、どうなのかな、
というところですかね。
けどまぁ、詳しいところはどの神様も知らなかったので、
そういう過去があったのかと驚きましたね。

というわけで、今回も楽しかったです。
穂乃香とのことも気になる感じがさらに強くなりましたし、
最後の終わり方が非常に気になりますね。
次巻ではどんな展開になるのか楽しみです。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人 5/浅葉なつ(著)

神様の御用人 5/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、12月の新刊1冊目。

本採用となった良彦は
相変わらず交通費はゼロの中で九州へ。
あの夫婦神の板挟みにあうこととなる。
穂乃香の助けを借りながら走り回ることに。
神様の恋わずらい。
相手はなんとあの超現実主義な神職。

さてはて、待ってましたの5巻ですね。
今回は孝太郎が関わってくるようで、一体どんな話になってるのか
非常に楽しみですね。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


神様の御用人...

神様の御用人...
著者:浅葉なつ
価格:615円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 4/浅葉なつ(著)前作までとは違い一柱の神様と一つの家族の話。
長編になっていることもあって、
短編になっていた前作までとはまた違った良さがありましたね。
短編の方がサクッと読める感じはありますけど、
こちらはこちらでまたよかった。
神様のことだけではなく、
良彦が御用人代理になるきっかけにも繋がってくる話だったりと、
神様の過去と人の今が繋がっていく感じがすごくよかったです。

第5巻も楽しみに待ちたいですね。
穂乃香がこれからどうするのか、というのも楽しみですねぇ。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人 4/浅葉なつ(著)

神様の御用人 4/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、6月の新刊1冊目。

毎夜、夢に現れ「忘れるな」と告げる女性。
けれど、力をそがれて記憶を失ってしまった神様は
彼女が誰だったのかがわからない。
そんな神様の過去を紐解くために良彦と黄金は和歌山へ。
そこで出会うことになるのは良彦のかつての野球仲間だった。

気になる終わり方になっていた3巻だったわけですが、
そこに繋がるのかね?
何か少し違うところにいくような気がしないでもないけど?
今回は一冊で一柱の神様の話になるのかな?
良彦にも何かが起こりそうだし、楽しみですねぇ。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


神様の御用人...

神様の御用人...
著者:浅葉なつ
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 3/浅葉なつ(著)続きものは読みやすくていいですね。
最近、読むのに時間がかかってたわけですが、
あっという間に読んでしまいました。
相変わらずな良彦と黄金のやりとりが楽しかった。

穂乃香がどのくらい関わってくるのかな、と思ってましたが、
いい距離感でしたね。
彼女の気持ちがどう変化していくのか気になるなぁ。

4巻が非常に楽しみです。
これまでの雰囲気とちょっと違う展開になりそうな感じの終わり方だったんで、
どうなるのか気になる。
本来なるはずだった御用人が登場しそうですしね。
どういう人なんだろう?

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人 3/浅葉なつ(著)

神様の御用人 3/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、11月の新刊1冊目。

相変わらず神様の使いっ走りの良彦。
今回はさらに四国遠征なんかもあったり。
そんな一方で黄金はスイーツ三昧で肥満の危機?
穂乃香の協力を得て御用人業に励む良彦にも、
神様たちのとの出会いの中で少しずつ変化が。

というわけで、2巻からが早かった3巻の登場。
前巻で穂乃香が登場したこともあって、
どう話が動くのか楽しみですね。
でもって、四国遠征はどんな話になるのでしょうかね。
今までは割りと近いところの神様ばかりでしたけど、
四国の神様はまた個性的なんでしょうかねぇ。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


神様の御...

神様の御...
著者:浅葉なつ
価格:615円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 2/浅葉なつ(著)今回、少し残念だったのは前巻の時に
メディアワークス文庫の公式サイトで書き下ろし短編として
書かれていた貧乏神の話が加筆修正ありつつも、
話の流れはそのままで入っていたことですね。
目次を見た時はてっきり、その後また何かあったのかと
新しい話を期待したんですけどね。
書き下ろし短編もしっかり読んでいるので、
出来れば違う神様の話が読みたかった、というのが正直なところです。

でも、今回も楽しかった。
良彦と黄金の相変わらずなコンビがいいね。
たまに発狂する黄金がいいわぁw
とりあえずまぁ、良彦。
神様で鼻水ふくとかすごいなw

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人 2/浅葉なつ(著)

神様の御用人 2/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、5月の新刊1冊目。

相変わらず神様の神様らしからぬ悩みのオンパレードに
頭を抱える良彦は不思議な少女に出会う。
誰にも言えない秘密を胸に秘めた彼女と、
神様の関係とは?

続きを楽しみにしていたので2巻が出て嬉しいですねぇ。
今回はどんな神様たちの悩みなのか。
不思議な少女は何者なんでしょうかね。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


神様の御用人...

神様の御用人...
著者:浅葉なつ
価格:594円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人/浅葉なつ(著)今まで読んだ浅葉なつさんの作品で一番好きだなぁ。
3冊しか読んでないですけども^^;
何がよかったって、あとがきが面白かった。
というのは冗談と言い切れないわけで、
思いっきり笑ってしまったw
でも、本編も本当に面白かった。

まだしばらく良彦の御用人として走り回る日々は続きそうですし、
続きを読みたいですねぇ。
良彦がその中で何を見つけていくのかも気になる。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神様の御用人/浅葉なつ(著)

神様の御用人/浅葉なつ(著)メディアワークス文庫、12月の新刊3冊目。

野球の道を諦め、職も失った主人公は神様に振り回されることになる。
ごくごく普通の人間が神様にできることはパシリだった。
でも、そこには確かに神様たちの願いがあった。

というわけで、間に「デュラララ!!」を挟んで戻ってきました。
本当はもう一冊別のを読んでからにしようかとも考えてたんですが、
1月の新刊までに読めるか怪しいので先にメディアワークス文庫を読んでしまおうと。
読みきれるだろうか^^;
そんなこんなで神様のパシリという話みたいですが、
一体どんな話なんだろう。

関連記事
サクラの音がきこえる/浅葉なつ(著)
サクラの音がきこえる/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
香彩七色~香りの秘密に耳を澄まして~/浅葉なつ(著)
香彩七色~香りの秘密に耳を澄まして~/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)


神様の御...

神様の御...
著者:浅葉なつ
価格:599円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad