edit

七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月(著) 読了

七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月(著)もっと面倒な話になってるのかな、
と思っていたのですが、
思っていたよりも素直な話だったこともあって、
悪くなかったです。

関連記事
七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月(著)

七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月(著)メディアワークス文庫、4月の新刊2冊目。

人付き合いを避けて生きてきた高校生は、
ある日クラスメイトが落としたUSBメモリを拾う。
その中身、遺書を見てしまったことから奇妙な交流は始まった。
進行性の記憶障害を患い、自殺を願っていることを知り、
キミが死ぬ時は、自分も死ぬ。
それが嫌なら生き続けろ。
そんな彼の約束には隠された本当の思いが。

今作はやけに推されてるな、という感じがあったんですが、
どうなんでしょうかね。
あらすじを読む分には楽しみではあるんですが。
天沢さんの作品は明るいほうが好きなんですけど、どうだろうか?



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad