edit

もうひとつの命/入間人間(著) 読了

もうひとつの命/入間人間(著)ここしばらくの作品の中では一番楽しめたかな。
変な充足感というか達成感というか、そういうものがあったかな。
誰も幸せにはなってないですけどね。

関連記事
もうひとつの命/入間人間(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

もうひとつの命/入間人間(著)

もうひとつの命/入間人間(著)メディアワークス文庫、12月の新刊3冊目。

魔女に出会って数年、自殺したはずの人が生き返った。
思い返すのは魔女のこと。
居合わせた六人は命を一つ分だけもらっていたらしい。
命を一つ犠牲にして何を願うのか。

今回は普通に買わないでおこうかと思いましたね。
あらすじを読んでも今ひとつ興味が持てなかったので。
ここのところハズレしかなかったのも相まってね。
どうなるやらねぇ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もうひとつの命 (メディアワークス文庫) [ 入間 人間 ]
価格:658円(税込、送料無料) (2017/12/22時点)



template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.