edit

東京すみっこごはん 雷親父とオムライス/成田名璃子(著) 読了

東京すみっこごはん 雷親父とオムライス/成田名璃子(著)約1ヶ月ほどかかりました。
読むのに時間がかかったわけではなく、
読み始めたのは昨日の夜でほとんど一気に読みました。
ここ1ヶ月ほど読む気になれず読めていませんでした。
前作で面白いというのはわかってましたから、
つまらない、ということにはならないと思ってたので。
だから、そういうものを気分が乗らないタイミングで読みたくないな、
としばらく放置してました。
この、気分が乗らないっていうのは小説だけにかぎらずだったわけで、
どうにも4月は調子が良くなかったですね。
体調とかは別に悪くなかったんですけどね。

そんなこんなで、この1ヶ月のことは置いておいて感想の方に移ります。
前作に続いて今作もよかったです。
今回はすみっこごはんに危機が訪れるわけですが、
その危機はまだ完全に去ったわけではないので、
続編を楽しみにしたいところですね。
ただ、すみっこごはんを愛する人達の絆はより一層強くなったので、
安心出来そうだなぁ、という感じです。

関連記事
東京すみっこごはん/成田名璃子(著)
東京すみっこごはん/成田名璃子(著) 読了(ネタバレ注意)
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス/成田名璃子(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

東京すみっこごはん 雷親父とオムライス/成田名璃子(著)

東京すみっこごはん 雷親父とオムライス/成田名璃子(著)すみっこごはんに解散の危機が。
街の再開発の対象地区に含まれているらしい、
ということで、それに立ち向かっていくことに。

まさかの続編にビックリしましたね。
ちゃんと終わってた気がしたので、あれで終わりだろうと。
ただまぁ、内容がよかったのでまた読めるのは嬉しいですね。
というわけで、今回はすみっこごはんに危機が訪れるらしい。
新しい人もやってきたりとする中で、
前巻から登場する人たちのその後も楽しみですね。

関連記事
東京すみっこごはん/成田名璃子(著)
東京すみっこごはん/成田名璃子(著) 読了(ネタバレ注意)


東京すみっこごはん(雷親父...

東京すみっこごはん(雷親父...
著者:成田名璃子
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

東京すみっこごはん/成田名璃子(著) 読了

東京すみっこごはん/成田名璃子(著)後回しにせず、先に読めばよかった。
ここのところ成田さんの作品は微妙なところが多かったわけですが、
今作はデビュー作、その後のミス・アンジェリカよりもさらによかった。

様々な想いを抱え、様々な人が集まる場所。

とても変わった場所なわけですが、
すごく暖かさが伝わってくる場所になってますよね。
時代としては現代になってるわけですけど、
そこに漂ってる空気は少し昔な感じがある。
ほどこうと思えば簡単にほどけてしまう繋がりになっている場所なんだけども、
そうはならない、不思議な空気。
深くは踏み込まないけれども、互いを心配して気にかけて。
そうして繋がっていく不思議な繋がり。

結末もとてもよくて本当に楽しめました。

関連記事
東京すみっこごはん/成田名璃子(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

東京すみっこごはん/成田名璃子(著)

東京すみっこごはん/成田名璃子(著)商店街の脇道に佇む古ぼけた一軒家。
そこは様々な人が集い、手作りの料理を共に食べる共同台所だった。
ワケありの人たちが巻き起こすドラマを通して明らかになる
すみっこごはんの秘密とは。

また出版社が違ったので見つけるのに発売からしばらく経ってしまってました。
読むのも他のを優先したので時間が経ってしまいましたが、ようやく読めます。
今作はどんな感じだろうなぁ。
今ひとつなところが続いてるので楽しめるといいのですが、
どうなるだろうなぁ。

関連記事
不機嫌なコルドニエ 靴職人のオーダーメイド謎解き日誌/成田名璃子(著)
不機嫌なコルドニエ 靴職人のオーダーメイド謎解き日誌/成田名璃子(著) 読了(ネタバレ注意)


東京すみっこ...

東京すみっこ...
著者:成田名璃子
価格:669円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad