edit

八雲さんは餌づけがしたい。 4巻

八雲さんは餌づけがしたい。(4)/里見U(著)ヤングガンガンにて連載中の里見Uさんの「八雲さんは餌づけがしたい。」第4巻。

第22膳「夏の予感」
二人で雨宿り。
八雲さんが無防備だねぇ^^;
相合傘で帰ることになるわけですが、
並んだ二人が微笑ましいですね。

第23膳「漢大和、悶々とする。」
停電からのむにゅっとしたさわり心地。
あれは何なのか。
やっぱり胸なのか。
と悶々とする大和。
雑念たっぷりだけども、それが変に野球の方にも力を与えていたり^^;
でまぁ、結局はダイエットが進んでいない結果のお腹だったというね。

第24膳「大和クン研究レポート」
大和の反応で料理をどう思ってるのかが少しずつわかってきた八雲さん。
そんな中で見せた見たことのない大和の反応。
というわけで、なにかあるのだろうとアンケートの手紙を手渡すことに。
料理を作るタイミングがあるから手渡しじゃ遅いというのはわかるけど、
手紙という形だったんだし、メール以外の方法で伝えてほしかったなぁ、と
少し思ったりも。

第25膳「幸せのクローバー」
八雲さんとさくらのデート。
新しいエプロンをもらったりもして、兄妹揃って本当に慕ってますね。
妹の胃袋もガッチリ掴んだようだしw
八雲さんもさくらのことがかわいくてしょうがないようですしね。

第26膳「夏の甲子園予選、開幕!!」
様々なゲン担ぎの料理。
ダジャレも混じってはいたけれども、そんな八雲さんの
想いにくすっとしながらも力はしっかりともらう大和。
気合十分で試合へ。

第27膳「祝☆ホームラン賞!」
ホームランで注目を集めることになった大和。
そんな大和のお祝いを、ということでリクエストを聞いたわけですが、
たこ焼きを食べたい。
それも無限に。
というわけで、延々と八雲さんはたこ焼きを焼き続けることにw
まぁ、たこ焼きだけで食べてもお腹はそんなに膨れんわな^^;
八雲さんも後にはまったようで、ウインナーでもいける、ということでしたけど、
他にも色々と一人で楽しんでるんだろうかね。
たこ焼き器でたこ焼き以外にも色々と出来るみたいですしね。

第28膳「白球の行方」
決勝。
相手投手は要注意人物。
これまで気にしなかった大和がルイに情報を頼むほどに。
そして、八雲さんからも力を改めてもらった。
が、結果は延長の末の敗北。
最後のバッターは大和だった。

おまけマンガ ルイのドッキリお宅訪問
それは引くわぁ^^;
冗談抜きでまじでドン引きだわ^^;

関連記事
八雲さんは餌づけがしたい。 1巻
八雲さんは餌づけがしたい。 2巻
八雲さんは餌づけがしたい。 3巻




edit

八雲さんは餌づけがしたい。 3巻

八雲さんは餌づけがしたい。(3)/里見U(著)ヤングガンガンにて連載中の里見Uさんの「八雲さんは餌づけがしたい。」第3巻。

第15膳「大和さくらも餌づけがしたい。」
大和の妹のさくらが大和を心配してやってきた。
というわけで、さくらと一緒に大和のご飯を作ったり。
さくらは大和の気持ちに気づいたり、八雲さんを気に入ったり。
エプロンをもらって嬉しそうにしたり、
八雲さんはサイズがちゃんと合うエプロンを作ろうかと考えたりも。
作ったのかなぁ?
今度来たときに渡すのか楽しみですね。

第16膳「お殿様がやって来た!?」
大和のお母さんから桐の箱に入ったお肉が届く。
高級なお肉の圧にビビる八雲さんw
普段とは違う神経を使ってどっと疲れたわけですが、美味しさにうっとり。
ただ、大和はご飯があまり進まず、残っていた油とにんにくでチャーハンに。
美味しいお肉の油をたっぷりと使ってるから絶対美味しいでしょうね。
どんなお母さんなんだろうかなぁ。

第17膳「大和の苦難」
監督のお気に入りになった大和はしごき抜かれる毎日。
若干腐りそうになりながらも、帰ったら待っているご飯が力になってるみたいですね。
疲れきった大和は八雲さんに抱きかかえられて眠ったりも。
目を覚ました後どういう反応したのか気になりますね。

第18膳「ルイの恋愛道」
二人の間に子供ができている夢を見たルイ。
大人な女性になるために買い物。
が、その帰り道にナンパされることに。
怖いけれども、声がでない。
そこを大和に助けられる。
随分と格好は変わっていたわけですが、大和はすぐに気づいて助けた。
それだけでルイは嬉しかった。
今度はどんなアプローチをするのかな?

第19膳「あなたはドッチ派?」
ホワイトシチューをカレーのように。
八雲さんの家ではそれが普通のことだったわけですが、
旦那さんも大和のところもそうじゃなく、
旦那さんが初めて食べたときの反応の意味を大和で知ることになる。
旦那さんとの思い出に笑顔を見せる八雲さんが可愛かったですね。

第20膳「リミット・ブレイク!!」
大和との食事で感覚が狂った結果、限界突破w
そのままズルズルといくのはよろしくないでしょうから、
危ういと思ってダイエットを試みるのはいいのでしょうね。
ただまぁ、そんなに気にしなくても大丈夫そうな気もしますけどね。
ていうか、無防備過ぎて大和を困らせるほうを気にしたほうがいいと思う^^;

第21膳「胸騒ぎの夜」
大和がいるタイミングで酔っ払った由梨がやってきた。
色々と聞いたり、大和は変なところを見てしまったりも。
でも、お酒が少し入ったいつもと違う八雲さんを見たりも。
その中で出てきたのは旦那さんのこと。
ただまぁ、由梨は八雲さんのことをよろしくと頼んだりも。

おまけの4コマ 女子大生編
今回は八雲さんが女子大生だった頃の話。
というわけで、このおまけはすごく嬉しいですねぇ。
旦那さんに気付く部分であったりも描かれてましたね。

関連記事
八雲さんは餌づけがしたい。 1巻
八雲さんは餌づけがしたい。 2巻


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八雲さんは餌づけがしたい。(3) [ 里見U ]
価格:606円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)



edit

八雲さんは餌づけがしたい。 2巻

八雲さんは餌づけがしたい。(2)/里見U(著)ヤングガンガンにて連載中の里見Uさんの「八雲さんは餌づけがしたい。」第2巻。

第8膳「至高のおかず」
おぼんが小さかったために熱々の料理の汁が手に。
結果、おかずが全滅する、という事態になった八雲さん。
そんな中、大和が頼んだのはツナ缶だった。
というわけで、まさかのおかわりまでの最速記録を達成。
自分が作ってきたおかずはなんだったのか、とさらに落ち込むことに。
でも、最後にだめになってしまった料理も今度食べさせて下さい、と。
大和のフォローがばっちりでしたねぇ。
で、八雲さんの方はしばらくツナ缶にハマることにw

第9膳「俺ができる事」
イレギュラーバウンドで目元を怪我した大和。
そんな自分を心配する八雲さんに野球は怪我は少ない方ですよ、と説明したりするわけですが、
その流れで痛いけど死ぬわけではない、と言おうとして思いとどまることに。
悲しんでいる姿を見たことがなく、いつも明るけれど若くして旦那さんを亡くした。
自分は気にしすぎなんだろうか、と考えたり。
でもやっぱり悲しんでる姿は見たくない、と。
自分にできることはなんだろうかと考える。
本当にいい子に餌付けしたもんだねぇ。

第10膳「恐怖のG」
お風呂上がりに八雲さんを襲うG。
というわけで、大和にSOS。
頼もしい姿にすっかり助かったわけですが、あまりの薄着に大和が戸惑ったりも。
そりゃねぇ^^;
で、夜食を食べながら大和の妹の話を聞くことに。
きょうだいがいなかった八雲さんは楽しそうでしたねぇ。
そんなこんなで高校球児を餌付けする立場だけれども、
そんな高校球児が頼れるお兄ちゃんみたいな感じにも。

第11膳「野球場へ行こう」
八雲さん、初めての野球場へ。
大和に誘われて来たもののどうしていいか迷っていたら、ルイがいて助けられたりも。
でまぁ、並んで座る二人を見つけて大和は何で、と思ったり。
そして、試合は大和の学校が勝ち進むことに。
試合終了後に会えないのかな?と思っていた八雲さんは偶然大和と遭遇。
お弁当を用意していたわけですが、父母会から出てると知って帰ろうとする。
でも、お腹はすいてると聞いて無駄にならず。
さらにはチームメイトがやってきて高校生男子をたくさん餌付けすることに。
大和としては一人占めしたかったのでしょうけどね^^;
八雲さんは若い子たちの元気に元気をもらった感じに。
が、そこは年齢差はしっかりとあるようで、疲れて居眠り。
結果、大和の晩御飯は作れずw

第12膳「八雲さんのご褒美ご飯」
というわけで、出来なかったお祝いを気合いを入れて作ることに。
お祝い事ということでアルバムを見て手巻き寿司にすることに。
旦那さんの写真を見ても懐かしさはあっても、ガッツリ悲しみが来ないのは
やっぱり大和がいるのが大きいのだろうねぇ。
そんなこんなで手巻き寿司でお祝い。
たっぷり料理したものの二人で食べきっちゃったようで、
準備を含めて八雲さんは満足の一日に。
が、大和の方は眠っていたらまたお腹がすいたみたいですねw

第13膳「レッツ エンジョイ イングリッシュ!」
野球だけじゃなく勉強もおろそかにしたくない、という大和。
でも、英語だけはどうにも、ということで、
それを聞いた八雲さんが教えてあげようか、ということに。
というわけで、やらかす八雲さん。
完璧にコスプレだわなw
でもまぁ、大和は眠くならずに勉強できたみたいですね。
ただし、集中も出来なかったけれどもねw
でも、勉強の成果、というか八雲さんの言葉にのせられて、成績は上がったようでよかったですね。

第14膳「大和の恩返し」
風邪を引いた八雲さん。
晩御飯を作れないという連絡をもらった大和はお見舞いに。
寂しさを感じていたタイミングでの大和に嬉しかったりも。
で、おかゆを作ってもらって食事もとれて安心して眠ることに。
そんな八雲さんの寝言と姿に大和は何を思ったのかな。
明るい姿ばかりを見てきた中でのふとした涙。
でも、自分に出来ることはないかと思っていた中で、
八雲さんのために何か出来た、というのはよかったのでしょうね。

第0.5膳 番外編「二人の出会い、それから」
食べに来なさい、と言ったものの、落ち着いて考えてみたら何を言ってるのか、
となった八雲さんの一日。
旦那さんに言い訳をしながらもバタバタとする久しぶりの一日に充実を感じたり。
そして、始まる餌付けの日々。

おまけの4コママンガでは大和の知らない八雲さんの生活だったり、
ルイやリツコの日常。
それから八雲さんの友達の由梨についてだったりも。
出番ほしかったようでw
で、八雲さんは前髪を自分で切って切りすぎた、なんてこともあったんですねw

ちなみにポストカードが入ってましたけど、特典の対象店舗ではなかったはずなんだけど、
それとは別で入ってるものだったんかな?

関連記事
八雲さんは餌づけがしたい。 1巻


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八雲さんは餌づけがしたい。(2) [ 里見U ]
価格:606円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)



edit

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻

八雲さんは餌づけがしたい。(1)/里見U(著)ヤングガンガンにて連載中の里見Uさんの「八雲さんは餌づけがしたい。」第1巻。

「兄の嫁と暮らしています。」と一緒で読み切り版の時から気に入っていた作品だったので、
単行本を購入しました。
カバー裏の取材記が面白かった。
何でカメラとスマートフォンが壊れたのかw

というわけで、28歳の未亡人と16歳の高校球児の夜ご飯のお話。
ハッキリ言おう。
こんな美人の未亡人に毎晩ご飯を作ってもらってたら、
惚れない方がおかしい。
綺麗でもあり、可愛くもありな八雲さんは反則だと思います。

第1膳「八雲さんは餌づけをしたい。」
旦那さんが亡くなり、大好きだった料理も億劫になっていた八雲さん。
そんな彼女が出会うことになるのが野球部の特待生として近くの高校に入学した高校球児だった。
隣の部屋なのに挨拶もしたことがなかった。
いつもの癖で間違えてご飯を炊きすぎてしまったから、と
おにぎりを作って持っていくとその場であっという間に食べてしまった。
そんな姿に八雲さんは元気をもらい、
ガツガツとご飯を食べる大和に料理を作る楽しさを取り戻すことに。
回想での八雲さんと大和のご飯を用意している今の八雲さんでは明らかに違いますからねぇ。
大和は大和で八雲さんの料理に元気をもらうことにも。

第2膳「八雲さん、炊飯器を買う。」
今の炊飯器がボロボロ。
限界炊きでも大和にとっては物足りない。
しかも、監督からもっと食えとノルマも出される。
というわけで、八雲さんは大和のために新しい炊飯器を買うことに。
店員さんに勧められるままに最新型を購入。
予算をオーバーしたことを旦那さんに必要な買い物だったからと言い訳。
旦那さんとしては天国で複雑なところなんじゃなかろうか^^;
そんなこんなでいつものご飯でも美味しくなっていたわけで、
大和からおいしいの言葉がもらえるんじゃないかと期待。
が、期待通りにはいかず。
でも、誰かと食べる食事、出来たてのご飯の美味しさを思い出せた、
という大和の言葉に許してあげますか、と。

第3膳「大和翔平の日常」
野球部での大和。
野球に対する他の人とは違う想い。
けれど、後ろ向きな気持ちも八雲さんの料理で吹き飛ぶみたいですね。
八雲さんはこっそり見学していたりも。

第4膳「八雲柊子の日常」
大和が大会が近いため寮に泊まりになり、夜ご飯がいらなくなった。
そんな一日は時間が長く感じられる日に。
完全に大和中心に一日が回っていたってことなんでしょうね。
でもって、ご飯がいらなくなっても、大和のことを色々と考えたりも。
そして、最後には大和の顔を見て安心したのかぐっすりと眠ったり。

第5膳「お花見の夜」
この時の八雲さんはズルいよなぁ。
可愛すぎるだろう、と。
友達との約束、という嘘をついての大和とのお花見。
大和に見てもらいたかった、ということからだったわけですけどね。
そこにある気持ちはどういうものなのやら。
大和は大和で本当に好きなのは何なのかなぁ?

第6膳「暴走JKルイ登場」
大和に野球を叩き込み、今の学校に進学させたルイが登場。
野球狂なわけですが、彼女の想いは大和にはなかなか届かない。
そんな中で聞かされた近所のお姉さん情報。
というわけで、確かめるために八雲さんのところに。
大掃除中ということで普段とは違う格好をしていた八雲さんにおばさんじゃん、
と安心したルイですが、隠されていた胸の大きさに焦り、
出された手作りデザートに焦り、
さらには素顔を見て逃げ出すことに。
ルイもかわいいでしょうけど、八雲さんの大人な魅力は凄まじい威力だったようですね^^;

第7膳「移ろいゆくモノ」
お墓参り、そして友達の由梨との食事。
由梨や周りの人が注目するのはしょうがないでしょうねぇ。
若い大和から若さをもらってんでしょうね、きっと。
でまぁ、その食事のときに近くにいた女の子が、家に帰った後の大和と重なることに。
豚の角煮をちまちま食べる大和。
美味しくなかったのかと思うわけですが、明日も食べたいからとちまちま食べていただけだった。
そりゃ、吹き出すよねぇw

おまけマンガ「ルイとリツコの日常」
ルイはぶれないねw
日焼け対策の服装だったのな^^;

巻末にはキャラクターの説明なんかも。
読み切り版と印象が違うとは思ってましたが、
やっぱり少し変えてあったようですね。

1巻の発売が少し遅い気がするなぁ、と思っていたのですが、
やっぱりその感じ方はおかしくなかったっぽいですね。
2巻が11月に発売するそうで。
2巻も楽しみですねぇ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

八雲さんは餌づけがしたい。(1) [ 里見U ]
価格:616円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad