edit

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)デビュー作の「C.S.T.」とは随分と違った雰囲気の作品になっていましたが、
こちらも楽しんで読むことが出来ました。
読みやすさでいうとこちらのほうが読みやすかったんじゃないですかね。

京都を舞台に食で繋がる物語。
お弁当という出来たてのものではなく、
冷たくなってしまうもの、作ってくれた人がそばにいないことの多いもの、
という、特殊な食だからこそ盛り込まれるたくさん想い。
それが人を繋いでいく。

美人な店主のもとで働く、行き倒れていたところを助けられた大学生のアルバイト店員が、
料理を学びながら色々な人たちとの出会いをし成長していく。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)メディアワークス文庫、7月の新刊1冊目。

お見合いがライフワークな美人の店主が営む仕出しと弁当屋。
美味しいお弁当はとても人気。
バイトと一緒に毎日大忙し。
美味しく心温まる人情ドラマ。

というわけで、「C.S.T.」の十三湊さんの新作。
随分と雰囲気の違う感じになってますよね。
どうなるやら、楽しみですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ [ 十三湊 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.