edit

エンジン 最終回『ウイニングラン』

とうとう終わってしまいましたねぇ。

次郎は予選3位という好成績を残しました。

ホームの方は本選の日に同じくホーム再開のために近所の人が集まり、風の丘ホームがどのようなものか知ってもらう為の話し合いがありました。

レースのために、子供達は集まるのですが、みんな遅刻w
次郎かわいそう。

大輔、周平、盛男、明の4人は盛男のトイレが長引き遅刻。着いてからも、トイレ行ってましたねぇw
春海、ユキエ、奈央は、春海と奈央の服装を新しいホームの先生に止められ、着替えなおした為遅刻。
アイドルになりたい奈央はサーキットに着いて、みんなのポップコーンを買って戻るときに、取材をしていたところにたまたま通り、必死に映ろうとしていたねぇ。変だよ。あれはw
美冴と俊太は七恵を迎えに行った為遅刻。
七恵のホームの先生がなかなか外出許可を出してくれなかったので、この3人だけ、遅刻した理由が一番まともw
そして、朋美先生はホーム再開の為の話し合いに出ると初めから次郎に行っていたのですが、ちぃねぇと元にぃ、おそらく園長先生も行ってほしいと願っていたので、急いで行きました。それで、遅刻っていうか、初めから間に合ってないw

でまぁ、朋美先生が行けないと次郎に言いに行ったとき、ついで次郎が抱きついてしまいました。
一回は怒って帰ろうとしたのですが、戻ってきて、勝ったら私が抱いてあげます的なことを言ったんですが、すぐ撤回しようとしました。で、ホームから出るときにちぃねぇが勝ったら褒めてやって、負けたら骨でも拾ってきてみたいなことを言って送り出しました。

そして、レースが開始されたのと同じ頃、ホームの方でも話が始まりました。大輔から七恵までを席の順に園長先生がそれぞれについて話をしていきました。次郎はすごい言われようで飛ばされましたけどw

その頃、次郎のレースはどうなったのかと言うと3番手からスタートの次郎だったのですが、指の痛みからか6番まで順位を落としていました。その時、にっくき比呂人はトップでした(ノ`〃´)ノ
しかし、次郎はどんどん追い抜き2位まで浮上しました。
監督が遅刻していた。子供達に気づき次郎に無線でタイヤの交換のために種類を聞き、そのあと子供達のことを次郎に伝えてあげました。監督いい人だぁ。

で、ピットイン作業が始まりました。次郎たちの前には比呂人のチームもピットイン作業をしていました。
しかし、次郎のチームが先に終わり、次郎が先に出れるはずなのに無理矢理比呂人が前に割り込みました。
むかっときましたねぇ。あの瞬間。比呂人殴り飛ばしたかったw
そんなことをした罰でしょうね。次郎は『もしもしかめよぉ~♪』などといつものように歌いながら比呂人をあっさり抜き、それを追い抜こうとした比呂人はコーナーでスピン。ざまぁみろぉw当然じゃw
しかし、次郎の車に異変が、ウイングのネジが緩み始めていました。メカニックちゃんと見ろよぉo(T□T)o
そして、最後の直線に入ったとき、とうとうウイングが外れてしまいました。。。
そのせいでバランスを崩してしまい、次郎の車もスピンしてしまいました。次郎はなんとか立て直そうとしましたが、無理でした。コース脇に入ってしまい、止まってしまいました。
あと少しだったのに。。。
そして、優勝することの出来なかった次郎。
しかし、車を必死に押して、ゴールをくぐりました。

優勝できなかったら引退をかけていた次郎。
ゴールし終えて、監督の元へ。
監督はお金は振り込んでおくと、言いました。
ファイトマネーだと言いました。
そして、レースで勝って返してくれたらいいと言いました。
次郎は引退しないでよくなったのですが、次郎は少々納得がいってませんでした。
しかし、その場を離れ、廊下らしきところで座り込んでいると、朋美先生が駆け寄ってきて抱きつきました。
次郎はこれ勝ったらでしょというと、朋美先生は勝ちましたと何回も言いました。
その言葉で元気になったのか、次郎はしっかり抱き寄せてあげました。

しかし、その瞬間。周平がカメラでパシャリ撮っちまいましたw
ナイス(≧∇≦)b 周平w
俊太鼻に指つっこんでたw何してんねんw

そして、無理矢理次郎と朋美先生をバスに連れて行き、この日だけ風の丘ホームで食事ができることになっていたので急いで行くことにしました。

その車内で、次郎と子供達の言い争いが始まりました。
その辺はカットしときますw
で、話しが終わり、なんとなく落ち着いたところで、次郎が目をつぶって10数えろと言いました。子供達も朋美先生も目を閉じました。
次郎は子供達が目を閉じていることを確認し、朋美先生の方に寄り、そして、キスをしました。10秒ギリギリまでキスをしたため、またまた、周平がパシャリと撮っちゃいましたw
またまたナイス(≧∇≦)b 周平w

その後は全員で撮影し、ホームに戻りました。
そこには瑛子さんの姿も。
そして、みんなで食事をしました。
で、いただきますを誰が言うかの争い?wで次郎がいただきますを言うように言われたのでそれに対して園長先生の一言
『ハンバーグが嫌がってる』。。。。ハンバーグですかwすごっw

そして、ホーム再開まで1年8ヶ月かかりました。戻ってきたのは、徹と葵の兄弟、周平、ユキエ、七恵の5人。
大輔は高校を中退して自動車整備工場に就職。
春海は高校卒業と同時に2つ年上のコックと結婚し、店を出す為に頑張り中。
奈央は父親が退院したため、家族で故郷の九州に帰り、歌手になる為にオーディションを受けまくってます。
盛男は父親がちゃんと仕事をするようになったので、父親と一緒に暮らしました。
明は新しいホームになれ、弁護士になると言ってるそうですw
美冴は高校卒業後、夜間の大学に進学して、保育士を目指して頑張り中。
俊太は優しい里親に引き取られ、幸せに暮らしているそうです。将来の夢はレーサーだそうですw

そして、次郎はF3からラリーに変え、レースをしています。
しかし、ナビゲーターは外人なのに、なぜに、日本語と英語で会話できんだ?wふっしぎぃw

これにて、エンジン終了です。
レース前の廊下でのシーンでマッチこと近藤真彦が他のチームの監督役で特別出演。かっくぃぃねぇ^-^

ちと何かが物足りなかった気がするけど、まぁいいやw



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第10回『ラストラン』

レースに向けて次郎がいよいよ練習を始めました。
しかし、一回走り終えると比呂人が言いました。
『ここは僕のスポンサーが出しているので使わないでください。』
何てやなやつなんだよぉ(ノ`〃´)ノ
本当に比呂人は嫌いだぁ!!!

なので、次郎は体力作りや筋力UP、イメトレをしました。

その頃、ホーム再開のために朋美先生が近所周りをしていました。
新しいホームになじむことのできないユキエと奈央が風の丘ホームに行こうとしたのですが、迷惑だし止めるとユキエがいい、たまたま帰るときに近所周りをしていた朋美先生を見かけました。

話しを聞いてもらうことさえしてもらわれずに、帰ろうとした朋美先生を元にぃが止めました。
『バカなことはよしたほうがいい』(みたいな感じのこと)と言いました。
そうすると、朋美先生は『バカになりたいんです。』(的なことを言いました)

それを聞いていた、ユキエと奈央は元にぃが去った後に朋美先生に声をかけました。
その後、公園ぽいところで、話をしていたのですが、朋美先生がお茶を買いに行っている時にたまたま通りかかった、自己中なおばちゃんたち『オバゴンズ?』に朋美先生がホーム再開のために頑張ってることを聞いていたユキエと奈央は手伝えないかと思い話しかけました。
が、話しは一切聞いてもらうことができず、奈央は押されて倒れてしまいました。
それに怒った奈央は手に持っていた食べかけのたこ焼きをオバゴンズ?リーダー的存在のおばちゃんに投げました。
その後、やってきた朋美先生はその光景を見て必死に謝りました。

そのことについて風の丘ホームで話しがされました。
次郎はご飯を食べながら聞いていました。
すると、朋美先生と元にぃが謝りに行ってきますと言いました。
しかし、次郎はそれに対していいました。
『何で、先生達が謝りに行くの?やったのこいつらでしょ?こいつらが謝りに行くべきじゃないんですか?』と言いました。
それを聞いた奈央は嫌そうでしたが行くことにしました。

そして、ユキエと奈央は謝りに行きました。
帰ろうとしたとき、オバゴンズが言いました。
『もううちに来るのやめてもらえます?場所さえ作っていただければ聞きますんで』みたいなことを言いました。

ですが、指定した時間になっても誰も来ませんでした。
1時間程たって、オバゴンズの3人のうちの一人がやってきました。
『誰も来ないわよ。』
それを伝えにやってきたのです。
オバゴンズにもいい人いるんじゃん。うれしぃよぉo(T□T)o
いかし、ほっとしたのか朋美先生は倒れてしまいました。

その説明が行われている頃次郎はレースに向けての最終のタイム測定が行われていました。
次郎が走る前、次郎のマシンを触っていた比呂人、それを見たテツヤなんですが、何をしているかわかりませんでした。
次郎は順調に走りました。
前回よりタイムが上がり折り返し地点の付近のコーナーに突入したとき、突然ブレーキがロックしました。
そのせいで、スピンをしてしまいました。そのときの衝撃で右手の小指を脱臼してしまったのですが、タイム測定だったのですぐに走り出しました。

なぜ、スピンをしたのかテツヤが調べたところブレーキバランスが変わったいたことがわかりました。
それは比呂人がしたことだとすぐにわかりました。
監督が問いつめたところ、比呂人はこのチームを辞めると言い、違うチームに行くと言いました。
そして、次郎に向かって『あなたとは敵同士のほうが走りやすい。』と言いました。
が、次郎はとぼけた感じで『敵同士なの?俺は敵なんて思ったことないから』と眼中にないってことを言い放ちました。
もっといってやれぇって思いましたw

まぁ、今回はこんな感じでした。
次回はいよいよ最終回です。
レースの結果や、ホームの再開はどうなるのか気になりますねぇ。



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第9回『イチかバチか』

昨日書けなくすみませんでしたぁ。。。orz

とりあえず、書いてみますねぇ。

朝起きた次郎。いつものように食堂に行き『おっす!(だったと思うw)』と声をかけたが、そこには返事を返してくれる子供達はいなかった。
そんな食堂を悲しげに眺めた次郎は、キッチンに立ち食事を作り始めた。
途中、ちぃねぇがやってきたので、ちぃねぇの分も作ってあげました。目玉焼きにハムがついてるだけでしたけど。。。w

次郎は、朝食を食べながら、ちぃねぇとその後にやってきた園長先生に、しきりに『ここにいればいいじゃん』と主張しました。
そして、『お金なら何とかするよ』と言って仕事に向かいました。

チームイチノセに置いてある、次郎が優勝したときの写真を眺めながら次郎は何かを決意して、一之瀬監督のもとに行きました。

そして、次郎は監督に言いました。
『車を。。。マシンを貸してください。もちろん今使ってるものじゃなく一昨年使ったものでいいので』
監督はそれを聞き言いました。
『どうしてだ?』
次郎は『走りたかったからです。。。』
『本当はどうなんだ?』
『実は。。。』次郎の言葉を遮るように監督が
『金か!レースの賞金が目当てなんだな!』
と言い放ちました。
本心を突かれてしまった次郎は言い返すことができませんでした。
続けて監督が言いました。
『金がほしんだな。じゃあやるよ。300万位あったら足りるだろ。退職金代わりにくれてやるよ。いくら古い型のマシンだからといって、簡単に貸せと言うようなやつをうちには置いとけないからな。』
といい、棚からステアリングを取り出しました。そして、
『19の時にお前が優勝したときのものだ。お前が引退するときに渡そうと思ってたんだ』
と言って、次郎に渡しました。

そのころ朋美先生は元にぃと会っていました。
ホームをもう一度できないかと朋美先生が相談をするために会いました。
どっかの喫茶店らしきとこで話をしていたのですが、元にぃ。。。何歳だよo(T□T)oパフェなんか食うなよ。恥ずかしいよ。。。てか、笑っちまったよw
真剣な話しとわかって食べるの止めたんですが、パフェ食ってる人が言っても説得力にかけてましたよ。。。w

その後、次郎と朋美先生が会ったのですが、次郎はクビになったので、少々上の空。
ですが、お金はできたと退職金と言わないで朋美先生に話すと朋美先生は大喜び。
どうやって作ったのか聞かれたんですが、次郎は答えませんでした。
その後、階段を駆け上がる次郎の後姿、元にぃのときと違ってかっこよかった(≧∇≦)b

その頃ホームに、明がやってきていました。
お母さんの写真を忘れたと言っていましたが、本当は新しいホームで嘘というか冗談だと思うのですが、そんなことばかりしてるもんだから、嘘つき呼ばわりされていました。
で、次郎がホームに帰ってくると、明が『おかえり。次郎。』と言いました。
が、次郎は普通に『ただいま』と言ったのですが、よく見てみれば明がいたのでびっくりしました。
明の顔をじっと見る次郎、それに笑顔で答える明。
明の鼻の下にはケチャップがついていて可愛かったw

で、バスの中で、写真を探していたのですが、ちょっとすると明がポケットからお母さん?wの写真を出し『あった』と言いました。
その瞬間を元にぃは見ていたのですが黙ってくれてましたねぇ^-^
てか、あれがお母さんなのかw怖いぞw普通にw

その後は、次郎にバスで送ってもらうことになったんですが、次郎にはホームに帰ってきた本当の理由を言いました。
そして、また冗談を言いました^-^
それに対して次郎は『レーサーになった』と嘘をつきました。
それにびっくりして明は飲み物を落としてしまいました。。。

ちょっといろいろあったと思うのですが忘れちゃったので省きますw

明が『約束したじゃん』と言いました。
次郎は初め心当たりがなかったのですが、明が指きりの形にした手を出したので思い出しました。
レーサーに復帰して表彰台に立つという約束です。
そして、『じゃあ、約束はまもんねぇといけねぇな』と言いました。

明はバスを降りるときに次郎に紙を渡しました。
そこに書かれていたのは次郎のトレードマークの亀の絵でした。

そして、次の日再びチームイチノセに向かいました。朋美先生も居て『あきらめないでください』といいました。

次郎は監督に再びお願いをしに来たのです。

次郎は監督に『お金はいらないです。もう一度お願いします。マシンを貸してください。一度でいいんです。お願いします。表彰台に上がれなかったら引退します。』
そして、ステアリングを返しました。
監督は『わかった。ただし、表彰台に上がれなかったらここを止めてもらう。』といいました。

そして、レースに次郎が出ることは子供達に伝えられました。

とりあえず、マシンを貸してもらえることになった次郎。
しかし、最後の最後で登場した比呂人。
怖いからwてか、次郎の工具箱に八つ当たりはよくないよw
今回はこんな感じでした。
次回はどうなるんでしょうか。楽しみだなぁ^-^



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第8回『バイバイ次郎』

大変遅くなりましたが書きたいと思います^-^

ホーム解散ということで、最後の夕食を迎えました。。。
元にぃは最後だからと言って、変に話してましたねぇw
園長先生にいたっては、歌でも歌うか?と言う始末w

みんなが普通でいいと言うと、瑛子さんが『そういうと思っていつも通りのハンバーグにしました』と言って、初めてテーブルに座ってみんなで一緒に食べることになりました。

『いただきます』のあいさつを元にぃと園長先生がどっちが言うかで、もめているのをほっといて次郎があいさつしちゃいました。
それに続いて子供たちがみんな『いただきます』を言いました。

