2016年秋ドラマ

2016年10月から始まる新ドラマのまとめです。
参考程度のまとめとなっていますので、詳しくは各公式サイトから確認してください。

続きはこちらから
edit

機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著)

機械仕掛けの選択 サクラダリセット 3/河野裕(著)すべての始まりを描くシリーズ第3弾。
2年前に死んだ少女、菫。
彼女とともにすごしたケイと美空の2年前の物語。
菫はケイの未来に何をみたのか。

というわけで、過去が描かれる3巻ですね。
どういう話が描かれてたんだっけか?
とあまり記憶にない感じですね。
読みながら思い出していければと思います。

関連記事
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著)
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット 1/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著)
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット 2/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


関連記事(角川スニーカー文庫版)
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY/河野裕(著)
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL/河野裕(著)
サクラダリセット 2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 3 MEMORY in CHILDREN/河野裕(著)
サクラダリセット 3 MEMORY in CHILDREN/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY/河野裕(著)
サクラダリセット 4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 5 ONE HAND EDEN/河野裕(著)
サクラダリセット 5 ONE HAND EDEN/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 6 BOY,GIRL and ―/河野裕(著)
サクラダリセット 6 BOY,GIRL and ―/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
サクラダリセット 7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA/河野裕(著)
サクラダリセット 7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 [ 河野 裕 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2016/12/8時点)



edit

Chef~三ツ星の給食~ #09

『給食消滅!?セロリで大逆転』
edit

実は私は 20巻

実は私は(20)/増田英二(著)週刊少年チャンピオンにて連載中の増田英二さんの「実は私は」第20巻。

第170話「白神源二郎と緑苑坂桐子 1」
葉子のことを閃に相談した朝陽。
朝陽のような人間ばかりなら、隠す必要も折り合いをつける必要もないのに。
少しずつそんな世界に変えていけたら、と考えていたところでみかんが登場。
渚が残していった様々な装置を持って。
何で残して帰ったのかとねw
残していくのは百歩譲っていいとして、何でピンポイントで一番ダメな子に託すのか^^;
さてはて、そんなみかんは本当のことを知りたかった。
大切な友達だから。
葉子のことを。
みかんならと思った朝陽だったが、源二郎がそれをさせなかった。
人を信じることが出来ない過去が源二郎にはあるから。

第171話「白神源二郎と緑苑坂桐子 2」
というわけで、凛のタイムマシンで過去へ。
約20年前の葉子の両親が高校に通っていた時代へ。
桐子さんにドキッとさせられたり、源二郎のアホっぷりにイラッとさせられたり。
華恋はクオリティーがすごく低かったりね^^;
で、不用意に過去の人間と接触するな、
と茜は言うくせに、同じクラスに転入させるというねw
本当に自分が楽しむことが第一だよな^^;

第172話「白神源二郎と緑苑坂桐子 3」
いたたまれない場所に置かれることになる朝陽。
周りは賑やかすぎて触れてはいけない人もいたり。
けど、楽しそうなクラスでしたよね。
茜が担任だけあってカオスでしたけどもw
で、なんかよく似た三人組もいたりw
こっちは「山」で統一してましたね^^;
茜はどこから見つけてきてんのかねw

第173話「白神源二郎と緑苑坂桐子 4」
少し問題はありつつも友達たちのおかげで優しい時間が流れていた。
その中で朝陽に接触してきたのは当時の校長である白雪だった。
茜は言う。
これまでの刺客とは違うぞ、と。
アホではない。
それは一大事だ!
その忠告が変な話だけど、アホではないというアホにしてると思うよ^^;
事実、連載の方も読んでるのであれですけど、アホではないからこそ、
アホなことをしてしまってましたしね。

第174話「白神源二郎と緑苑坂桐子 5」
白雪との対話で朝陽は源二郎を卒業させてみせると意気込むことに。
けど、策は何もない。
そんな中での休息。
が、それも休息ではなかった。
後に恐怖が待っているわけですけど、今回に関しては朝陽は回避出来たようでしたねw
ていうか、茜は何をしてんのかとね^^;
やめてやれよw

第175話「白神源二郎と緑苑坂桐子 6」
茜の策でヒーローになった朝陽。
消し去りたい歴史が過去に出来るというねw
源二郎はアホな子だったわけですけど、桐子の目が辛いわなぁ^^;
桐子も辛いだろうけどw
そして、みんなでファミレス。
アホアホサンドに苦しむ桐子。
華恋のアホっぷりが今よりひどいからしんどかったろうなぁw
ていうか、源二郎がアホすぎるというね。
その結果、朝陽に消し去りたい歴史が追加されることに。
そんな中で源二郎に残された時間は刻一刻と迫っていた。

第176話「白神源二郎と緑苑坂桐子 7」
源二郎が一族から離れた理由も語られたり。
けれど、終業式に取り返しのつかない事件は起こった。
白雪が何かをしたわけじゃない。
それは源二郎の望みが引き起こしてしまった悲劇だった。
彼は吸血鬼として人と一緒に暮らしたかったわけじゃなかった。
彼は人になりたかった。
そのため吸血衝動を抑え続けた反動が友達たちの前で出てしまうことに。
朝陽は悲劇を止めることが出来なかった。

第177話「白神源二郎と緑苑坂桐子 8」
桐子は感謝の気持ちを伝えた。
吸血鬼であると知っていて友達になってくれて、と。
茜はそれ以上朝陽を関わらせまいとした。
そこには彼女の後悔も含まれていた。
源二郎の本当の想い、白雪の本当の狙いを気付けなかった自分の愚かさに。
でも、朝陽はそれでも駆け出さずにはいられなかった。
そんな朝陽を無理矢理現代へ。
朝陽はその中で幻覚を見る。
二人から想いを託される。
何も出来なかったことへの後悔。
けれど、まだ終わりではない。
未来の渚が未来は変えられる、力を貸してほしい、と。

第178話「今度こそ」
というわけで、真面目な話が始まるわけですけど隣が気になってしょうがないよねw
盛大にやらかした茜を襲う狂気。
自業自得だけどもねw
そして、茜でも心の読めない凛が秘め続けていた想いを聞くことに。
未来で何が起こっていたのかを。
凛のお母さんは朝陽が一人で育てた女の子だった。
葉子が姿を消して何をすることもできなくなっていた。
そんな朝陽に茜が押し付けたのが吸血鬼の女の子だった。
一人でてんてこ舞いな日々を送り育てた彼女は、
朝陽の癖っ毛と葉子そっくりな笑顔を自分に見せてくれた、と。
朝陽がそんな笑顔を彼女に作らせたのだと。
だから、別の未来があるのなら、母親を知らないお母さんに母親と会わせてあげて、と。
ようやく凛の本当の想いが語られましたね。
一人で抱え続けてきた想い。
笑顔を見せたりして楽しんではいたけども、本当に大変だったんだろうなぁ。
そして、渚から託された未来の友達達からの伝言。
朝陽はなんとしてでも未来を変えてみせると気持ちを強く持った。
けれど、凛の生い立ちを知った茜のもとに闇が訪れる。
再び白雪の思惑が動き出すこととなる。

おまけ
鳴ちゃん。
何で扉を開けたまましてしまったんや!
やらかすにもほどがあるだろうてw

さてはて、連載のほうがいよいよ終わりそうな雰囲気がありますね。
この展開で終わらなかったらそれはそれでビックリだけども、終わりだよね?
どういう結末になるのか楽しみな感じです。

関連記事
実は私は 15巻
実は私は 16巻
実は私は 17巻
実は私は 18巻
実は私は 19巻


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実は私は(20) [ 増田英二 ]
価格:463円(税込、送料無料) (2016/12/8時点)



edit

響け!ユーフォニアム2 #10

『ほうかごオブリガート』
edit

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 #10 最終回

『ファッション誌に異動?校閲部ピンチ!悦子が選ぶ道』
edit

Logicool Optical Gaming Mouse G300s セットアップ

G300sを開封しましてセットアップをしました。

内容物にクイックスタートガイドが、これはいらないだろ^^;
開いてみたらLogicoolのサポートページのURLだけというね。
わざわざ入れてるなら何か書かれてるのかと思った。

コードは細かくまとめられておらず、
癖がまったくといっていいほどついていなかったのですごくよかった。
箱に入れられてるだけあるなぁ、と感じましたね。

デザインに関しては左右対称。
ボタンは左右のクリックボタンにマウスホイール。
さらに、左右クリックボタンの横に2つずつ、
マウスホイールの手前にさらに1つの計9個のボタン。
5ボタンマウスの進む、戻るボタンは親指で押す位置にあることがほとんどですが、
こちらは左右クリックを押す指でという感じのデザインですね。
まだそこが慣れない感じですが、使っているうちに慣れてくるかな。

持っている時は気にならないでしょうけど、親指や薬指、小指を置く位置には
ライトがついていて、その色で今の設定が何かわかるようになっています。
持ってる時は気にならなくても結構はっきり光るので、
メインで使うものは黒にしました。
それ以外のマウスのオンボードメモリーはいじらずおいてます。
そのままでも十分な設定が最初からされていたので。

というわけで、今使ってるパソコンの個別設定はソフトウェアの方で管理してもらうことに。
そちらのほうが設定が多く出来るみたいだったので。

ソフトウェアはLogicoolのサポートページからダウンロードしてインストールです。
特に迷わず進められると思いますが、別ソフトのインストールをするかどうかの選択はありましたね。
詳細を確認してみたら英語のページに飛ばされたので読まず、
簡易の説明だけで自分には今のところ必要ないかな、とインストールはしませんでした。
ゲームをする上でのサポートをするソフトウェアって感じでしたね。
インストールが終わると再起動が必要でした。
再起動を終えてみると、機能の一部のためにファイアウォールのアクセス許可を求められまして、
どういうことかと調べてみたのですが、情報がなくて、とりあえずローカルネットのみ許可しました。
インストール作業の中でGoogle PlayストアやiTunesへのリンクがあったので、
PlayストアでLogicoolを検索してみると、これのことかな?という感じのアプリがありました。
どうやら、スマートフォン経由で設定をいじれるみたいですね。
そのためのアクセスの許可だったのでしょう。
個人的には必要ないかもしれないかな?というところでしたね。

ソフトウェアのインストールが終わって後は設定していくわけですが、
使っていく中で自分にピッタリの設定に調整していこうかと思います。
ゲーミングマウスなだけあって、ゲームタイトルが最初に検索されたりもしましたね。
もちろんゲームだけではなく自分でソフトウェアを追加することで
思っていたよりも自由に色々と設定出来るみたいで便利になりそうだなぁ、と感じました。

実際にクリックしてみたりの感想としてはやっぱり音はしますね。
当然ですけどね^^;
静音マウスを使っていたので、こんなに音ってはっきり聞こえたんだなぁ、とは思いました。
ただまぁ、これも慣れだろうと。
クリックの硬さとしては基本的には気にならないです。
ただ、マウスホイールクリックはちょっと硬いかな、と感じました。
他の6個のGボタンに関しては左右クリックとホイールクリックよりも柔らかい感じかな。
ホイールクリックが一番硬く、Gボタンが一番柔らかいです。
ホイールの回転は引っかかりは柔らかいけど、しっかりしてる、って感じだろうか。
上手く表現できないですけど、悪くないと思いました。

全体の大きさは自分にはちょうどいい感じですね。
ELECOMのM-BL25UBSBKは少し小さく感じていたのでサイズをよく見て選んだので満足してます。
重さも重くなく、軽すぎでもないちょうどいいところでした。
ホイールクリックの硬さが個人的には少し残念でしたけど、
すごく満足のいくマウスでした。
やっぱりケチらずに最初からこれを選んでおけばよかったとすごく後悔してますね^^;
長く使えるとなお良いですけど、2年無償保証でもあるし何かあっても安心でしょうね。

関連記事
Logicool Optical Gaming Mouse G300s 購入




edit

倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著) 読了

倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著)良かったけれども、もう少し瑠璃とのことに集中してほしかったかな。
結局、ジャックのことが少し中途半端な感じになってしまってますしね。
というか、続くのかと思っていたので、
この形で終わってしまうと、
それは続けてもどうしようもないだろうしなぁ、と。
なのに、ジャックの存在が大きかったから
彼のことにももうちょっと触れてほしい、
って感じですね。

関連記事
倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

逃げるは恥だが役に立つ #09

『あの人に好きだよと言われる3日前』
edit

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 #09

『運命の小さな患者との再会』
edit

月刊少年マガジン 1月号

今月号の月刊少年マガジン

以下ネタバレあり
edit

終末のイゼッタ #10

『魔女の鉄槌 Der eiserne Hammer der Hexe』
edit

Logicool Optical Gaming Mouse G300s 購入

買ってすぐに後悔することになったBUFFALOのBSMBU18BKを購入して3ヶ月。
すぐに使うのをやめて、一つ前のELECOMのM-BL25UBSBKを騙し騙し使っていましたが、
いい加減買い換えようと思い、今回のものを選びました。
マウスホイールの状況がさらに悪化したので、我慢できなくなりましたね。
マウスホイールが半年でおかしくなったとはいえ、
BSMBU18BKに比べれば、M-BL25UBSBKは製品の使い勝手自体はそこまで悪くなかったのかな、
とこの3ヶ月で思うようにはなりました。
もう一度買うかと言われれば、やむなくであれば、というところですけどね。

Logicool Optical Gaming Mouse G300sというわけで、今回購入したのはLogicool(ロジクール)のゲーミングマウスであるG300s。
G300、G300rと若干のモデルチェンジをしてるシリーズの最新モデルですね。
ゲーミングマウスでありながら非常に安価で定価は3600円ほど。
Amazonでの購入であれば現在は2263円になっています。

ゲーミングマウスの入門であり、一般的な使い方にももってこいなマウス
という感じでしょうかね。

マウスの仕様はUSBによる有線接続で左右とホイールクリックを合わせて9個のボタンがあります。
それぞれソフトウェアによって割り当てを自由に設定することが出来ます。
5ボタンマウスでは定番の進む、戻るボタンであったり、
コピーとペーストを割り当てることも出来ます。
オンボードメモリーにプロファイルを登録することで
ソフトウェアをインストールしていない環境でも同じように使えることも。

ゲーミングマウスは初になりますが、
Logicoolのマウスは以前にワイヤレスのM510を使っていました。
しっかりしていた印象はあるので、G300sも安心して長く使えるといいですけど、
さてはて、どうなるかな。
人気シリーズでしょうし作りはしっかりしてると思いたいですが。

設定等々しないといけないので、まだ開封もしてません。
時間があるときに開封して、それから使い心地などの感想をあげたいと思います。



edit

あやしい彼女

2016年4月に公開された多部未華子、倍賞美津子主演の韓国映画のリメイク作品。
レンタルして見ました。
edit

レンタル救世主 #09

『死ぬまでにしたい、5つの依頼』
edit

週刊少年ジャンプ 1号

今週号の週刊少年ジャンプ

以下ネタバレあり

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.