edit

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著) 読了

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)小説を読むのが随分と空いたわけですが、内容がよかったのはありましたけど、
小説を読みたいという気持ちが前向きにあったので、
読んでいて本当に楽しかったです。
結果的にいい休息期間になっていたみたいです。

内容は筆耕士というあまり聞き慣れない仕事をする人たちの話。
スマートフォンやパソコンでの文字のやり取りがほとんどになっていることもありますが、
手書きの文字の特別感、というのが伝わってきました。

関連記事
かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)メディアワークス文庫、9月の新刊1冊目。

卒業証書や招待状の宛名などを毛筆で書く仕事である筆耕士。
内気で真面目な彼女は憧れの先生から請け負った数々の仕事を
丁寧にこなしていく中で、文字にまつわる不思議な謎にしばしば遭遇することに。

どういう順番で読もうかと考えましたが、
新しいものからにしました。

というわけで、十三湊さんの新作ですが、
これまでと違った雰囲気がありそうで楽しみです。



edit

ちどり亭にようこそ 4 ~彗星の夜と幸福な日~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ 4 ~彗星の夜と幸福な日~/十三湊(著)これで終わりとなるようなので、非常に寂しい。
最後まで本当に楽しかった。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著) 読了
ちどり亭にようこそ 4 ~彗星の夜と幸福な日~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ 4 ~彗星の夜と幸福な日~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ 4 ~彗星の夜と幸福な日~/十三湊(著)メディアワークス文庫、11月の新刊2冊目。

花柚と総一郎の結婚式まで、あと数ヶ月。
平穏な日々が続くかと思われたある冬の日、
総一郎の祖母である咲子がちどり亭に。
彗太にちどり亭を継ぐだけの力があるか確認し、
その力がないと判断すれば、花柚に店をやめさせる。
責任重大となった彗太の一週間が始まる。

前回はなかなかにわちゃわちゃしていましたが、
今回は彗太の試練が中心になるようなので、
前回のような賑やかさはなさそうかな?
総一郎の祖母に彗太は認めさせることが出来るのか。
楽しみですね。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著) 読了




edit

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん/十三湊(著) 読了

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん/十三湊(著)表紙がちょっとというところがありましたが、
読んでみたら悪くはなかったです。

関連記事
成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん/十三湊(著)

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん/十三湊(著)メディアワークス文庫、10月の新刊3冊目。

長年勤めた会社を退職。
そんな彼女に祖父が倒れたという連絡が。
精進料理屋の実家に戻った彼女は
イケメン僧侶になった幼馴染の兄弟と再会。
寺と食堂を巡る騒動に巻き込まれていくことに。

というわけで、残っていた先月の分です。
「ちどり亭」の方が読みたい、という気持ちがあるんですけどね。
表紙からしてそこまで惹かれないところがありまして。
楽しめるだろうか。



edit

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)終わりなのか続くのか判断しかねる最後だなぁ。
まだ続いてほしいけど、どうなるだろう。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ 3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~/十三湊(著)メディアワークス文庫、1月の新刊2冊目。

結婚に伴ってお店を畳まなければならなくなるが、
彗太が継ぎたいと申し出たことで、大学卒業までの二年間は続くことに。
けれど、花柚の祖父はオーナーも店主も辞めるよう言われてしまう。
ちどり亭、存続の危機に救世主は現れるのか。

というわけで、出てほしいと思っていた3巻が出てくれてよかった。
ちどり亭はどうなるんだろう。
二人の想いをそもそも両家が納得するのかというところもありますけど。
上手くは進まなそうな感じだけど、どういう形になるんだろうなぁ。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)ぜひ、3巻に続いてほしいですね。
今回もよかったです。

ある程度、進むべき道が見えてきて区切りっぽくなってはいましたけどね。
それでもまだ続けられると思うので、
もう1冊は出してほしいところです。
どういう結果になるんだろうか、
っていう大きいところが残ってはいますしね。
楽しみにしたいです。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)
ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ 2 ~夏の終わりのおくりもの~/十三湊(著)メディアワークス文庫、4月の新刊1冊目。

小学生以来に風邪を引いて寝込んでしまった花柚。
彼女がピンチヒッターとして頼んだのは西陣で人気店を営む
松園というおじいさん。
彼もまたひときわ美味しい料理を生み出す、個性的な人だった。

続きが出るといいなぁ、と思っていたので
うれしいですね。
今回はどういう話になってるのか楽しみです。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちどり亭にようこそ2 ~夏の終わりのおくりもの~ [ 十三 湊 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)



edit

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著) 読了

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)デビュー作の「C.S.T.」とは随分と違った雰囲気の作品になっていましたが、
こちらも楽しんで読むことが出来ました。
読みやすさでいうとこちらのほうが読みやすかったんじゃないですかね。

京都を舞台に食で繋がる物語。
お弁当という出来たてのものではなく、
冷たくなってしまうもの、作ってくれた人がそばにいないことの多いもの、
という、特殊な食だからこそ盛り込まれるたくさん想い。
それが人を繋いでいく。

美人な店主のもとで働く、行き倒れていたところを助けられた大学生のアルバイト店員が、
料理を学びながら色々な人たちとの出会いをし成長していく。

関連記事
ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)

ちどり亭にようこそ~京都の小さなお弁当屋さん~/十三湊(著)メディアワークス文庫、7月の新刊1冊目。

お見合いがライフワークな美人の店主が営む仕出しと弁当屋。
美味しいお弁当はとても人気。
バイトと一緒に毎日大忙し。
美味しく心温まる人情ドラマ。

というわけで、「C.S.T.」の十三湊さんの新作。
随分と雰囲気の違う感じになってますよね。
どうなるやら、楽しみですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ [ 十三湊 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.