edit

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著) 読了

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)久しぶりの古典部シリーズだったわけですが、変わらず楽しめました。

里志からの相談。
奉太郎が中学の卒業制作でしたことの信じるを探る摩耶花。
アニメ化されている「連峰は晴れているか」。
漫研のゴタゴタの中での摩耶花の決断。
調子が良い奉太郎が話した自分のモットーのきっかけとなった出来事。
様子のおかしいえるが抱えていた問題。

という感じの6つの話があったわけですが、
摩耶花の話が二つあったのが意外な感じでした。
特に漫研の方はそんなことになっていたのかという感じでしたね。

関連記事
氷菓/米澤穂信(著)
氷菓/米澤穂信(著) 読了
愚者のエンドロール/米澤穂信(著)
愚者のエンドロール/米澤穂信(著) 読了
クドリャフカの順番/米澤穂信(著)
クドリャフカの順番/米澤穂信(著) 読了
遠まわりする雛/米澤穂信(著)
遠まわりする雛/米澤穂信(著) 読了
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著)
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著) 読了
いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)シリーズ第6弾となる短編集。
謎解きを通し、古典部メンバーの新たな一面に出会っていく。

楽しみにしていた新作の文庫化。
いつ振りかと思ったら、「ふたりの距離の概算」を読んだのが7年前。
単行本で買おうかどうかと迷ってもいたんですけど、
結局のところ文庫を待ちました。
どんな話になっているのか楽しみですねぇ。

関連記事
氷菓/米澤穂信(著)
氷菓/米澤穂信(著) 読了
愚者のエンドロール/米澤穂信(著)
愚者のエンドロール/米澤穂信(著) 読了
クドリャフカの順番/米澤穂信(著)
クドリャフカの順番/米澤穂信(著) 読了
遠まわりする雛/米澤穂信(著)
遠まわりする雛/米澤穂信(著) 読了
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著)
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著) 読了


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いまさら翼といわれても (角川文庫) [ 米澤 穂信 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2019/6/14時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.