edit

やりなおし魔術機工師の再戦録 2/十階堂一系(著) 読了

やりなおし魔術機工師の再戦録 2/十階堂一系(著)つまらなかったなぁ。
ただただつまらなかった。
元々、つまらないと思っていた部分がどうしようもない部分だったから、
楽しめるようになるわけがなかったのよな、と。
文章の書き方にも問題があると思うけど。

黒幕だったり、異海鬼獣の正体だったりが明らかになったけど、
そうなんだぁ、と全く興味が持てなかった。

で、結末も結末ですよね。
それがより一層つまらなくしてるわけでね。
こういう結末にするのなら1冊で終わってたほうがまだマシだったと思う。
もうどうでもいいけどもね。

というわけで、感想を書く気にもなれないのでこれで終わりです。
もうこの人の作品は買わない。

関連記事
やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)
やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著) 読了(ネタバレ注意)
やりなおし魔術機工師の再戦録 2/十階堂一系(著)




edit

やりなおし魔術機工師の再戦録 2/十階堂一系(著)

やりなおし魔術機工師の再戦録 2/十階堂一系(著)滅びへと繋がる歴史を書きかえる戦いは
成功したかに見えた。
しかし、既定路線を外れた歴史は意図を超えて動き出す。
畳み掛ける敗北への罠を覆すことができるのか。

あれで終わりだと思ってたので、続巻にまさかすぎて驚きましたね。
終わっときゃよかったのに、となるのか、
悪くはなかったかな、となるのか。
どうなるやらねぇ。

関連記事
やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)
やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著) 読了(ネタバレ注意)




edit

やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著) 読了

やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)何なんこの主人公たち、
って想いが強いですね。
ジャークはもちろんですがネトも大概ですよね。

で、この世界は男性のヘソフェチが多いのかな?
まぁ、それはどうでもいいのですが。

最悪の戦いが終わった。
異海鬼獣(リヴァイアサン)との死闘は世界を赤に染めた。
けれど、人の勝ちではなかった。
あまりにも犠牲が大きすぎた。

その中で大魔術師は生き残った少年と少女に世界のやり直しを託した。

というわけで、物語が始まるわけですが、
グダグダしてる展開が多かったのと、
最初にも書きましたが主人公たちの最初の頃の考え方が全く納得できなかったわけでね。
楽しめた、とは言い難いかな。

十階堂さんの作品はもう買わないかなぁ?
キャラクターのやり取り自体は嫌いではないんですけどね。

関連記事
やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)

やりなおし魔術機工師の再戦録/十階堂一系(著)魔術と機工が両立する世界に現れた脅威を前に、
二つが初めて手を組み文明は一気に加速した。
けれど、歴史の歩みはあと一歩及ばなかった。
それなら、と彼らは「あの日」からやり直すことを選んだ。
全てをやりなおし、歴史を運命を書き変えるために。

以前、十階堂一系さんの作品を読んだので、
もう一冊読んでみようかということで新作を購入しましたが、
さてはて、どうなるだろうか?

関連記事
自称分析官ヴィルヘルムの迷推理/十階堂一系(著)
自称分析官ヴィルヘルムの迷推理/十階堂一系(著) 読了(ネタバレ注意)


やりなおし魔術機工...

やりなおし魔術機工...
著者:十階堂一系
価格:658円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad