edit

安達としまむら 7/入間人間(著) 読了

安達としまむら 7/入間人間(著)今回は何かがあった、という感じがないまま終わったなぁ。
その代わり、もしな話が結構多かった感じですね。
8巻では修学旅行に行くことになるようなので、
色々と何かが起こるのかな。

関連記事
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 5/入間人間(著)
安達としまむら 5/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 6/入間人間(著)
安達としまむら 6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 7/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

安達としまむら 7/入間人間(著)

安達としまむら 7/入間人間(著)お祭りの中での告白で付き合うことになった二人。
互いにどうすればいいのかと考えながら、
夏休みは明け、新学期に。
これまでとちょっと違う高校生活が始まる。

ということですけど、変わるのかね?^^;
それまでとあまり変わらない気がするんだけどなぁ。
安達が色々とこれまで以上に頑張るのでしょうかね。
ライバルの樽見がどう動くのかも気になるところですね。

関連記事
安達としまむら 3/入間人間(著)
安達としまむら 3/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 5/入間人間(著)
安達としまむら 5/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 6/入間人間(著)
安達としまむら 6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安達としまむら7 [ 入間 人間 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2016/11/22時点)



edit

いもーとらいふ 下/入間人間(著) 読了

いもーとらいふ 下/入間人間(著)今回久しぶりにあとがきが長かったなぁ。
というのが一番印象に残ってるのはどうだろうね^^;

というわけで、上巻に比べるとよかったけれども、
やっぱり楽しめはしなかったかなぁ、という感じです。
妹目線での話が描かれてるのでよかったですね。
妹はどう感じてるんだろう?というのが気になっていたので。

ただまぁ、兄以上に妄信的なだけだったというね。
疑うことはあるものの、それ以上に信頼しきっている。
それで、何も後悔しないとぶれない強さがありましたね。
結局、両親は諦めたのかねぇ。

彼女とすれ違った時の一瞬のやり取りはよかった。
やっぱり気は合うんだろうな^^;
思ったことをありのまま口に出すってすごいな。
でもって、それに誤魔化すために同じタイミングで奇声を発するというね。

この兄妹にとってこれが当たり前なのだから、別にいいけれども、
楽しめはしなかったなぁ、という感じでした。

関連記事
いもーとらいふ 上/入間人間(著)
いもーとらいふ 上/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
いもーとらいふ 下/入間人間(著)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

いもーとらいふ <下> [ 入間 人間 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)



edit

いもーとらいふ 下/入間人間(著)

いもーとらいふ 下/入間人間(著)小説家になるという夢を叶えた妹。
その事実に自分の存在意義を揺らがせた。
自分が抱く想いに気付いたとしても、
周りにどう思われようとも、
妹と二人で暮らし続けることを決めた。
妹と過ごし続ける、それだけで自分の人生は満足。

というわけで、完結編の下巻です。
正直、あまり楽しみではないわけですが、どういう結末になるのでしょうかね。
目次を見たら30歳から87歳にと最後にえらい飛んでますけど、
どうなったのやらね。

関連記事
いもーとらいふ 上/入間人間(著)
いもーとらいふ 上/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

いもーとらいふ <下> [ 入間 人間 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)



edit

いもーとらいふ 上/入間人間(著) 読了

いもーとらいふ 上/入間人間(著)どういう結末になるのかな?
兄目線で話は進むわけですけど、妹目線で妹が何を思っていたのか知りたいところですねぇ。
最初は別に妹に対する興味のなかった兄。
けれど、夏休みの宿題で助けを求めてきたことをきっかけに、
兄として妹を支えなければ、という気持ちに芽生え、
それから彼の中で妹が中心になっていくことに。
途中で離れようとしたわけですけど、結局のところ離れていた時間があったことで、
余計に依存度が高くなってしまった感じですね。
その間に彼女なんかも出来たりしたわけですけど、
それで何かが変わることもなかったというね。
むしろ、比較対象が出来てしまった、というのが悪かったのかな。
ていうか、そりゃ別物だと言っても相手としてはねぇ、という感じのこともあったり。
で、そのままを望む兄とは違って歩き出した妹。
それを複雑に思う兄。
声にはまだ出していないわけですけども、いつ溢れでてもおかしくないよなぁ。
その時、関係はどうなるのかな。

ところで、大学は何かで出てきた大学と同じ大学ですよね?
どれだった忘れたけど。
というか、いくつかで出てると思うけれども。

というわけで、とりあえず上巻はあまり長く感想を書く気にはなれなかったので、
これで終わりです。
結末は正直いい方向になるとは思えないけど、どうなるのかねぇ。

関連記事
いもーとらいふ 上/入間人間(著)


いもーとらいふ(上) [ 入間人間 ]
価格:637円(税込、送料無料)



edit

いもーとらいふ 上/入間人間(著)

いもーとらいふ 上/入間人間(著)妹が六歳、兄が十歳。
そんな夏休みの終わりに二人の関係が始まった。
心配で放っておけない妹。
自分の人生は兄でほとんどだと言う妹。
離れられない二人の一生を描く、
ちょっぴり苦い兄妹ラブコメ。

というわけで、メディアワークス文庫の前作からえらく方向性が変わったなぁ。
という感じの新刊ですね。
上下巻になっていて下巻は9月発売だったと思いますが、
上巻は25歳までが描かれるみたいですね。
パラッとめくったカラーページでアカンことが起こってるっぽいけど、
どうなったのやら^^;

いもーとらいふ(上) [ 入間人間 ]
価格:637円(税込、送料無料)



edit

デッドエンド 死に戻りの剣客/入間人間(著) 読了

デッドエンド 死に戻りの剣客/入間人間(著)後回しにしていたら、読めないまましばらく放置することになっていました。
ということで、入間さんらしさもあるのはあるけど、
入間さんぽくない感じの作品だったかなぁ、と。
ここ最近の新作の中では一番よかったと思います。
ただ、終わり方は物足りないなぁ、とは思うところです。

関連記事
デッドエンド 死に戻りの剣客/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

デッドエンド 死に戻りの剣客/入間人間(著)

デッドエンド 死に戻りの剣客/入間人間(著)メディアワークス文庫、5月の新刊2冊目。

生涯最後の決闘。
幼い頃からともに腕を磨いた半生の片割れのような同門。
一度として剣を届かせることは出来ず、
真剣での勝負に敗れた。
けれど、気付けば果たし合いの直前に戻ることに。
斬り殺される度に時間は巻き戻る。
不可解な現象に巻き込まれた剣客が辿る、数奇な一生とは。

というわけで、入間さんぽくない印象のある表紙。
どんな感じになってるやら?

デッドエ...

デッドエ...
著者:入間人間
価格:615円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

安達としまむら 6/入間人間(著) 読了

安達としまむら 6/入間人間(著)夏休みの後半。
しまむらがメインになっていた感じですね。
母親の実家に帰ったことでしまむらに変化が。
変化というか、何か吹っ切れた感じですね。
そして、二人の関係も進展する?

てっきりこれで終わりになるのかな、
と思うような展開だったんですけど、
まだシリーズは続くみたいですね。
今後、どうなっていくのかな。

関連記事
安達としまむら 3/入間人間(著)
安達としまむら 3/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 5/入間人間(著)
安達としまむら 5/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 6/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

安達としまむら 6/入間人間(著)

安達としまむら 6/入間人間(著)喧嘩の仲直りを経て、元の関係に。
けれど、安達の想いは前へ。
花火大会で安達の想いは大きく舞い上がる。

ということで、6巻ですね。
喧嘩したんだっけ?
ちょっと5巻の内容を覚えてないので、
パラパラっと読みなおそうかな。
でも、安達が一人でいっぱいいっぱいになってただけ
だった気がしないでもないけど^^;

カラーイラストでは安達が水着姿を披露してましたね。
行きたいのは海とかプールじゃなくてスーパー銭湯らしいけどw

関連記事
安達としまむら 3/入間人間(著)
安達としまむら 3/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 5/入間人間(著)
安達としまむら 5/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)


安達としまむ...

安達としまむ...
著者:入間人間
価格:594円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

クロクロクロック 結/入間人間(著) 読了

クロクロクロック 結/入間人間(著)最初から面白いと思ってはいなかったシリーズではありますが、
どうしたかったんだろう、という感じの最後だった。
最後まで面白いと思えなかったなぁ、と。
誰か一人にスポットをしっかりと当てた方がよかったんじゃ?
と思えてならない。
一人の殺し屋が生まれるきっかけになった話、
というのが一応の中心なんでしょうかね。
にしては魅力がないなぁ、というところかな?

関連記事
クロクロクロック 1/6/入間人間(著)
クロクロクロック 1/6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
クロクロクロック 2/6/入間人間(著)
クロクロクロック 2/6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
クロクロクロック 結/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

クロクロクロック 結/入間人間(著)

クロクロクロック 結/入間人間(著)拳銃が巻き起こした波乱は終焉へ。

というわけで、あまりに久しぶりすぎて全く覚えてないですね。
というか、1/6、2/6ときての結に読む前からガッカリする感じがね。
感想を読みなおしてみよう、という気持ちにもならないのよなぁ。
どうなるのやら^^;

ただまぁ、ちゃんと結末を描いてくれるだけマシなんですかね。
他に終わってないのが残ってますからね。

関連記事
クロクロクロック 1/6/入間人間(著)
クロクロクロック 1/6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
クロクロクロック 2/6/入間人間(著)
クロクロクロック 2/6/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)


クロクロクロ...

クロクロクロ...
著者:入間人間
価格:680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

安達としまむら 5/入間人間(著) 読了

安達としまむら 5/入間人間(著)夏休み前半。
安達がいつも以上にやらかしたり、
空回りしたりした話だったかな。
今回は癒やされたとか、そういう感じはなかったかな。

関連記事
安達としまむら 2/入間人間(著)
安達としまむら 2/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 3/入間人間(著)
安達としまむら 3/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 5/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

安達としまむら 5/入間人間(著)

安達としまむら 5/入間人間(著)夏休み。
しまむらと会えなくなる。
そんなしまむらとやりたいことを書き出していく安達。
無理して起きなくてもいい、と何もせずに時間を使うしまむら。
安達は何をしてるのか。
そんなところに花火大会へのお誘いの電話が。

というわけで、二人の夏休みですね。
樽見が積極的に動き出したわけで、
安達とどのような形でぶつかることになるのやら?
一体夏休みに何が起こるのでしょうかね。

関連記事
安達としまむら/入間人間(著)
安達としまむら/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 2/入間人間(著)
安達としまむら 2/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 3/入間人間(著)
安達としまむら 3/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)
安達としまむら 4/入間人間(著)
安達としまむら 4/入間人間(著) 読了(ネタバレ注意)


安達としまむ...

安達としまむ...
著者:入間人間
価格:594円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

美少女とは、斬る事と見つけたり/入間人間(著) 読了

美少女とは、斬る事と見つけたり/入間人間(著)ゴタゴタとしていたせいで読むのに時間がかかってしまいました。

続きは気になるものの、正直なところイマイチだったなぁ、
という感じかなぁ。
特に何が、というわけではなく、本当に全体的に、
って感じですね。
まだ明かされていない部分が多いので続き次第ですね。

どういう展開になるのやら。

関連記事
美少女とは、斬る事と見つけたり/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.