edit

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)今回は医者としてのグレンではなく、
三人の女性と婚約したグレンとしての話になっていましたね。
その中で新たに登場したヴァンパイアのプラム。
モン娘なヴァンパイアなため、随分とイメージの違うものになっていた。
コウモリな要素がかなり強めでしたね。
さらに、メメが四苦八苦していたりも。

関連記事
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)重婚が認められたリンド・ヴルム。
三人と一気に婚約することになったグレン。
秋を迎え、モーリーが提案したのは街をあげての収穫祭。
しかし、開催には有力者の吸血鬼の了承を得る必要があり、
何故かグレンがその交渉を任されることに。

先に発表されていたので知っていましたが、まさかのアニメ化です。
見ない可能性は結構ありますね。
ただ、人気は出るのだろうかというのは気になりますが^^;

話の方は今度は吸血鬼が登場するみたいですが、
それよりもグレンの婚約相手は三人ですむのかな?
すでに四人目の候補者は宣言してるし、五人目もちらほらと見えてるし。
今回の話の中でそちらの方にも変化があるのだろうか。

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著) 読了




edit

モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)今回は新たなモン娘は登場せず、
大きな区切りとなる事件の話。

関連記事
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)グレンが結婚相手を探しているという噂が流れたリンドヴルム。
正妻候補のサーフェを出し抜こうとする女性がグレンに迫る中、
水路街に毒が撒かれる未曾有の事件が発生する。
危機にさらされる街に容疑者の一人であるグレンの兄ソーエンが
やってきて事件はさらに混乱を極めていく。
被害者の対応と事件解決に奔走していたグレンが診療所に戻ると
サーフェが置き手紙を残して消えていた。

事件の真相と、サーフェの思惑は一体何なのでしょうね。
ソーエンがどちらも黒幕なのかな?

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了




edit

モンスター娘ハンター ~すべてのモン娘はぼくの嫁!~/折口良乃(著) 読了

モンスター娘ハンター ~すべてのモン娘はぼくの嫁!~/折口良乃(著)「モンスター娘のお医者さん」の方が好みではありましたが、
こちらはこちらで楽しめました。

関連記事
モンスター娘ハンター ~すべてのモン娘はぼくの嫁!~/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘ハンター ~すべてのモン娘はぼくの嫁!~/折口良乃(著)

モンスター娘ハンター ~すべてのモン娘はぼくの嫁!~/折口良乃(著)亜人が住む領域に囲まれ、
日々存在が脅かされる魔導国。
近頃その各地に、謎のハンターが出没していた。
風のように現れては亜人絡みの事件を速やかに解決し、
事件の中心にいるモンスターの娘に求婚して回っているらしい。
その正体は大のモン娘好きな魔導国の末っ子王子だった。
国王から密かに与えられた王命のため、全てのモン娘を娶りきる。

ダッシュエックス文庫の「モンスター娘のお医者さん」に続いてのモン娘な話。
そちらはいい話で楽しませてもらってますから、いいんですけども。
本作はさらに買いにくかったなぁ^^;
帯が余計にそう思わせるよね。
とは言いつつ、普通に買うのは買うんですけどね。
さてはて、どんな感じだろうなぁ。

イラスト:W18



edit

モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)今回も楽しかった。
アラーニャが可愛かった。

関連記事
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)病に冒されたグレンの妹が家出同然に出奔。
リンドヴルムの花街に潜伏していると聞き、
議会のナンバー2に協力を仰ぐも、
彼女の過激な診察の要求にグレンの貞操が危機に。
そんな中、原因不明の眠り病が蔓延。
サーフェまでも眠ってしまうことに。

さてはて、グレンの家族が登場するということで、
どんな妹なのか楽しみですね。
でもって、色々といつも以上に大変そうですね^^;

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了




edit

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)今回は新しい人はほぼ登場せずで、
これまでの人たちとのやり取りをしつつ、
ドッペルゲンガーの噂を調べていくことに。

スカディのはっちゃけっぷりがよかった。
これが本来の彼女の姿なんでしょうけど、
周りとしてはもう少し落ち着いてほしいだろうね^^;

今日から連載が始まった月刊COMICリュウでのコミカライズ作品。
漫画は鉄巻とーますさん。
無料で読めるみたいなのでよかった。
始まったばかりですし、とりあえずは様子見かな。

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)働き詰めなグレンをサーフェが半強制敵に中央病院に入院させた。
そこでクトゥリフから聞かされたのはスカディの心臓に巣食っていた腫瘍が
病院からなくなったということだった。
そんな中、街ではドッペルゲンガーが噂となっていた。

というわけで、楽しみにしていた4巻ですね。
ドッペルゲンガーと逃げた腫瘍に繋がりはあるのでしょうかね。

コミカライズ作品の連載もスタートするわけですが、
WEB連載っていうのは無料で読める形なのかな?
単行本はとりあえず買ってみようかと考えてましたが、
そういう形なら読んでから判断出来ていいけど、
どうなんだろう?

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)今回はスカディが中心になっていたので、
他の子たちの話が今までよりは少し薄めに感じたかなぁ。
でも、楽しかったですけどね。
サーフェ目線での女子会なんかもあったりして、
それがまたよかったですね。
これまで忙しさからちゃんとは出てきていなかったクトゥリフも
ガッツリ登場。
で、サーフェがイライラしてましたねw

4巻に続く展開で終わっているので続きが楽しみですね。
代表のスカディをってなったら終わっちゃうのかと少し不安に思っていたので、
安心しました。

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 3/折口良乃(著)変わらぬ日々を過ごしていたグレン。
そんなある日、メロウ水路街の記念式典でスカディが倒れる事件が発生。
原因不明の腫瘍が心臓にできており、
一刻を争う状況だがその切除は困難を極める。
グレンは手術用の特別な道具をサイクロプス族の卑屈少女に依頼。
さらには意外な人物を新たな外科医として抜擢。
かくして、リンドヴルムを揺るがす世紀の大手術が始まる。

コミカライズの話も進んでるらしいけど、
どこで掲載されるんだろう?
集英社だけどスクエア含め、ジャンプ系って感じではないよなぁ。
別の出版社とかなんかな?

今回はスカディが倒れるということで、何があったのか。
楽しみですね。

イラスト:Zトン

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)全体的に前巻よりも控えめな感じになってた気がするかな。
奴隷商とかでてきたりもしたので、問題が大きくなってましたからね。
それに比べると今回は全体的にまったりとした感じで。
それぞれの気持ちを細かい変化を拾っていった、
という感じだったのでしょうかね。

というわけで、出張診療でハーピーの里に向かったグレンたち。
ティサリアの従者の二人。
奴隷商に捕まっていたハーピーの少女。
サーフェの友人のアラクネ。
そして、巨神のギガス。
今回はそんな彼女たちの診察をすることに。

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)
モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)

モンスター娘のお医者さん 2/折口良乃(著)医師グレンと助手のサーフェは出張診療で
山奥のハーピーの里へ。
馬車を曳くのはティサリア。
道中では巨大な地震でティサリアの従者が捻挫してしまったり、
たどり着いた里では、先日助けたハーピーに手荒く歓迎されたり、
サーフェの旧友に誘惑されたりと、診察以外でも大忙し。
そんな中、巨大な地震の原因があるモンスター娘の仕業だと判明して。

というわけで、半年で続刊が出るとは。
今回も色々とあるようで楽しみたいと思います。

いつもならメディアワークス文庫を先に読むんですけど、
それほど興味が惹かれてないのでこちらから先に読むことにしました。

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスター娘のお医者さん 2 [ 折口 良乃 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)



edit

モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)「モンスター娘のいる日常」のオカヤドさんが推薦文を書いていたりしていますが、
あとがきでこの作品を執筆中はほとんど「モンスター娘のいる日常」とともにあったとも。
でまぁ、影響を受けてるのか、ラミアのサーフェとケンタウロスのティサリアの仲が悪かったですね。
仲が悪いといっても、それもまたいい関係なんですけどね。
元々、仲の悪い種族同士というものだったりするのかもしれないけど、
その辺りは知らないのでどうともいえないけども。
どっぷりはまってた中で同じようにとなると、やっぱり影響受けてますよね?

というわけで、メディアワークス文庫の作品とは随分と印象の違う作品になっていたなぁ。
読みやすくて楽しんで読めましたけどね。

関連記事
モンスター娘のお医者さん/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.