次郎は俊太(明にも?)にハンバーグの上に乗ってる目玉焼きのおいしい食べ方を教えました。口を近づけてずずっと一気に食べちゃうって食べ方です。
お下品ですよ。次郎おにぃさん^-^;
園長先生は七恵ちゃんにつぶやいてましたね。『あんなことしちゃダメだよ』って。確かにそうですねw

奈央は盛男のマヨネーズを奪い、春海は大輔にちょっかいを出し、徹は葵に優しくお皿を近づけてあげ、美冴とユキエは楽しそうにしていました。
そして、すごい気になる、周平と瑛子さんの見つめ合い、そして微笑んだ、あの瞬間。なんだったんだ?w

そして、次の日は次郎の運転でそれぞれの引越し先に向かいます。
次郎は少し悲しげに『出発・・・』と言いました。

一つ目のホームに到着。
大輔、周平、盛男、明の4人が降りました。
大輔が『面倒は俺がみるよ』と言いました。
大輔っていい子になりましたねぇo(T□T)o口の利き方はあまり変わってないような気もしますがw
盛男がマヨネーズをバスの中に忘れてることに気づいた葵が次郎に渡して届けに行きました。

次郎はマヨネーズを放り投げ『あんまり食べ過ぎんなよ』と言い、盛男お得意の流し目?をしたのですが、盛男は流し目をしないで『さよなら』と言いました。

そして、明を呼び『あんまし嘘つくなよ』と言うと、『もうレーサーだなんて言うなよ』と言い返されてしまいました^-^;

大輔には『あいさつがないなぁ』と言い、大輔はお辞儀をして『さよなら』と言いました。

周平には問題を出しました。『バスの運転手はなぜいつも帽子をかぶっているんでしょうか?』(答え:無謀運転しないため)
周平は『わかりません。教えてください』と言いました。
しかし、次郎は『今度な』と言い、バスに戻りました。
本当は問題の答えを知っていたのですが、周平は答えませんでした。

二つ目のホームは遠いので、駅の近くかな?まぁ、ホームじゃないところで徹と葵、そして元にぃが降りました。

葵は朋美先生に『次郎の面倒をみてあげてね』と言い、朋美先生は普通に困っとりましたなぁw
そして、次郎は葵を呼び『浮気すんなよ』
葵は『やぁよ。私たちはここで終わりよ。きっぱり別れましょ。』
次郎は『どこで覚えたんだよ。そんなこと』ごもっともですw

次郎と元にぃとの会話は省きますw

そのころ風の丘ホームでは七恵ちゃんが机にしがみついて出てこなくなってしまってました。
園長先生の説得に応じなかった七恵ちゃんに、ちぃねぇが来て『みんなごめんね。ごめんね。』と言いました。
すると、七恵ちゃんは出てきて、園長先生に抱っこを求めて手をおっきく広げました。
園長先生が七恵ちゃんに靴下を履かせようとしていると、瑛子さんがやってきて、感謝の言葉を言い、園長先生も感謝の言葉を言いました。
その間に、七恵ちゃんは自分で靴下をはいていました。
成長したんだねぇ。七恵ちゃんo(T□T)o

三つ目は春海、奈央、ユキエの3人。
次郎はトイレに行き、話し?が終わるのを近くで水を飲みながら待っていました。
すると、春海がやってきて『ありがとう』と言い、握手するために手を出しました。
次郎は手が濡れていると言って拒みましたが、美冴?が『照れてる』みたいなことを言った気がします。
で、春海が『うぶだねぇ』と言うと、次郎は握手しました。
春海は朋美先生にも握手をしに行き、朋美先生は奈央と握手し、そして、ユキエにも握手をしに行くと、ユキエは今にも泣きそうでした。
しかし、美冴と泣かないと約束していたため、がんばってこらえていました。
美冴がバスに戻ろうとしたので、次郎が呼び止め、ユキエに『妹は卒業なんだって』と言いました。
すると、ユキエがいつも大事に持っていたクマのぬいぐるみを次郎に渡しました。
次郎は自分にだと思って勘違いしましたwわかりましょうよ。次郎おにぃさん^-^;
次郎はぬいぐるみを預かり、途中で奈央に『有名になる前に握手してもらってもいいっすか?』と言い握手しました。
そして、美冴にぬいぐるみを渡して、バスに戻りました。
美冴はユキエに『大事にするよ』と涙を堪えながら言いました。

最後は美冴と俊太です。
俊太がバスを降りるとき『次郎。どうしたの?機嫌悪いの?』と聞きました。次郎は『疲れたの』と言いました。
そして、美冴、明、朋美先生の3人が一度バスを降り、新しいホームの先生とあいさつに行っている間に次郎は誰もいなくなったバスの座席を見つめました。

そして、荷物を取りに3人が戻ってくると、美冴が『ありがとう(さよならだったっけ?w)』と言いました。
その後、俊太が次郎の横にやってきて、『明日は来る?』と聞きました。次郎は『明日はちょっとなぁ』と涙を堪えるような感じで言いました。すると、俊太が『じゃあ、今度はいつ来る?』と聞くので、次郎は困り、答えようとし始めたところ、美冴が無理矢理ひっぱりました。

そして、バスは出発しました。
少し経つと朋美先生が後ろでバスを追いかけて走っている俊太を見つけました。
次郎は一度止まろうとしましたが、後ろに車があったため、涙を見せないために帽子を深くかぶり『しょうがねぇだろ』と言い、アクセルを踏みました。
俊太は一度あきらめたのですが、美冴が追いついたら再び走り出し、『じろぉ!じろぉ!』と叫びました。
それを聞いた次郎は車を端に寄せ止まりました。

追いついた俊太は『何で答えてくれないの?』と言いました。
次郎は帽子を押さえ『何がぁ?』と涙を堪えながら言いました。
俊太『今度はいつ来るのって言ったじゃん。』
次郎『ごめんなぁ。わかんねぇんだ。』
そして、俊太を抱えぐるぐる回りました。
やり終えると、次郎は座り込みました。そのそばでは俊太が『もう一回!もう一回!』と泣きながら言っていました。
美冴が俊太に駆け寄り『泣かないの』と言いました。
次郎が『何で泣いちゃいけないんだよ。泣いたっていいだろ。』
美冴『止めてよ。止まらなくなるでしょ。』
次郎『そりゃぁ、いい年こいて泣いてる俺はかっこわりぃよ。けど、お前ら子供だろ?泣きたいときに泣けよ。』
美冴『泣いたってどうにもなんないじゃん。』
次郎『何でそんなに物分りよくなろうとすんだよ。何でそんなに早く大人になろうとすんだよ。悲しいときに泣いたっていいじゃねぇか。』
美冴『泣いたってどうにもなんないじゃん。泣いたらまたみんなで暮らせるの?』

(こんな感じの会話だったと思うんですが、はっきり覚えてないんで間違っててもご勘弁を)

と言い、次郎は泣いている美冴と俊太を抱き寄せました。

朋美先生に何か話してましたけど省きますw

風の丘ホームに戻った次郎は、子供達の入ったホームの名前が書いてある紙を握り締め、園長先生に言いました。
次郎『本当にこれでよかったのかよ。みんながばらばらになって。』
ちぃねぇ『しょうがないじゃない。』

(まだ、何かはなしてたけど、ちょっと忘れてしまいました。。。)
と、会話が終わると紙を握り締めていた手で机を殴り、紙を置いていきました。

この後、次郎と朋美先生の会話がありましたが省きます。

今回はすごいよかったですねぇo(T□T)o
次回はどうなるんでしょうかねぇ。気になる。気になる。

ていうか、長いよ。。。自分でも何書いてるかわかんないよwそんでもって、かなり(;´ρ`)チカレタヨ・・・
肩が痛いしo(T□T)o
昨日久々に勉強したから頭痛かったんで、余計疲れてます。。。orz

ホームの再開はあるんだろうか?本当に気になりますねぇ^-^



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第7回『ホーム解散!』

今回は短めの記事で済まさせてもらいます。
大輔かわいそうだなぁo(T□T)o
大輔の口の利き方は悪いけど、そういう接し方しかできないんでしょうねぇ。
そうなってしまったのは、あの頭のかてぇ親父のせいっしょ!!!
あの親父むかつくよ(ノ`〃´)ノ
もっと大輔の話を聞いてあげていればいくらでも変わっていたと思うのに、あの話し方と態度のせいで、大輔があんな性格になっちゃったんだよぉo(T□T)o

次郎おにぃさん。仕事はしましょうね^-^;社会人なんだから
いくらホームの用事でも仕事は休んじゃいけないですよ。
まぁ、大輔のためにあれだけ必死になってやってくれる次郎おにぃさん位だと思うけど、セッティングシート?位は届けに行ってもよかったんじゃない?w
まぁ、結果的な僕の意見としては次郎おにぃさんのしたことは(≧∇≦)b ですね^-^

牛久保瑛子さんの秘密が明らかになりましたねぇ。
子供のために夫を刺してしまっていたということでした。
あの園長先生その事実を知っていても雇ってくれたと僕は思いますねぇ。

ホームの解散…o(T□T)o
園長先生の決断も正しいと思うけど、子供達のことを考えたら戦ってもよかったんじゃないかなぁと思います。

今回は短かったですけど、これで終わりです。
来週はどうなるんだろう…



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第6回『17歳の花嫁』

今回は春海の話でした。
大体の順番で話を始めていきますねぇ。

冒頭部分で再び自己中おばちゃん出てましたねぇ。
もう出なくていいのにw

次郎にテストドライバーとしての契約をしないかという誘いをたまきが持ってきました。
契約金は2000万。
しかし、次郎はテストドライバーとして走りたいんじゃなく、レースで走りたいんだと言って断ったのですが、契約書をたまきが帰りのバスに置いていきました。
断ったのですが、次郎は少し悩みました。

で、春海はと言うと、大学3年の彼氏とし君と結婚すると突然言い出したのでホームのみんなはビックリしてしまいました。みんなが反対する中、次郎だけがそれを祝福しました。
そして、高校も中退すると言い、とりあえず母親ととし君をホームに呼んで話そうということになりました。

が、母親も来てホームの先生も集まったと言うのにとし君は来ませんでした。電話をしても通じない。
たままま、次郎がテストドライバーの面接?に行くところで、バスを出すところだったので乗せてもらいとし君のバイト先に連れて行ってもらいました。

バイト先についたがとし君はいない。次郎がバスを出そうとしましたが、無理矢理止めました。
そんなことをしてると、とし君がバイト先にやってきました。
そこで、いろいろ話をしました。
結婚しようと言ったのに『重い』だとか、『無理』と言いました。
結婚という言葉を軽い気持ちで言ったのに、『重い』とか、『無理』と言って逃げるのは最低のすることだと思う。
実際にとし君は原付に乗って逃げました。
逃げる直前にとし君が『将来ある身なんで』と言い放ちました。
次郎はこの言葉にカチンときて、バスで追っかけました。
細い道に入られて逃げられてしまいました。

その後は教会に行き、春海が夢を話し出しました。
ずっと、ずっと一緒にいて仲のいい家庭を作りたいんだそうです。母親は何回も結婚するけど1年位しかもたないと言っていると、母親が教会に来ました。
何か話をしたけど、はっきり覚えていないので省きます。
春海は母親が去った後、次郎に『泣かないよ』と言いました。
次郎は『とら君を好きになれただけでもよかったじゃない(みたいなこと言ってました)』と言いました。
それを聞いた春海は涙がこぼれてしまいました。
そして、泣きながら『とし君だよ』と言いました。

そして、ホームにみんな戻りました。
大輔以外は

次郎は春海の夢の話を聞いて、テストドライバーになることをやめて、メカニックとして頑張り、いつかレースに出ることを決めました。

そして、ホームにいなかった大輔はというと春海をふったとし君のところに行っていました。
とし君には違う女がいたみたいですねぇ。
それはおいといて、大輔がとし君に春海とやり直してほしいみたいなことを言ったのですが、とし君はうざいみたいなことを言って、その場を立ち去りました。
それにカチンときた大輔はとし君に殴りかかりました。

当然、警察沙汰になってしまったんですが、この続きは次週になります。ということで、次週は大輔の話です。



キャスト

☆神崎次郎…木村拓哉

<風の丘ホーム>
☆水越朋美…小雪     ☆鳥居元一郎…堺雅人
☆神崎ちひろ…松下由樹  ☆牛久保瑛子…高島礼子
☆春山万里夫…角野卓造  ☆神崎猛…原田芳雄

☆星野美冴…上野樹里   ☆樋田春海…戸田恵梨香
☆塩谷大輔…石田法嗣   ☆園部徹…有岡大貴
☆田口奈央…大平奈津美  ☆二宮ユキエ…夏帆
☆草間周平…中島裕翔   ☆平山盛男…小杉茂一郎
☆刀根明…広田亮平    ☆園部葵…佐藤未来
☆金村俊太…小室優太   ☆小森七恵…岡真由

<チームイチノセ>
☆末永たまき…岡本綾   ☆一之瀬新作…泉谷しげる
☆伊吹テツヤ…石垣佑磨  ☆菅原比呂人…青木伸輔
edit

エンジン 第5回『僕と君の秘密』その2

昨日の記事でも書いたんですが、今回は徹と葵の兄妹の話がメインでした。

次郎はメカニックとしての仕事が始まり、その為バスの時間を早めないといけないくなりました。朝ごはんを食べ、バスに向かおうとしたときに元にぃとすれ違い、仕事はと聞かれ、次郎はすぐに答えることが出来ませんでした。レーサーと言っていたので、メカニックとは言えなかったのでしょう。ですが、ちびっ子3人衆の一人がレーサーと言ってしまいました。違うと言えなかった次郎は嘘を通そうとしました。
バスに取る為、ホームの階段を下りてるときは、当然レースの話が出てきました。次郎はごまかそうとしました。
次郎が『そのうちな』というと、周平は『大人の【そのうち】は実行されませんよ(こんな感じだったと思います)』と言いました。
あんた何歳さぁ?w
で、まぁメカニックとしての仕事が始まったのですが、比呂人は嫌味をよく言いますなぁw
メカニックとして、キャリアを積んだ人にしかマシンを触ってほしくない。
腕時計が傷つくから外したほうがいいですよ。次郎が言い返すと、マシンも傷つくのでと言った。
次郎は当然イライラしてますねぇw

で、徹と葵の兄妹の話なんですが、この二人の親は事故でなくなったということになっているのですが、父が母を殺し、父は刑務所にいるのです。
葵はこの事を知らずに育ったので、帰り道で徹の同級生に葵がいるのに、そのことを言われかけケンカになりました。
そのことで、親がホームに押しかけてきたり、食事中に徹が嘘をついていたと責められたりしました。
そのころ次郎は、比呂人のクルマが調子がおかしいのでそれを調べていました。食事も終わって、葵が部屋に押しかけ、しりとりをし始めました。途中で徹も参加しました。次郎はうっとうしいので、無理矢理終わらせて、部屋から出しました。
ですが、徹が戻ってきて何か言おうとしたのですが、次郎が言わせませんでした。が、徹のケンカして壊れたメガネを見て、マシンのヒントをもらいました。
さっそくマシンを直しに行こうとしたのですが、徹に殴られた親だけでなく、徹の同級生の親達がホームに押しかけてきたため、子供達をどこかに非難させることになってしまい、しょうがなくサーキットに連れて行くことにしました。
当然はしゃぎまわる子供達にイライラしながら修理し、クルマを見て感動した子供達にかっこつけて、話を聞かせたりしました。
が、比呂人達も修理の為にサーキットに来てしまい、次郎がレーサーでないことが、子供達にばれてしまいました。
それを責められた次郎は、『うそつきましたよ!見栄張りましたよ!』と怒鳴り、『言いたくても言えねぇことがあんだよ!家族にも言えねぇことがあんだよ!』と叫びました。(たぶんこんな感じでしたw)
そういって、後片付けをしに行きました。それを葵が追っかけていきました。そして、バスでは徹がみんなに本当のことを言おうとしました。が、言うのを遮るようにみんなが謝り、『言わなくていいよ』と言いました。
次郎を追っかけていった葵は、次郎に徹に嘘をついていると話しました。お母さんが事故で死んだんじゃなく、お父さんが生きていることを知っていたのです。
と、まぁこの後ちょっといろいろあったんですが、省いときますw

徹は葵に嘘をつき、葵は徹に嘘をついていました。どちらもいい子ですなぁTT
edit

エンジン 第5回『僕と君の秘密』その1

昨日は全部見れなかったので(寝てしまってw)ビデオ見てから、ちゃんとした記事は明日書きます。
今回は徹(有岡大貴)と葵(佐藤未来)の兄妹の話でした。
edit

エンジン 第4回『ちいさな告白』

昨日は第1話でバスを降りた後、おしっこをした幼稚園に行っている俊太(小室優太)がメインでした。
まぁ、俊太の話の前に次郎(木村拓哉)と比呂人(青木伸輔)のレースの結果は、すごい接戦の末、僅差で次郎の勝ちでした。が、一之瀬監督(泉谷しげる)はレーサーとしては契約できないと言い、メカニックとしてなら契約してやると言いました。
レーサーとして契約をしてくれないと言われた次郎は、何がダメだったのか一人で考える為に、ホームの部屋のドアに『立ち入り禁止』と書いた紙を貼って、悩んでいました。
ここで、俊太の話に戻ります。
俊太を引き取りたいという夫婦がホームにやってきたのです。しかし、その夫婦は俊太の経験したことを心配して『かわいそうに』と言いました。しかし、俊太はそれを聞いて、鳥居元一郎(堺雅人)の後ろに隠れてしまいました。
そして、次の日はその夫婦と仲良くある為に遊んだりすること?になっていたのですが、俊太は布団からいなくなっていました。
ホーム中は大騒ぎで探しました。
当然『立ち入り禁止』と書いてある次郎の部屋も関係なしに探します。まず初めに入ってきたのは、次郎の姉のちひろ(松下由樹)。次郎は寝ていたのですが、布団に隠れているんじゃないかと思って、布団を放り投げました。が、いませんでした。
それで、次郎は起き、ヘルメットとかレースに必要なものを入れているバッグを見て、また悩みましたが、バッグの位置がずれている?ことに気づき、その後ろにある物置のドアを少し開けたら、小さい子が座っていました。すぐ締められましたけど。
それが、俊太でした。俊太は隠れさせてほしいと言い、出てきませんでした。
次郎は冷蔵庫からこっそり2つのジュースを出したのですが、次郎の父のしげる(原田芳雄)はそれに気づきました。
まぁ、その後は次郎が悪者にされ、鳥居元一郎、水越朋美(小雪)、美冴(上野樹里)が来て、どなられました。
最後にしげるが来たのですが、次郎が隠していることはわかっていたので、引き取りたいと言っていた夫婦には帰ってもらったことを言うと、次郎が物置のほうを指差してしげるに伝えました。
その後は、次郎としげるのちょっとした言い争いがありましたが、内容はちょっと忘れました。
その後、俊太が物置から出てきて、『僕はかわいそうじゃない』と言いました。
そのことを、しげるや、ホームにいる人たちの前で言いました。そいうことならということで、俊太を引き取りたいという話はなくなりました。
その後は、バスの洗車をしていた次郎の所に俊太を初め、葵(佐藤未来)、明(広田亮平)、盛男(小杉茂一郎)、ユキエ(夏帆)、奈央(大平奈津美)、春海(戸田恵梨香)、美冴が手伝い(遊び)に来ました。
朋美先生もその後来ました。
ホームの中では鳥居元一郎がエプロンを机に叩きつけて、次郎に対して怒っていました。
この後、ちょっといろいろあったんですが、忘れました。
そして、次郎は一之瀬監督の元に再び行き、メカニックとして契約してもらうことを決意しました。

ということで、昨日はこんな感じでした。さて、来週はどうなるんでしょうねぇ^-^
edit

エンジン 第3回『人生賭けた日』

昨日の話は施設で暮らしているおデブちゃんをメインにした話でした。
風の丘ホームでは、長期の休みのときは親がいる子供は、親が子供を迎えに来て、家で生活をすることになっています。
おデブちゃんの親も本当は迎えに来ることになっていたのですが、仕事の為来れず、次の日に迎えに来ることになりました。
次の日といっても、具体的な時間は決まっていなかった為、次郎が早朝、バスでおデブちゃんの家まで送ることになりました。
しかし、次郎にはこの日午後、自分の人生を賭けたレースがあったのです。次郎はその為少しイライラしていました。
おデブちゃんの家の近くに着いたとき、道が分かれていたためおデブちゃんに聞いたところ、嘘の道を教えられ、同じ道をグルグル回させられました。
おデブちゃんはちょっと見てくると言って、バスから降りて逃げました。次郎と施設の先生は追いかけて捕まえました。
なぜ、嘘の道を言ったのかというと、おデブちゃんのお父さんは、仕事もせずにパチンコをしたり、お酒を飲んだりして暴れたりするお父さんだったからです。
でも、施設にはお酒もパチンコもやめ仕事をしていると連絡がありましたが、また、暴れるのじゃないかと思い怖くて逃げました。
しかし、次郎は自分にも言い聞かせるように『逃げるってことは負けることと一緒なんだよ!(こんな感じでしたけど、ちょっと違った気がw)』と言いました。
そして、家に行きました。一人で玄関まで行き、『おとぉちゃん。おとぉちゃん。』何回も呼びましたが出てきません。
そこに一人の男性が買い物袋を提げて帰ってきました。おデブちゃんのお父さんでした。
買い物袋に入っていたのはおデブちゃんの好物のおいなりさんでした。帰ってくるのを知っていたお父さんが買ってきていたのです。
おデブちゃんよかったなぁTT
おデブちゃんを送り終えた次郎は急いでレースの行われる場所に行きました。
いよいよ、次郎の人生を賭けたレースが始まります。次回をお楽しみに^-^
edit

エンジン 第2回『0からの始動』

昨日のエンジンは眠たくてはっきり覚えてないのですが、覚えてる限り書こうかなぁと思います。
施設にいる子供の1人が大学受験を考えていることを知った、施設の先生(役名忘れちゃいましたが小雪さんです)は一人部屋にして勉強をしやすくしてあげようと思ったらしいのですが、その子は拒否しました。施設の先生はその子の理由をちゃんと聞かないでその一人部屋にすることをしたので、当然その子は怒ったわけですね。
その点、次郎(木村拓哉)は子供っぽいから子供の気持ちがわかるんでしょうね^-^その悩みをちゃんと聞いてましたねぇ。聞くつもりはなかったみたいですけど^-^;
その次郎は施設にいるときは明るくしていますが、いろいろとレーサーのことで悩んではいるわけですね。スポンサーが見つからず、やっと話を聞いてくれた社長さんは個人的に応援をしてくれるだけでお金の支援はしてくれなかった。
そこで、元々所属していた日本のチームにもう一度お願いをしにいったわけです。監督は話を聞こうともしなかったのですが、今はチームのレーサーとして走っているお金持ちで3歳かたカートの教育を受けてた、いわゆるボンボン(個人的に好きじゃないですねぇ。あぁいう人w)が勝負をしようと話しかけてきたわけです。

昨日はたぶんこんな感じだったと思います。
わかりにくぅw
edit

エンジン 第1回『13番目の子供現る』

昨日より木村拓哉さん主演の月9ドラマ『エンジン』がスタートしました。
月9ドラマ今回は見ないでおこうかなぁと思っていたのですが、とりあえず、一回目見てから決めようと思って見てみました。
感想としては、けっこう面白かった^-^それにキムタクの父親役の原田さんは人間的にすごく好きな方なので出ていたのがすごくうれしかったです。
キムタクの役(役名:神崎次郎)はF3レーサーという役で、海外のチームのセカンドドライバーで、あるレースのテスト走行で、テスト走行であるにも関わらずファーストドライバーの選手と衝突し、ドライバー同士でももめたことで、次郎はそのチームをクビになり、海外でチームを探したが見つからず、日本に戻りチームを探すことにし、日本にいたころに所属していたチームを訪れたが、そこにも断られた。
そこで、実家に戻ることにしたが、そこは教師をやめた父が開いた児童養護施設『風の丘ホーム』になっていて、児童13人が住んでいた。
そのうち1人(役名:草間周平)は次郎と同じ日に里親からその施設に預けられた子供で、施設から逃げ出し駅で次郎と偶然出会って、うその話をして電車に乗るお金をほしいと話しかけたところ、次郎は拒否し、あきらめられずか何かで次郎の後をつけて歩く周平に次郎は問題を出したが簡単に答えられてしまう。次は周平が問題を出すが次郎は答えられなかった。

このとき出た問題

10円と100円と1000円が散歩をしていたところ車が突っ込んできました。さて、助かったのは何円でしょうか?
答えはのちほど

次郎は答えを解くために実際のお金を出して問題をとこうとしましたが、さっき言ったように答えれなかったので、千円を周平に取られてしまいました。
まぁ、そんなこんなで実家に行ったのですが、なんせ次郎は子供が苦手らしいのです。けど、一番子供っぽいと施設で働く人に言われてますけどねw
施設に行ってから1日経った日に周平と同じ部屋に住んでいる子がケンカをしました。その最中に次郎は帰ってきたのですが、ケンカを止めようとして近付いたのかと思ったら、問題が解けたといいケンカをとめようとしませんでした。ですが、自然にケンカは止まり、答えがあっていたので、次郎はお金を取り返しました。
いろいろあり、次郎はチームも決まっていないので、当分は施設に住まないといけなくなったので、父親が住みたいなら働けということで、施設から駅までバスを走らせることにしたのですが、途中で故障…。煙がたくさん出てきて、子供達はみんな降りて歩いていっちゃいました^-^;

まぁ、昨日はこんな感じでした。
エンジン

問題の答え言うの忘れてました。
答えは1000円
理由:1000円だけ4桁だから(よんけた→よけた)

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad