edit

ニセコイ 12巻

ニセコイ(12)/古味直志(著)週刊少年ジャンプにて連載中の古味直志さんの「ニセコイ」第12巻。

表紙は花火大会で浴衣の5人と楽様。
カバーをめくるとるりがガッと前にw

目次部分はビーハイブ開発部が描かれてますね。
どちらも女の子だと思うけど、
メガネを外すと可愛いってことなのかな?
そのうち本編にも出てきたりするんでしょうかね。

というわけで、鶫とビーハイブの発明品の組み合わせから始まる12巻。
今回は金平糖のような発明品。
筋力抑制剤で鶫が弱くなってしまう。
万里花と同等な運動神経に^^;
千棘のそばを離れようとするが、それを千棘は許さない。
楽からそれを教えてもらい感謝。
そこで時間切れとなって力が戻って楽は吹っ飛ぶこととなる。

千棘の告白への憧れ。
考えるだけで恥ずかしく、手紙も書いてはみるがこれもハードルが高い。
人形への予行演習を鶫に見られてしまったり。
デートで楽が気長にと言い、その言葉に千棘もいつも通りに。
千棘の両親の話もあったりしたわけですが、
華さんは根負けしたんでしょうかね?

組の人がケーキ屋を開店。
楽はそのお手伝いに。
でも、そのお店は小咲の家の真向かいだった。
というわけで、お母さんのとんでもない顔を見ることになったり。
清楚な姿で母親とは思えない美しさを披露したり。
ただし、毒づいてましたがw
そんなこんなで双方がいい方向にと悩んだ楽はコラボ企画で大成功。
本当に楽はいい子だねぇ。
何をやらしてもそつなくこなすところがすごいね。

るりと小咲の友情の話。
るりが全国大会に向けての水泳大会に。
ただ、るり自身は泳げれば、と考えていたわけですが、
怪我をしても小咲の笑顔に力をもらって優勝。
小咲の喜ぶ顔にるりも嬉しそうでしたね。

ポーラの苦手克服。
描き下ろしの一コマでのポーラがw
ていうか、三本って何の予防接種ね^^;

万里花の楽様。
オウムの楽様に振り回されることになる楽。
万里花、すごいよなぁ^^;
楽は誤解が解けて本当によかったね。

七夕の短冊。
小咲が大胆なことを願ったことをきっかけに楽との距離がグッと近づくことに。
小咲の表情がコロコロ変わってよかったですね。
で、楽のモテ期は1日で終わったのなw

千棘のリボンがどこかへ。
小咲の次は千棘の表情がコロコロと変わる。
といっても、こっちは落胆の表情が多かったわけですが。
グズる千棘が綺麗に見えたり。
千棘は楽の優しさに触れることに。
最後は無事に自分のリボンを取り戻すわけですが、
描き下ろしの一コマでは楽からのリボンを縫い合わせて大事にとってるみたいですね。
千棘、可愛いねぇ。

最後は花火大会。
春は楽と千棘がニセモノの恋人であることを知る。
この話まで今回の単行本で入れなくてもよかったんじゃ?
もしくは続きも入れてしまえばよかったのに^^;

最後はおまけマンガですが、
今回は真面目な話で終わり。
というか、魔法少女ってそんなに面倒な事務処理が必要なのか^^;

関連記事
古味直志短編集 恋の神様
ニセコイ 7巻
ニセコイ 8巻
ニセコイ 9巻
ニセコイ 10巻
ニセコイ 11巻


ニセコイ(...

ニセコイ(...
著者:古味直志
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ニセコイ 11巻

ニセコイ(11)/古味直志(著)週刊少年ジャンプにて連載中の古味直志さんの「ニセコイ」第11巻。

表紙はいつもと違う雰囲気の万里花。
その後ろには中学時代の小咲と御影。
さらに後ろに千棘と鶫が逃げ腰で。
カバーをめくると時間を超えて小咲を襲う御影w
万里花はいつも通りな感じになってましたね。
タイトルをぶち壊してましたがw
鶫は千棘を守るために縦のライン、
カバーではサブタイトルが書いてある部分をちぎって盾にしてましたね。

前巻から続いての楽の記憶喪失の話。
千棘の一発で記憶を取り戻して、誕生日パーティー。
小咲のダイエットに、小咲の誕生日のために春とプレゼント選び。
中身がおっさんの御影がやってきて楽と万里花がデート。
最後は中学生時代の話。

春が出てきてから春にスポットが当たることが多くなってますよね。
一人で忙しい子ではあるから、色々と出来るのでしょうけど。

ゴリラに対する反応が早すぎるよね、千棘^^;

記憶喪失の中で知った色々なこと。
千棘は瞳の色が違う、と言われるが、
それは年令による変化で可能性は消えず。
嬉しそうでしたねぇ。

絵本の展開がこれからどう繋がっていくのか。

小咲のダイエット。
本当に不要なのにね^^;
女の子ってのは気になるものなんでしょうね。

そんな小咲のために誕生日プレゼントを買いに。
春とデート。
春、楽しそうでしたねぇ。
王子様エピソード以外にも春との接点があったことを知る。

中身がおっさんの御影が登場。
春に対してのタックルしていいかと聞いてるポーズが本当におかしいからw
そんな御影のおかげでいつもとは違う自分を見せた万里花。
楽にドキドキさせられ、楽をドキドキさせてましたね。
最後には頬にキスを。
楽、隙だらけだねぇ。

最後は中学時代の小咲。
楽ともっと一緒にいたい。
その気持ちで同じ高校を受験。
結果はダメだったわけですが、繰り上げで合格に。
その発表があるまでにも小咲は少し幸せな思いをしましたね。
合格したから、ってのはあるけど^^;
合格してなかったらどうなっていたのやら。

番外編は小咲とは別の街で活躍?している千棘のこと。
ゴリラの衣装ってやめたげてよw
で、そばにいるのは猫の鶫。
ペット禁止だということで人間の姿になった鶫。
交換してと言いたくなるのは当然だわなw

さてはて、来月は古味直志さんの短編集が発売。
収録作品がどんなんか気になってたんですが、
最後に告知が入ってたのでよかった。
「ペルソナント」が入ってるので購入します。
これ好きだったんですよねぇ。
他も久しぶりだから楽しみですけどね。

関連記事
ニセコイ 6巻
ニセコイ 7巻
ニセコイ 8巻
ニセコイ 9巻
ニセコイ 10巻


ニセコイ...

ニセコイ...
著者:古味直志
価格:420円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ニセコイ 10巻

ニセコイ(10)/古味直志(著)表紙はプール掃除での一場面ということかな?
カバーをめくると逆襲される春ちゃん。

今回は集の話と楽の記憶喪失ですね。
しかしまぁ、先生が本当に結婚していなくなるとは^^;
たまには登場してほしいものですね。
ていうか、集はあれは何か言えたのか、
言えなかったけど先生は気づいてくれたってことなのかね。

その裏で楽が鶫に色々と聞いて鶫が真剣に答えてる姿もいいですよね。
可愛かったですねぇ。
連載の方の話になりますくけど、鶫は日に日に胸が大きくなってるみたいですね^^;

自分だけに?ということで楽も頑張って小咲に一緒に帰らないかと誘ったわけですが、
その後どうなったのか描かれてましたね。
そうなったのなw
小咲らしいっちゃらしいけど^^;
るりがあんたはアホかと蹴飛ばして二人きりにさせなかったものかね。

最後は楽の記憶喪失。
記憶をなくした楽にメロメロな女性4人。
万里花ですら反応に困って自分が顔を赤らめる始末ですからねw
同じ部屋で眠ることになった千棘もドキドキしっぱなしでしたしねぇ。
そんな中でペンダントを見てよぎる女の子の姿。
本当に誰なのやらねぇ。

てか、結局記憶がないのもありなんじゃって言ったのは誰だったんだろう?

それ以外では銭湯とプール掃除とお見舞い。
プール掃除ではポーラが泳げないことがわかったり、
そんなこともあってか楽のおかげで上手く輪に入れもしましたね。
春ちゃんが諦めないで近くにいこうとするのもいいですね。

銭湯では春ちゃんがはらりw
でもって、千棘ものぼせてる間に危うくはらりと。
おばちゃん連中があれは意地悪だわな^^;

そして、るりの策略で小咲のお見舞いへ。
春ちゃんも熱を出していたことに気づいて、
なんだかんだでいい雰囲気に。
春ちゃんがようやく楽のことを認めてペンダントを返してもらえることに。
隣では小咲が心配してたみたいですねw
二人はぐっすり眠ってたのに小咲は眠れたのかね^^;

最後はおまけマンガ。
新たな魔法少女は万里花。
そして、恥じらいゼロw
もうちょっと恥じらいを持ちなさい^^;
小咲にネズミのるりがいるように万里花にはフェレットの本田さんがついてるみたいですね。

さてはて、11日からアニメが始まりますがどうなるのかなぁ。

関連記事
ニセコイ 5巻
ニセコイ 6巻
ニセコイ 7巻
ニセコイ 8巻
ニセコイ 9巻


ニセコイ(...

ニセコイ(...
著者:古味直志
価格:420円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ニセコイ 9巻

ニセコイ(9)/古味直志(著)表紙は春、小咲、風の三人。
カバーをめくると春のお決まりの展開に^^;

ドラマCD同梱版も普通に並んでいて悩んだのですが、
通常版を購入しました。
小冊子がどんな感じかと気になっていたんですが、
キャストへのインタビューって書いてあったので、
それならいらないかな、と。

というわけで、9巻は小咲の妹の春が登場。
嘘だとは言い切れない楽の悪い噂で嫌われてしまうわけですが、
お店の手伝いだったりで次第に距離が近く。
ていうか、お母さん楽しみすぎだろw

キス争奪マラソン大会なんてありましたね。
完全に忘れてた^^;

エイプリルフールでの小咲の嘘。
事が事だけに大げさなことになってしまったものの、
デートみたいに手を繋ぎたい、でも自分では言えない、
その結果の嘘というのが可愛らしかったですね。

春のクラスメイトとなったポーラが鶫のために色々と動き回ったり。
それで一番慌てることになったのはポーラだったり^^;

小咲はこの9巻ではあまり出番なしですね。
番外編で再び変身してましたが^^;
でもって、新たに誰かが登場するみたいですね。
誰だろう。

関連記事
ニセコイ 4巻
ニセコイ 5巻
ニセコイ 6巻
ニセコイ 7巻
ニセコイ 8巻


ニセコイ...

ニセコイ...
著者:古味直志
価格:420円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ニセコイ(9)ドラマ...

ニセコイ(9)ドラマ...
著者:古味直志
価格:2,415円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ニセコイ 8巻

ニセコイ(8)/古味直志(著)前巻、楽が千棘を連れ出す際に言ったことが原因でクラスメイトに
あらぬ誤解を与えてしまった二人。
小咲の天使が可愛いですねw
本人はいっぱいいっぱいだったところからの解放だったんだけども^^;
るりから小咲へのプレゼントのセンスがすごいな。
どうしてそれを選んだ^^;
小咲がリボンをつけるようになった絵本。
小咲も同じのを持ってるわけで一体どういう絵本なんでしょうかね。

大晦日、モテない男たちの怨霊に取り憑かれた楽のために、
女性陣が身を張って守ろうとする。
オチはオチですが、楽としては小咲に抱きつかれたのは嬉しいだろうねぇ。
ていうか、小咲もるりに何やと言われたわけじゃないのに頑張ったよね。
しかしまぁ、それぞれの水を含んだ顔がひどかったよね^^;

新年、振り袖姿の女性陣が楽の家に。
そして、ウイスキーボンボンで場はとんでもないことに。
楽は最後は気を失って全てを忘れてしまっていた。
気を失った後は一体何があったんだろう^^;
普段ベッタリな万里花はそうでもなく、
普段素直になれない女の子たち3人が積極的になってたのがいいですね。
小咲はやたらエロい感じになってましたが^^;

新学期。
席替えにバレンタイン。
席替えは結局、楽は両手に花に。
バレンタインはそれぞれの気持ちを込めたチョコレート。
万里花は相変わらずでしたが、そんな万里花に対して鶫への自分の言葉を思い出して楽がとった行動。
それが万里花にはたまらなくうれしく、さらに好きになったみたいですね。
千棘のチョコは砂糖と塩を間違えていたが、それを気付かせずに食べた楽。
鶫はバレンタインのことを知った来年どうするのか気になるなぁ。
まぁ、どういう状況になってるかにもよるだろうけど。
もし今と変わってなかったら手作りのチョコをプレゼントするんでしょうかね。
奇跡の美味しいチョコを手渡せることが出来た小咲。
ちょっとだけ特別な義理チョコ。
どんなチョコですかいw
そんな中で小咲と千棘がした約束。
これは後々どうなるのやらねぇ。
ていうか、互いに気付いてもいいもんだと思うけど^^;
同じ人見てるわけだしね。

最後は万里花のアルバイト。
お金を貯める理由は楽が語った夢の家に住むために。

番外編は千棘と鶫のお風呂。
千棘、恐ろしいなw

もう一つはジャンプLIVEに掲載されたもの。
これは掲載されて本当によかった。
ジャンプLIVEなんてものは読んでないんでね^^;

関連記事
ニセコイ 3巻
ニセコイ 4巻
ニセコイ 5巻
ニセコイ 6巻
ニセコイ 7巻


ニセコイ...

ニセコイ...
著者:古味直志
価格:420円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ニセコイ 7巻

ニセコイ(7)/古味直志(著)表紙のメインはるりと小咲。
カバーをめくったときの状況はどういうことだ?
華さんがどうしたんだろ?
千棘は隣にいるって気づいてなかった、ってことなんかな?

というわけで、千棘の母・華さんが登場する7巻です。
それ以外にはポーラの登場だったり、
るりがメインの話だったりと、
少し番外編ちっくな1冊になってるのかな。

不器用で似た者同士の親子をなんとかして、と駆け回る楽がすごくいいですね。
しかしまぁ、あの秘書の仕事に適用する楽がすごいよなぁ^^;

るりはじれったくなって楽に小咲の好きな人を言っちゃいそうになってましたが、
それを集が止めた。
結果は同じでもそれをしたら違う、と。
集はこの時、自分にも好きな人がいる、と言ってましたが、
はてさてその人へ気持ちは伝えるんでしょうかね。

意外と勉強が出来なかった万里花の勉強会。
千棘も参加して、ということでしたが、楽しそうでしたね。
万里花は寝てる楽に暗示をかけてたのかw

ヒットマン仲間のポーラとの再会。
連載の方では再登場してますが、その間何をしてたんでしょうかね。
ていうか、今度はアメリカでって約束だったのに、来るのなw
さみしかったんだろうねぇ。

関連記事
ニセコイ 2巻
ニセコイ 3巻
ニセコイ 4巻
ニセコイ 5巻
ニセコイ 6巻



edit

ニセコイ 6巻

ニセコイ(6)/古味直志(著)表紙はロミオとジュリエットでの4人。
カバーをめくるとジュリエットに万里花がw

キス発言も空回りする小咲。
そこから、今回はずっと小咲の空回りの1冊って感じかな?
ただ、屋上での二人だけのロミオとジュリエットは楽がよくやってくれましたね。
運勢に振り回されたときもではありますが、
二人きりでとか、カッコ良すぎでしょうに。
ジュリエットの衣装がなくなったことで、
教室ではちょっとした騒ぎになってたみたいですけどねw

そんな一方で千棘と楽のすれ違い。
自分の気持ちに気付き、楽の言葉に傷つく。
でも、嫌いじゃない、と言われ元気回復。
翌日の朝の目覚め方が可愛いですね。
でもって、運勢の時のリボンを触られてドキッとするのもいいですよねぇ。

今回のおまけ漫画はるりが大活躍してましたね。
この子、万能すぎるだろ^^;
なんつぅ動きをしてんのさ。

もう一つは万里花が頑張ってましたね。
足はガクガクしてんのに顔はとびきりの笑顔。
あれはすごいなw
あんだけ震えてるのに完璧な笑顔だもんなぁ^^;

関連記事
ニセコイ 1巻
ニセコイ 2巻
ニセコイ 3巻
ニセコイ 4巻
ニセコイ 5巻



edit

ニセコイ 5巻

ニセコイ(5)/古味直志(著)表紙は楽にいちゃつく万里花。
その後ろに変装した千棘が。

というわけで、万里花が参戦しての5巻。

嘘発見器に小咲の家でのバイトって、
結構前だったのなぁ。

小咲のお母さんが小咲で遊ぶところ好きだわぁw
電話の後、二人きりに出来たことで楽しそうにしてましたね。
楽のことを信用したってことでしょうけど、
娘をもうちと心配しましょうやw
信用と言えば、万里花のお父さんもですよね。
真面目なところが楽の魅力なんでしょうね。

照れる万里花も可愛らしかったですし、
にやにやが止まらない小咲もいいですよねぇ。

バイトに呼んで、疲れたと眠った小咲。
褒められるよね、と思っていたわけですが、
るりは激しい突っ込みをいれたようですね^^;
小咲にしてはかなり頑張ったんだから、少しだけでもいいから褒めたげてw

で、嘘発見器。
クロードに言われて持ち込んだのに自分が一番翻弄されるというねw
鶫の胸は一体どうなってんでしょうかね^^;
最後のこっそり一人で試す姿がいいですね。

お祭りでの千棘の戸惑ってる姿が可愛らしかった。
浴衣姿似合ってましたしねぇ。
手を繋ぐところもよかった。

最後はみんなで海へ。
小咲のキス発言で終わりです。

6巻も楽しみですねぇ。

関連記事
ニセコイ 1巻
ニセコイ 2巻
ニセコイ 3巻
ニセコイ 4巻



edit

ニセコイ 4巻

ニセコイ(4)/古味直志(著)表紙は鶫、千棘、楽。
10年前のことが色々とわかってくる4巻になってますね。
3人目の約束の女の子・万里花も登場。
番外編の「シンコン」も収録されてます。

カバーをめくると照れる鶫。
そんなに照れんでもいいのにねぇ^^;

各話の最後にある一コマ。
小咲とるりの恥ずかしい写真って可愛らしいじゃないですか。
るりは特に無防備っぷりがいいですね。
まぁ、集は殴られてしかるべきですが^^;

楽くんと呼んだことへの反応に戸惑う小咲もよかったですね。
もっと何の気なしの時に言ってたら、もっといい反応があったとは思うけど、
それどころじゃなかったですからね。

鶫も交えての勉強会。
集の顔が本当に反則w
いやまぁ、あの鶫の行動はニヤニヤするだろうけど、
ニヤニヤどころじゃない、すごいことになってたからなぁw
その後の楽の公開告白しかけた後の顔もそれなりですけど、
この集の顔の後だとインパクト全くないよね^^;

楽との距離に戸惑い始める千棘。
相合傘での千棘は可愛らしかったですね。

そして、許嫁の万里花の登場で恋はさらに複雑に。

最後は番外編の「シンコン」。
楽と小咲が同じ夢を見ていたわけですが、
小咲の方が少し先まで見ていた。
積極的な小咲は一体何をしたのやら?
この番外編を千棘や鶫でも見たいですね。
番外の番外としては、るりと集ってのも後々が面白そうだから見てみたいw

これからの展開も楽しみですねぇ。

関連記事
ニセコイ 1巻
ニセコイ 2巻
ニセコイ 3巻



edit

ニセコイ 3巻

ニセコイ(3)/古味直志(著)林間学校編が収録されている3巻。
表紙は小咲がメインに楽、千棘、鶫が。
カバーをめくってわかるのは、そんなことでもめてたんかよw

帯の折り返し部分にある晴れ着姿の3人がいいね。
19話の表紙ですけど小さいながらもカラーなのが、ね。

鶫を翻弄する楽に、
自分の10年前の初恋を思い出した千棘。
そんな中での林間学校でのハプニング。

そういえば、鶫との決闘は小咲とるりは知らなかったんですね。
何だか騒がしい、と思ってる2人が1ページ目に。

楽のお見舞いは本当に楽が頑張ったね^^;
よく食ったよw

林間学校のババ抜きは、ねぇ。
ポーカーフェイス下手くそすぎるだろw
ていうか、鶫も一緒になってしてるのがいいよね。
お前ヒットマンだろうがw
まぁ、状況が状況なだけに余裕が全くなくなったんでしょうね^^;

で、クロードによる策略。
本当に性格悪いと思ったねぇ、あれは。
千棘が協力してくれて、なんとか事なきを得たわけですが。
最後のハプニング。
あれはドキッとするわなぁ。

そして、その後の肝試し。
楽が汗だくで登場したのはカッコいいね。
いつも助けてくれていた初恋の男の子と重なる。
さてはて、その辺がどうなのかは相変わらずわからないままの連載。
この後どうなっていくんでしょうね。
連載がこれからも楽しみだ。

今回のおまけマンガは鶫。
お前可愛すぎるだろうがw

関連記事
ニセコイ 1巻
ニセコイ 2巻



edit

ニセコイ 2巻

ニセコイ(2)/古味直志(著)古味さんのボケがw
完全に言っとるがな^^;

表紙は千棘と小咲。
カバーをめくると千棘が楽しそうですねw

1ページ目と目次部分の線画では8話の直前に何があったのかが描かれてるみたいですね。
鞄を持てとか言ってたのね。
それを後ろから追いついてきた、と。
結局、楽は鞄を持ったんだろうか?
持ってないだろうな^^;

2巻は勉強会から鶫の登場まで。

勉強会の部分では巻末におまけマンガがありましたね。
るり、集はボッコボコにしていいと思いますw
いいヤツなんですけどね、ちょっとやりすぎる時が多いよね^^;

各話の最後に1コマのイラストがいい味を出してるなぁ、と。

蔵に閉じ込められた時に千棘を落ち着かせるために、
置いていけるわけないだろ、ってなことを言った時、
何で楽は千棘の顔を鷲掴みにしたんでしょうね。
せっかくいいこと言ってんのにねw

楽に人工呼吸されかけてたとき、千棘は肉のことを考えとったのかよw

小咲の告白は本当にあのタイミングの悪さは^^;
で、あそこまで言われてもまさかね、と何故楽は思える。
その前に集にも言われてたんにねぇ。
そのタイミングで自分から言っちゃえばいいのに。
意気地なしめw

鶫に恋人だって言った楽の言葉を聞いた千棘の顔がいいよねぇ。
いい反応w

で、決闘の末に鶫が女の子だと気づいて終わり。
3巻はどこまでなんかな?
ていうか、2巻と3巻って2ヶ月連続で発売されたんですね。

やっぱり楽しいねぇ。
買ってよかった。

関連記事
ニセコイ 1巻



edit

ニセコイ 1巻

ニセコイ(1)/古味直志(著)ずっと迷っていたのですが購入しました。
というのも、楽天のポイントが3冊買えるだけ貯まって、
だったら買っちまうか、って感じです。

「四月は君の嘘」、「ノラガミ」とかなり悩んだんですけどね。
決め手は古味さんの前作ですね。
「ダブルアーツ」があんなに面白かったのに、
すぐ終わってしまったのが納得いかなかった、ってのが大きい。
だから、今作は長く続いてほしい、って意味も込めての購入ですね。

現在発売されてる3巻までまとめて購入しましたが、
今日はとりあえず1巻を。
1巻で終わると思う、たぶん。。。

表紙は楽を挟んで小咲と千棘の3人。
で、カバーを外すと楽がのけものにw

久々に最初から読んだわけですが、
NEXTを読むのをよく忘れるもんでね。
NEXTに掲載されていた4コマがすごく面白かったw

傷ついた動物を拾ってきて一生懸命お世話してるのに、
たまにくる小咲の方に懐いてるって不憫すぎるだろw
というか、楽の嫌われっぷりもまたひどすぎると思うけど。
そのことに小咲は全く気付いてないみたいですけどね^^;
ちなみに千棘に対してはどうなんでしょうね、あの子たちは。
どちらかというと小咲よりな反応なんだろうかな?

でまぁ、久々でしたけど覚えてるものだなぁ、と。
3人のリアクションが新鮮でいいねw

巻末には線画?のおまけマンガもあったり、
線画で言うと目次部分と1ページ目の部分も線画でしたね。
そういうのもいいなぁ、って思いました。
ていうか、おまけマンガのケーキがすごいことなってたな^^;


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.