edit

今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私/成田名璃子(著)

今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私/成田名璃子(著)メディアワークス文庫、9月の新刊3冊目。

突然終わった結婚生活。
職務経験もろくにないが、家事だけは好きだった彼女に舞い込んだのは
高名な小説家のもとでの住み込み家政婦だった。
行き場のない自分と触れ合いを拒む小説家。
最初はぎこちなかった関係も、家事が変えていく。

成田さん久しぶりかな。
買ってはいるものの読めていないものもあるので、
自分がという部分が強い久しぶりな気がしますが。
今作はどうだろう。
あらすじを読む分には楽しめそうな感じがありますが、
メディアワークス文庫での作品は微妙なところが続いているんですよね。
今作はそうじゃないといいなぁ。



edit

神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。/行田尚希(著) 読了

神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。/行田尚希(著)これまでデビュー作のシリーズの良さがあっただけに良かったけど、
と思うことが多かったわけですが、今回はデビュー作に負けず劣らずな良さだったと思う。
最後の話はもう少しボリュームがあってもよかったのに、と思いましたが、
全体的に本当に満足しました。
語られていない部分がありますし、ぜひ続いてほしいけど、そういうのはないのかな。

関連記事
神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。/行田尚希(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。/行田尚希(著)

神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。/行田尚希(著)メディアワークス文庫、9月の新刊2冊目。

どうしても着物に興味をもてない呉服屋の長女は経営に腐心する日々。
そんな彼女を見かねた両親の指示で神楽坂の路地裏に建つ悉皆屋で修行をすることに。
着物のメンテナンスを一手に引き受ける悉皆屋で働くうち、
これまで気づかなかった着物の魅力にはまっていく。

直前の筆耕士に続いて馴染みのない職業が続きましたが、
今回は着物にまつわる話。
どんな世界を知ることが出来るのか楽しみです。
路地裏というとデビュー作を思い出しますが、関係はないでしょうね。



edit

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著) 読了

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)小説を読むのが随分と空いたわけですが、内容がよかったのはありましたけど、
小説を読みたいという気持ちが前向きにあったので、
読んでいて本当に楽しかったです。
結果的にいい休息期間になっていたみたいです。

内容は筆耕士というあまり聞き慣れない仕事をする人たちの話。
スマートフォンやパソコンでの文字のやり取りがほとんどになっていることもありますが、
手書きの文字の特別感、というのが伝わってきました。

関連記事
かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)

かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~/十三湊(著)メディアワークス文庫、9月の新刊1冊目。

卒業証書や招待状の宛名などを毛筆で書く仕事である筆耕士。
内気で真面目な彼女は憧れの先生から請け負った数々の仕事を
丁寧にこなしていく中で、文字にまつわる不思議な謎にしばしば遭遇することに。

どういう順番で読もうかと考えましたが、
新しいものからにしました。

というわけで、十三湊さんの新作ですが、
これまでと違った雰囲気がありそうで楽しみです。



edit

漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌 1/森山光太郎(著) 読了

漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌 1/森山光太郎(著)早く読めばよかった。
楽しかったです。

読んでいる最中に度々思い出したのは「剣と炎のディアスフェルド」ですね。
4巻はいつ出るのだろうか?
とは言うものの、そちらのように特異な力のようなものは
出てきていないわけですけどね。

長い話になるようですけど、心配なのは最後まで書かせてもらえるのか、
ということですね。
売れているといいのだけれども。
ちゃんと最後まで読みたいですからね。

関連記事
漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌 1/森山光太郎(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌 1/森山光太郎(著)

漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌 1/森山光太郎(著)メディアワークス文庫、7月の新刊3冊目。

皇国に彗星のごとく現れた、内に恐るべき戦の才を秘めた少年将校と、
隣国の王国に現れた、神将と名高い元帥の秘蔵っ子の少女。
後世、革新の年と呼ばれることとなる年に、
宿命を背負う少年と少女が出会う。
戦乱の世は大きく動き出し、勇将、知将が交錯する大陸の覇権の行方は。

というわけで、購入予定ではなかったのですが、
あらすじを読んで気になったので購入しました。
さてはて、どうだろうなぁ。
楽しめるといいですが。



edit

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから/斜線堂有紀(著) 読了

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから/斜線堂有紀(著)キネマ探偵が一番なのは変わらずですが、前作の方が好きだったかな。
終盤はいいんですけど、そこまでがもったいないというか、
少し残念に思った感じです。

関連記事
夏の終わりに君が死ねば完璧だったから/斜線堂有紀(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから/斜線堂有紀(著)

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから/斜線堂有紀(著)メディアワークス文庫、7月の新刊2冊目。

劣悪な家庭環境のせいで将来に希望を抱けずにいた少年の前に現れたのは
身体が金塊に変わる致死の病を患う女子大生だった。
彼女は死後三億で売れる自分の相続を突如彼に持ちかける。
相続の条件として提示された古い盤上ゲームを通じ、
二人の距離は徐々に縮まっていく。
しかし、彼女の死に紐づく大金が二人の運命を狂わせる。

あらすじを読む感じだと前作と似た感じになるのかな、
と思っていますが、どうなんでしょうね。

ちなみに新紀元社の新創刊されたポルタ文庫からも新刊が出ているわけですが、
こちらはどうしようか迷い中です。
いつも行く書店では入荷していなくて、
帯やら何やらを見てから決めようと思っていたので、
買う踏ん切りがつかない状況ですね。
別の書店に行く余裕がないので探せていないしで、どうしようかねぇ。



edit

逢う日、花咲く。/青海野灰(著) 読了

逢う日、花咲く。/青海野灰(著)別の本を読むために後回しにしていましたが、
ようやく読み終わりました。
暑さでヘタって、読むことよりも寝ることを優先したりもしていたので、
余計に時間がかかりました。

つまらないとは言わないですけど、
似たりよったりな部分はあるかなぁ、という感じでした。

感想は短めで続けます。

関連記事
逢う日、花咲く。/青海野灰(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~/仲町六絵(著) 読了

おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~/仲町六絵(著)造語でいいのかな?
「花房雪」と「日本画キュート」という言葉が印象に残った。
特に「花房雪」はそんな風に言うのな、と思ったら、直後に今考えた。
嘘やん、となりましたね。

今回は年を越し、二人のお隣さん生活が始まって二年を迎える頃までの冬の話。
桃花は大役を任されることになったりも。

関連記事
おとなりの晴明さん 第二集 ~陰陽師は初夏に縁を導く~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第二集 ~陰陽師は初夏に縁を導く~/仲町六絵(著) 読了
おとなりの晴明さん 第三集 ~陰陽師は夏の星を祝う~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第三集 ~陰陽師は夏の星を祝う~/仲町六絵(著) 読了
おとなりの晴明さん 第四集 ~陰陽師は月の女神と出逢う~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第四集 ~陰陽師は月の女神と出逢う~/仲町六絵(著) 読了
おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~/仲町六絵(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~/仲町六絵(著)

おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~/仲町六絵(著)メディアワークス文庫、7月の新刊1冊目。

おけら参りを控え、寒さが身に染みる京都の歳末。
現世に馴染んでいく晴明に、桃花は雪の文様をかたどった香立を贈る。
現世で素敵な休暇をすごせるよう願いを込めて。
一方の晴明は陰陽術に目覚めた桃花に師として結び桜の紋を授ける。
そんな二人のもとに、京の悲しい歴史に関わる百鬼夜行が訪れて。

あっという間にシリーズ第五作目ですね。
結び桜の紋というのはどういう意味が込められているんだろうなぁ。
今回も楽しみです。

関連記事
おとなりの晴明さん 第二集 ~陰陽師は初夏に縁を導く~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第二集 ~陰陽師は初夏に縁を導く~/仲町六絵(著) 読了
おとなりの晴明さん 第三集 ~陰陽師は夏の星を祝う~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第三集 ~陰陽師は夏の星を祝う~/仲町六絵(著) 読了
おとなりの晴明さん 第四集 ~陰陽師は月の女神と出逢う~/仲町六絵(著)
おとなりの晴明さん 第四集 ~陰陽師は月の女神と出逢う~/仲町六絵(著) 読了




edit

逢う日、花咲く。/青海野灰(著)

逢う日、花咲く。/青海野灰(著)メディアワークス文庫、6月の新刊2冊目。
第25回電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞作。

13歳で心臓移植を受けた少年は、それ以降、
自分が女の子になる夢を見るようになった。
ドナーになった人物の記憶なのだろう。
明るく快活で幸せそうな彼女に少年は瞬く間に恋をした。
決して出逢うことのない二人。
恋心は彼女を救いたいという願いへ。

メディアワークス文庫で発売される受賞作は
こういう感じのものが必ず入ってくる気がしないでもない。
嫌いではないけど、気持ちがついていかないというか、
読み始めたり、読み進めるのにタイミングが色々と必要になるんですよね。
この作品はどんな感じだろうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逢う日、花咲く。 (メディアワークス文庫) [ 青海野 灰 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2019/6/25時点)



edit

おはようの神様/鈴森丹子(著) 読了

おはようの神様/鈴森丹子(著)シリーズ再開に歓喜。
相変わらずなポコ侍と新しい神様が登場してそっと寄り添い繋ぐ縁。
今作もよかった。

関連記事
おかえりの神様/鈴森丹子(著)
おかえりの神様/鈴森丹子(著) 読了
ただいまの神様/鈴森丹子(著)
ただいまの神様/鈴森丹子(著) 読了
さよならの神様/鈴森丹子(著)
さよならの神様/鈴森丹子(著) 読了
おはようの神様/鈴森丹子(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

おはようの神様/鈴森丹子(著)

おはようの神様/鈴森丹子(著)メディアワークス文庫、6月の新刊1冊目。

バイト先で大失態を演じ、心は折れていた。
やけ酒に沈み、帰り道で連れ帰った狸。
人の言葉を喋る狸というなんでも話せる相手との時間が始まる。

てっきり終わりだと思っていたポコ侍シリーズが続いていて嬉しい限りです。
前作のシリーズとは別の作品でも最後に出てきたりしていましたが、
シリーズの方は完全に終わったと思っていたんですよね。
マヨ大好きなポコ侍が今回はどんな風に寄り添っていくのでしょうね。

関連記事
おかえりの神様/鈴森丹子(著)
おかえりの神様/鈴森丹子(著) 読了
ただいまの神様/鈴森丹子(著)
ただいまの神様/鈴森丹子(著) 読了
さよならの神様/鈴森丹子(著)
さよならの神様/鈴森丹子(著) 読了


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おはようの神様 (メディアワークス文庫) [ 鈴森 丹子 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2019/6/25時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.