edit

アンティーク贋作堂~想い出は偽物の中に~/大平しおり(著) 読了

アンティーク贋作堂~想い出は偽物の中に~/大平しおり(著)もう大平しおりさんの作品は読まないですね。

贋作に焦点が当たってるのは面白いと思うのですが、
それの描き方が中途半端だった、としか言いようがないです。
もう一つの兄妹の話の方も中途半端に感じました。
何がしたいのかと全体的にぼやけていた、
と風に感じてしまいました。

一つ一つの話をもう少しコンパクトにまとめたらよかったのに。
贋作云々の話が全く印象に残らないほどに、
他のことをゴタゴタとしていた気がします。
それも兄妹のこと、というのならいいんですけど、
なんかそれも違うんですよね。

本当に全てにおいて中途半端だった、という作品だったと思います。

関連記事
アンティーク贋作堂~想い出は偽物の中に~/大平しおり(著)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アンティーク贋作堂 ~想い出は偽物の中に~ [ 大平しおり ]
価格:680円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)



edit

アンティーク贋作堂~想い出は偽物の中に~/大平しおり(著)

アンティーク贋作堂~想い出は偽物の中に~/大平しおり(著)メディアワークス文庫、7月の新刊3冊目。

情緒溢れる古都金沢の街で本当の心が見つかるというお店が。
贋作しか取り扱わないアンティークショップには訳ありなものばかりが集まる。
そして、店を訪れた客のため、贋作に隠された真実の物語を解き明かしていく。
そんな店主の兄を手伝うことになった妹。
十年以上も音信不通で、兄の気持ちがわからなかった妹は
贋作と向きあう中で兄の本当の気持ちに気づいていくことに。

二作読んでどうなんだろうなぁ、とは思っていた作家さんですが、
とりあえず、もう一作読んでみることにしました。
これが楽しめなければもう買わないかな。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アンティーク贋作堂 ~想い出は偽物の中に~ [ 大平しおり ]
価格:680円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)



edit

七十年の約束~届く宛てのない手紙~/大平しおり(著) 読了

七十年の約束~届く宛てのない手紙~/大平しおり(著)話自体は好きな感じもあったので読むことにしたわけで、
実際終わりよければということで言えばよかったと思うのですが、
読みにくかったなぁ、というところです。
戦時中というだけで話が込み入ってくるのに、
そこにあれやこれやと色々と盛り込み過ぎだと感じました。
もう少しシンプルでもよかったんじゃないかなぁ、と。
まぁ、最後はよかったと思えたのは思えたわけですけど、
もうこの人の作品は読まないかなぁ。
よっぽど気になるあらすじだったら手に取るかもしれないけど。

関連記事
七十年の約束~届く宛てのない手紙~/大平しおり(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

七十年の約束~届く宛てのない手紙~/大平しおり(著)

七十年の約束~届く宛てのない手紙~/大平しおり(著)メディアワークス文庫、3月の新刊5冊目。

病床の祖父から託された一通の手紙。
それは祖母ではない女性へと宛てた67年前に書かれたものだった。
愛人でも恋人でもないというその女性に興味をもち、
自分の仕事の伝手をたどって孫の女性と会うことに。
そんな二人が在りし日の祖父たちの想いを探っていく。
その先にあるのは意外な事実だった。

大平さんの前作を読みましたが、
微妙だったわけで、今作はとりあえず、というところですね。
これも微妙ならもう読まないでしょうねぇ。

関連記事
土方美月の館内日誌 ~失せ物捜しは博物館で~/大平しおり(著)
土方美月の館内日誌 ~失せ物捜しは博物館で~/大平しおり(著) 読了(ネタバレ注意)


七十年の...

七十年の...
著者:大平しおり
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.