edit

女怪人さんは通い妻 2/折口良乃

女怪人さんは通い妻 2/折口良乃前回はナディブラがグイグイ来ていたこともあって怪人要素が強めでしたが、今回はヒーローとして活動する陽川のことが描かれていたりもして少し弱めだったかな。

新たに登場した女怪人は幹部の1人である電子生命体のアルイア。
怪人とはいうものの、現状は人間の体を借りている状態だったということも怪人要素が弱かった理由ですね。
元々実体を持っていない存在ではありますけども。

そんなアルイアは人間の八潮アイとしてリクトーの新入社員に。
修佑の後輩となった。
しかも、彼女自身であるアルイアの捜索チームに参加する。
捜索チームのことは結果的にそうなったということであって、リクトーに入社した理由は事故で意識を失ったままの八潮アイの蘇生を行うため。
本来であれば自分の能力で情報を集めるところだが、前回のナディブラの失踪をアルイアが動いたことにしたため、彼女の捜索が始まってしまい思うように動けなくなってしまったから。

八潮アイはアルイアと共存する道を選びましたが、アルイアとしての振る舞いのほうが強く出ている感じがするのは大丈夫なのだろうか。
負担はあるから大丈夫だとは言えないのでしょうけど。
分離した場合はアルイアの姿はどういう感じになるのだろう。
ヒーローショーのような姿は嫌だと言っていましたけど。

ナディブラは価値観の違いを理解したことで、嫉妬でおかしくなっていますね。
可愛らしかったけど、今回はアルイアが中心だったため出番が少なくて残念でした。
ミズクとしては不安定な状態はあまり良くないとも考えていますが、修佑が無事な限りは不安定とはいえ安定しているでしょうね。
その修佑に危害が加わったときが怖いですけど。

そして、雨澤としてリクトーに入り込んでいたイデア側の怪人。
ミズクが教えていましたが、どのタイミングで気付いたのだろう。
イデアは覚醒が近づいているようですが、覚醒が近づくと人間体の部分が成長するらしい。
けど、まだ起きるときではなかったようで再び眠りに。
ナディブラを探しているわけですが、情報をとられたことでかなり近づいてきているでしょうね。
修佑の情報も併せてとられただろうし、どうなるのか。

ジャオロンはイデアを覚醒させて何をしたいのだろうか。

やっぱりという感じでしたが、アルイアが調べたことで明らかになったリクトーの技術の秘密。
あまりに都合が良すぎる技術だと思っていましたが、また別の次元の技術が持ち込まれているらしい。
陽川はそのことを理解してヒーロー活動をしているのだろうか。
リクトーの真意というのもまた別にありそうですしね。
それに対して陽川はどういうスタンスを取るのだろう。

1巻が出た時は続きはどうだろうと思っていましたけど、3巻も出るような感じなので楽しみです。

イラスト:Zトン

関連記事
女怪人さんは通い妻(小説)


Amazon / Kindle / 楽天ブックス / 楽天Kobo
edit

女怪人さんは通い妻/折口良乃

女怪人さんは通い妻/折口良乃購入した時は勝手に妖怪的なものかな、と思っていた気がします。
世界を支配するためにやってきた悪の組織の怪人だったんですね。

そんな悪の組織はヒーローによって壊滅させられ、幹部であったナディブラは怪人が人間社会に馴染めるように対応する部署で働く修佑を新妻さながらに出迎えていた。

ナディブラの愛情表現のそれは人間とは違っていて、
深海生物の特性を持っているため愛する人と同化することを望んでいた。
修佑はもちろんそれを望むわけもなく、伝えようとするがなかなか伝わらない。
そんな中で1人の人間として認めてもらうきっかけはふとしたことだった。

互いの考え方が全く違っていたことに気付いたとはいえ、ナディブラは何をきっかけにこれほどまでに修佑に執着するようになったんだろう。
修佑はナディブラに限らず怪人に慕われていますけども。

これだけつくされれば悪い気はしないのは必然だろうな、と思う。
それがどんな人であれ。
人ではないけども。

ただ栄養袋をつけられた時は驚いたなぁ。
さすがにそれは怖いですよね。
体が変えられているわけだから、同化がよぎるものだっただろうし。

悪の組織を壊滅させられるような技術力を持っていた玩具メーカーだったわけですけど、どう考えても都合が良すぎるわけでね。
未来を予知していたとも考えられるし、悪い考え方をすれば自作自演だったんじゃないかとも。
その辺りも続いていけば明かされるのかな。

一方で攻めてきた悪の組織は壊滅的な状況ながらも首領は逃げたまま。
幹部の1人が世話役としてついているようですけど、いつ何が起こってもおかしくない状況なのかな。
そもそもミズクたちの話によるとナディブラが首領であるイデアのために作った組織らしい。
何でそんなものを作らなければいけなかったんだろう。
イデアの存在は明らかに異質ではあるようですけど。
そのイデアはナディブラを信頼しきっている感じですが、ナディブラの方は組織はもう必要ないと考えていたりするわけで。
恥ずかしさから八つ当たりしていたくらいですからね。
ナディブラとイデアの間にどういう過去があったのだろう。

色々と明かされていない部分はありますが、続くのだろうか。

イラスト:Zトン

Amazon / Kindle / 楽天ブックス / 楽天Kobo

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.